2016年06月15日

本日の四ノ宮家 「可愛い母親と5人兄弟が、いきなり一つ屋根の下。継母万歳!」

山田果苗 本日の四ノ宮家 山田果苗氏のコミックス「本日の四ノ宮家」【AA】がアキバでは14日に発売になった。販促ポスターは『今日から、この子たちの母になりました♥かわいい継母奮闘記』で、ZIN秋葉原店のPOPは『可愛い母親と5人兄弟が、いきなり一つ屋根の下。継母万歳!な新生活!』が付いてた。
-

山田果苗氏のコミックス「本日の四ノ宮家」【AA】発売
「四ノ宮まり。今日から5人兄弟の母親です!!」

四ノ宮家に現れた、新しい美人継母・まり(33歳&背は低いが巨乳)
「誰だ?」 「うちの墓の前だな…」

「え…と お父さまの…妻 に、なりました」

「どうしてもみんなに会いたくて…しばらくはいるつもりなんだけど、だめ?」
とらのあな秋葉原店A
COMIC ZIN秋葉原店
アニメイト秋葉原

山田果苗氏がハルタで連載されていたコミックス「本日の四ノ宮家」【AA】が、アキバでは14日に発売になった(公式発売日は15日)。

『本日の四ノ宮家』は、連載開始時のコミックナタリーによると『親不在で暮らす5人兄弟のもとに、新しい母を名乗る若い娘がやってきたことから始まるホームドラマ』、ハルタTwitterの紹介は『男ばかり5兄弟の四ノ宮家にやってきた、新しいお母さんはとっても美人!一家は歓迎ムードだが、四男・克四朗だけはちょっと複雑…』で、母は亡くなり&父は海外赴任中の5人兄弟継母・まりのお話。

また、 コミックス「本日の四ノ宮家」【AA】には第1話「しのみやです」〜最終話「あの人の事」と番外編「夕飯はナンでもいいですか?」の計7話を収録し、販促ポスターは『今日から、この子たちの母になりました♥ある日突然5児の母!?かわいい継母奮闘記』、販促POPは『四ノ宮まり。ある日、突然5児の母』、販促POPは『まま母です!ヒロインです!』になってた。

アキバではとら秋葉原店AのPOP『四男・克四朗が苦悩する、新しい母親と突然過ごす現実!思春期真っ只中な彼の心と向かい合う、美人若ママ奮闘ホームドラマ!』や、ZIN秋葉原店のPOP『可愛い母親と5人兄弟が、いきなり一つ屋根の下。継母万歳!な新生活!!』が付いてた。

四ノ宮家は五兄弟。母は早くに亡くなり、父は海外赴任中。突然四ノ宮家に現れた、美人が新しいお母さん!?一家は歓迎ムードだが、四男・克四朗だけは眉をひそめていた… コミックス情報

なお、コミックス「本日の四ノ宮家」【AA】の日輪子さん感想は『可愛かった…長男が次男よりちびで顔が父親似のコンプレックス有りとか最高かよ…って感じでおすすめ』とのことで、雑誌連載時の果傘さんの感想では『とても柔らかくて、とても良いテンポで、最終話もにまにまとしちゃったり。まりさん勿論可愛いんだけど、克四朗君の反応もまりさんに飲まれていくのとか凄く良くてね』などを書かれていた。

「本日の四ノ宮家」コミックス情報

「こっちに気づいたぞ」
「五兄弟っ五兄弟ねっ!?」
「あんたいつ帰んの?ずっと
いるわけじゃないよね?」
「先に入る?」
「ちょっと作りすぎちゃった
…かな?」
「克四朗くん、今日はずっと
うちにいるのね?」
「フフ♥」


【関連記事】
大野ツトム / 茄子とアルタイル1巻 「ロリロリとした可愛い"幼な母"との禁断の恋」
ふたりとひとりの恋愛攻略1巻 「愛か金か性か。欲望まみれの家庭内擬似ハーレム!」
親父の愛人と暮らす俺1巻 「家族でも恋人でもないワケあり男女の二人暮らし!」
東屋めめ/満開!Sister1巻 「突然出来た母・姉・妹に振り回されまくりの家族4コマ」

ふしぎの国のバード2巻 「140年前の日本。英国人冒険家と往く日本発見紀行」
首花は咲きゆく1巻 「少年と首だけの妖精との、ぎこちなくも心温まる日々」
ローカルワンダーランド1&2巻 「短篇読切連作の最高峰。福島聡の読切シリーズ」
不死の猟犬4巻 「不死者連続殺人事件。緊迫のクライム・サスペンス第4巻!」
中村哲也の短編集 バニー坂 「バニーガールと自転車と坂道漫画の集大成!」
坂本ですが?4巻 「華麗なるラストダンス!スタイリッシュ学園生活完結!」

【関連リンク】
KADOKAWA / エンターブレイン / ハルタ / Twitter
「本日の四ノ宮家」コミックス情報
かわいい絵柄で人気を博す、山田果苗のデビュー作がついに単行本化です!
5人兄弟の母となったうら若き?まりさんと、主に思春期ど真ん中の四男との確執
山田果苗「本日の四ノ宮家」5人兄弟の家に若くてかわいい義母が来て大騒ぎ
若くて綺麗な新しいお母さんに5人兄弟がドギマギ(連載開始時)

【感想リンク】
お母さんとの「はじめまして」。仲良し兄弟の新しい家族
長男が次男よりちびで顔が父親似のコンプレックス有りとか最高かよ…って感じ
とても柔らかくて、とても良いテンポで最終話もにまにまとしちゃったり(連載時)


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit