2016年08月05日

伝説の勇者の婚活1巻 「魔王から世界を救った勇者の次なる冒険は、婚活!?」

中村尚儁「伝説の勇者の婚活」1巻 中村尚儁氏のコミックス「伝説の勇者の婚活」1巻【AA】が、4日に発売になった。裏表紙は『センスなし!愛想なし!!会話なし!!!モテ要素ゼロの不器用勇者に、運命の人は現れるのか…!?』で、オビ謳い文句は『魔王から世界を救った、心優しき勇者の次なる冒険は、婚活!?』になってた。
-

中村尚儁氏のコミックス「伝説の勇者の婚活」1巻【AA】発売
「魔王から世界を救った、心優しき勇者の次なる冒険は、婚活!?」

ユーリ 世界を救った勇者。生真面目だが心優しい人物(キャラ紹介
「お前、勇者って身分を隠して婚活しろ!」「婚活…?」

「よし、じゃあ今回はこの娘にするか。道具屋のマリーちゃん!」

「それは勇者に対する好意であって、俺にではありません。
あなたに勇者だと認識される前に好かれたかった――」
COMIC ZIN秋葉原店
とらのあな秋葉原店A
メロンブックス秋葉原1号店

中村尚儁氏がジャンプスクエアで連載されているコミックス「伝説の勇者の婚活」1巻【AA】が、4日に発売になった。

『伝説の勇者の婚活』は、コミックナタリーによると『舞台は、勇者一行が魔王を倒し平和がもたらされた後の世界。優しい心を持ちながら、不器用で真面目すぎる勇者のユーリは、仲間の婚約を機に「愛すべき人に出会いたい」と思い始める。勇者という肩書きではなく、自分のことを心から好きになってくれる女性と出会うべく、ユーリは勇者の身分を隠し婚活を始めるが…』というお話で、今回発売になったコミックス「伝説の勇者の婚活」1巻【AA】には、第1話「凱旋」、第2話「旅立」、第3話「友情」を収録

とら秋葉原店AのPOPは『戦いのセンスは最強!!モテセンスは一切ナシ!w 平民を偽り奮闘する、伝説の勇者の人生のパートナー探しクエストギャグ!』で、折込チラシは『魔王を倒し、平和の訪れた世界。自らの存在理由を見失っていた勇者・ユーリが婚活に挑む!!』、オビ謳い文句は『目指せ!相思相愛!!恋愛レベル1からの、愛妻クエスト!!』、『魔王から世界を救った、心優しき勇者の次なる冒険は、婚活!?』になってた。

魔王を倒し、世界に平和をもたらした勇者・ユーリだが、どこか浮かない表情…。不器用で真面目過ぎる英雄は、願った。「愛すべき人に出会いたい」──。肩書ではなく本当の自分と愛を分かち合える、そんな運命の女性を求めて、新たなる冒険が幕を開ける!!
センスなし!愛想なし!!会話なし!!!モテ要素ゼロの不器用勇者に、運命の人は現れるのか…!? 裏表紙

なお、「伝説の勇者の婚活」1巻【AA】の感想には、J・Kaiyou9274さん『幼い頃から世界を救うことだけやってきたので、その他の事は何も出来なくて、勇者ゆえの孤独感とか絶妙に表現されていてものすごく続きが気になった』、アコさん『1話から結構孤独なぼっちには胸をえぐるw 自分を好きになってくれる人をひたすら探す、結構泣ける展開で旅が進む』、GONZOUさん『発想がおもしろい!確かに、世界を救った後の勇者って、生き辛いだろうなぁ』などがある。

「伝説の勇者の婚活」1巻コミックス情報(試し読みあり) / 作品情報

「これで世界は
平和になったのだ…」
「俺も…愛すべき人に
出会いたい」
「(今日のデート、必ず
成功させてみせるからな)」
「(会計別々かよ
ふざけんな!)」
「魔王を倒した
伝説の勇者なんじゃ…?」
「この町では婚活が出来ない
だから俺は婚活の旅に出る」


【関連記事】
コミックス 勇者様にいきなり求婚されたのですが1巻 「私、モブキャラなんですけど!」
小林拓己 / 婚渇女子1巻 「30寸前未婚女子のエグい結婚事情物語!」
将来有望な男子生徒と妊娠したら即結婚の婚活学園 「自称非モテのハーレムライフ」
結婚したい男女のウラ側 成婚率100%「あいの結婚相談所」1巻
漫画家とイラストレーターが、婚活サイトで結婚するまでをそれぞれ視点で描いた同人誌
甘詰留太/ハッピーネガティブマリッジ 「この女をオレのものにしたいっ」

【関連リンク】
集英社 / ジャンプSQ. / Twitter
「伝説の勇者の婚活」1巻コミックス情報(試し読みあり) / 作品情報
1巻のカバーデザインが出来ました!是非手にとってみて頂ければ幸いです
中村尚儁 - Wikipedia
恋愛経験値0の心優しき勇者が婚活に挑む、「1/11」作者の新作1巻

【感想リンク】
世界を救った勇者が次にやりたいと思ったことは”婚活”であった
肩書に憧れられるのと、素の自分を愛されるのは違う『伝説の勇者の婚活』
勇者ゆえの孤独感とか絶妙に表現されていて、ものすごく続きが気になった
勇者のその後を真面目に描く自分探しコメディ
自分を好きになってくれる人をひたすら探す、それが結構泣ける展開
確かに、世界を救った後の勇者って、生き辛いだろうなぁ


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit