2016年07月13日

藤田和日郎 双亡亭壊すべし1巻 「震撼のスペクタクル・モダン・ホラー!」

藤田和日郎 双亡亭壊すべし 藤田和日郎氏のコミックス「双亡亭壊すべし」1巻【AA】が12日に発売になった。裏表紙は『傲然とそびえ立つ奇怪な屋敷、名を「双亡亭」。遺恨を辿る者達はその門戸へと導かれ、集い、挑む。おぞましき屋敷を破壊する為に…!!』、『叫ぶ声も亡失する、震撼のスペクタクル・モダン・ホラー!!』などなど。
-

藤田和日郎氏のコミックス「双亡亭壊すべし」1巻【AA】
「その家は、大正時代よりそこに在る。忌ま忌ましき噂と共に」

幽霊屋敷を空爆 「〈双亡亭〉を壊すべし 〈双亡亭〉壊すべし」

「パ…パが…食べられ…ちゃった…」

「…絵… あれが…絵なワケ…ねえだろ…」
「"絵…が、絵の中から、 絵の中から 何か…あああ…"」
メロンブックス秋葉原1号店
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A

「うしおととら」「からくりサーカス」などなどの作品で知られる藤田和日郎氏の新シリーズで、週刊少年サンデーで連載されているコミックス「双亡亭壊すべし」1巻【AA】が、12日に発売になった。

今回発売になった「双亡亭壊すべし」1巻【AA】のオビ謳い文句は『その家は、大正時代よりそこに在る。忌ま忌ましき噂と共に』、『魔の屋敷を巡る、戦慄のスペクタクル・モダン・ホラー!!』、裏表紙は『恐怖を知る者は叫ぶ。「あの家を壊してくれ」「あの家を壊せ」と。蠢く怪奇に、復讐者達は戦いを挑む。その命を懸けて――』で、コミックナタリーによると『"幽霊屋敷(おばけやしき)"と称される「双亡亭」を巡り展開される、スペクタクルモダンホラー。そのおぞましき屋敷を破壊する為に、遺恨を辿る者たちは導かれていくが……』とのこと。

また、発売日のアキバでは、販促POPポスター『藤田和日郎、執筆!モダンホラー活劇、最恐の館を壊せ!』や、メロン秋葉原1号店のPOP『大正時代より佇む幽霊屋敷"双亡亭"。空爆を受けても傷一つ負わないこの屋敷を壊そうと、双亡亭を憎む者たちが立ち上がる。彼らの思いはただひとつ…「双亡亭壊すべし」』や双亡亭壊すべしPOPがあり、、とら秋葉原店AのPOPは『魔の屋敷・双亡亭を巡る戦慄の奇怪破壊バトル!』、ZIN秋葉原店のPOP『おぞましき屋敷に挑め。ドキドキワクワクハラハラの波状攻撃!読み始めたら止まらない藤田和日郎氏の最新作!』が付いていた。

叫ぶ声も亡失する、震撼のスペクタクル・モダン・ホラー!大正時代より、東京・沼半井町に傲然とそびえ立つ奇怪な屋敷、名を「双亡亭」。立ち入った先で闇と出会ってしまったら、もはや己は己でなくなるだろう。遺恨を辿る者達はその門戸へと導かれ、集い、挑む。おぞましき屋敷を破壊する為に…!! 裏表紙

「双亡亭壊すべし」1巻【AA】の感想には、アーリオ オーリオさん『何か不気味な魔物に次々と殺される人々。怖い題材の中にも、強い者が弱い者を守るという藤田節が効いておりまして。単に武力だけではなく。なんの力もない主人公までもが、泣く少年のために立ち上がる勇気の物語なのです』、EARL.BOXさん(12日更新分)『妖怪モノかと思ったらなんだろう…パニックホラー?いきなり総理大臣の命令で幽霊屋敷空爆したりするダイナミックさが凄まじいですが(笑』、E.M.D.2ndさん『魔の屋敷を巡る、戦慄のスペクタル・モダン・ホラー、はじまる!』などがある。

「双亡亭壊すべし」1巻コミックス情報 / 作品情報(試し読み)

「そ…総理、正気か!」
「あの家 壊すべし」
「ミンナ…コワシテ…ヤル…」
「壊せ!
双亡亭を壊すべしと」
「まじで刺した…でも…
き…効いて…ない」
「報奨金額は248億円!
〈双亡亭〉を破壊した者に
これだけ 支払おう!」
「うわああ〜」



【関連記事】
画業20周年記念集 藤田和日郎魂 「20年の軌跡を凝縮!」
藤田和日郎:月光条例 「店員一押し」 狂ったおとぎばなし
富士鷹ジュビロ先生が「好きなだけ買いなさい」
藤田和日郎のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
小学館 / 少年サンデー / Twitter
「双亡亭壊すべし」1巻コミックス情報 / 作品情報(試し読み)
[双亡亭壊すべし]第1巻が、いよいよ7/12ごろ発売されます!
藤田和日郎先生の[双亡亭壊すべし]第1巻 発売中!
藤田和日郎 - Wikipedia
富士鷹ジュビロとは - ニコニコ大百科

藤田和日郎が奇怪な屋敷を描く新作1巻リリース!マンガ創作術語る本も同発

【感想リンク】
魔の屋敷を巡る、戦慄のスペクタル・モダン・ホラー、はじまる!!
“食べる家”、一話から衝撃的だった…
【オススメ】国家が総力をかけて、謎の屋敷「双亡亭」を破壊しようとする
ギャグとシリアスを使い分けた作風は絶品
一体双亡亭とは何なのか?何のために建てられたのか?
人を食う魔の屋敷、双亡亭。双亡亭を、壊すべし!
幽霊屋敷空爆したりするダイナミックさが凄まじいですが(笑(12日更新分)
藤田和日郎のタイトルセンスは私の中で日本二位。一位は司馬遼太郎
面白い。面白い! ファンが期待する藤田和日郎全開だった
おばけ関連の話で面白い好きー!藤田節バシバシ
やっぱり面白かった。この力一杯殴りつけてくる感じ好き
総理大臣が出てきた時(;´゚д゚`)エエー?!って思った
恐怖と興奮が次々に繰り出されるウインチェスター・ミステリー・ハウス
家が敵役というのはなかなか無い設定
今回は「屋敷」。夜読んではいけません
「双亡亭壊すべし」1巻 - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51528065