2016年07月07日

ヤマザキコレ / フラウ・ファウスト3巻特装版 「これは人間と悪魔のおとぎ話」

ヤマザキコレ フラウ・ファウスト ヤマザキコレ氏のコミックス「フラウ・ファウスト」3巻特装版【AA】がアキバでは6日に発売になった。コミックス情報は『生き返った不死者と物言わぬ悪魔、禁忌と再会のダークファンタジー』で、オビ謳い文句は『これは人間と悪魔のおとぎ話』、『「魔法使いの嫁」のヤマザキコレ最新作!!』になってた。
-

ヤマザキコレ氏のコミックス「フラウ・ファウスト」3巻特装版【AA】
「これは人間と悪魔のおとぎ話――」

「とびきり特別製の体でなければ、
神とやらが自らに似せて造ったいきものでなければ」

「いきものは死ぬんだよ!!どんな奴でも!どんな獣でもだ!!
だからしがみついて精一杯あがいて生きられるんだろうが…!!」

「彼らは人間と契約するいきものだ。彼らはあらゆる方法で人間を誘い契約を迫る
対価はその人間の魂であることが多い」
メロンブックス秋葉原1号店
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード

ヤマザキコレ氏がITANで連載されているコミックス「フラウ・ファウスト」3巻特装版【AA】がアキバでは6日に発売になった(公式発売日は7日、通常版は7日発売)。

『フラウ・ファウスト』は、クランクイン!によると『ゲーテの戯曲から着想を得て、少女の姿をしたファウストという、全く新たなファウスト像を描く大胆なストーリー』で、作品紹介は『少女は捜していた。どこかに封じられた、己の悪魔の欠片を。魔術。契約。自動人形。不死。異端審問官。悪魔。フラスコの中の小人……。不死の少女とバラバラに封じられた悪魔の、禁忌と再会のダークファンタジー』を謳ったお話。

今回発売になった「フラウ・ファウスト」3巻【AA】には、第8話「喜劇」〜第11話「忘れられない日々」を収録(もくじ)、特装版にはヤマザキコレ氏描き下ろしの絵本が付いていて、オビ謳い文句は『これは人間と悪魔のおとぎ話――「ふたりの恋愛書架」・「魔法使いの嫁」のヤマザキコレ最新作!!』になってた。

「これは100年をかけた 単純なお話なんじゃないかな」封じられていた悪魔・メフィストフェレスの足は、まやかしの命を繋ぐために利用されていた!!裏で糸をひいていた、もうひとりの悪魔。人ならざるモノとなった少女を止めるためヨハンナは異端審問官ロレンツォと共に戦うが……!?生き返った不死者と物言わぬ悪魔、禁忌と再会のダークファンタジー、第3巻特装版!オールカラー16ページの絵本を同梱!! コミックス情報

なお、作者のヤマザキコレ氏「フラウ・ファウスト」3巻【AA】のあとがきで『3巻はそこそこメフィスト以外の悪魔が登場してきましたね。悪魔っていうとルシフェルとかプエルとか名前のあるやつがたくさんいます』『調べてみると色々風土や民族の信仰が見えてくる悪魔や精霊たち…ご興味ある人はどうぞ調査をば!新しい発見があるかも!』などを書かれている。

「フラウ・ファウスト」3巻特装版コミックス情報 / 通常版(試し読みあり)

「悪魔の末席、
私たちの立派な妹ですわ」
「消したいのは
てめぇの非だろ」
「契約は不履行、
取り消しですわね」
「門が開くまでうちで
黒茶でもいかが?」
「あたしたち100年前から
そうでしょ?」
「見ィつけた」


【関連記事】
ヤマザキコレ / フラウ・ファウスト1巻 「少女x悪魔が織りなすダークファンタジー!」

魔法使いの嫁5巻限定版 「響け、聲。拡がれ、世界。人外×少女、ドラマCD付限定版」
魔法使いの嫁4巻 「人外x少女。ひと為らざるものとひとの絆を描く異類婚姻幻想譚」
魔法使いの嫁3巻限定版 「目覚める力、エリアスを信じる心…深すぎる伏線が目一杯!」
「作品の世界観に引き込まれる」 異類婚姻幻想譚 魔法使いの嫁2巻発売
人外と少女「魔法使いの嫁」1巻、アキバでほぼ完売。Amazonも品切れ中
魔法使いの嫁1巻 「魔法使いの嫁になりました。人外と少女の異類婚姻幻想譚!」

【関連リンク】
講談社 / ITAN / ITAN最新情報BLOG / Twitter
「フラウ・ファウスト」3巻特装版コミックス情報 / 通常版(試し読みあり)
「フラウ・ファウスト」作品情報
ヨハンナの過去を知る新キャラ、ホムンクルス誕生の秘密など激動の最新刊!
カバー刷り見本と、絵本表紙刷り見本、絵本本文刷り見本です!
気になる絵本の中身をチラ見せ( ̄▽ ̄)セピアでぬくもりを感じる仕上がり
ヤマザキコレ氏のブログ「灰色境界」 / Twitter / pixiv
ヤマザキコレ初の絵本!「フラウ・ファウスト」3巻特装版に付属
「フラウ・ファウスト」、誕生秘話を担当編集者が告白(1巻発売時)

フラウ・ファウスト3巻 百合好きにもお薦め

この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit