2016年08月06日

全裸系ダイビングコメディー ぐらんぶる6巻 「潜るぜ、女子大にな!」

原作:井上堅二、作画:吉岡公威 「ぐらんぶる」6巻 原作:井上堅二氏、作画:吉岡公威氏のコミックス「ぐらんぶる」6巻【AA】が5日に発売になった。コミックス情報は『熱い友情のみならず熱すぎる家族愛も全開だ!!全裸系ダイビングコメディー、今回は潜りません!!』で、オビ謳い文句は『潜るぜ、女子大にな!燃えろ友情!見せろ男の魂!』になってた。
-

原作:井上堅二氏、作画:吉岡公威氏のコミックス「ぐらんぶる」6巻【AA】発売
「潜るぜ、女子大にな!!燃えろ友情!見せろ男の魂!全裸系ダイビングコメディー」

「なあ千紗さんよお、俺とアンタの間にゃ貸しが一つあったよなぁ」

「強行突破だ」「――おう」

「――ヤリたい!!!」
メロンブックス秋葉原1号店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
ゲーマーズ本店
特典:ブックカバー

原作:井上堅二氏、作画:吉岡公威氏がgood!アフタヌーンで連載中の、全裸系青春ダイビングコミックス「ぐらんぶる」6巻【AA】が5日に発売になった。

『ぐらんぶる』は、大学のダイビングサークルを舞台に、一年生の主人公「北原伊織」、その従姉妹の「小手川千紗」や、イケメンの真性オタク「今村耕平」などの同級生や、迷惑な先輩たちが登場(キャラクター紹介)し、ダイビング描写より飲み会などの方が圧倒的に多い漫画で、今回発売になった「ぐらんぶる」6巻【AA】のコミックス情報では『今回は潜りません!!!』になってた。

コミックス「ぐらんぶる」6巻【AA】のオビ謳い文句は『潜るぜ、女子大にな!燃えろ友情!見せろ男の魂!全裸系ダイビングコメディー最新刊』で、コミックス6巻には第22話〜第25話「女子会」・「チケット争奪戦」・「はじめての女子大」・「再びの女子大」と、番外「手紙」を収録(もくじ)し、裏表紙は『千紗の部屋で女子会開催!ガールズサイドも大盛り上がり♥』で、とら秋葉原店AのPOPは『これぞ男の意地!華やかな乙女の園へダイビング!』が付いてた。

青海女子大の学園祭チケットをめぐって、男たちの熾烈な争奪戦が繰り広げられる。ナンパが、声優ライヴが待ってるぜ!熱い友情のみならず熱すぎる家族愛も全開だ!全裸系ダイビングコメディー コミックス情報

なお、コミックス「ぐらんぶる」6巻【AA】の感想には、たまさかnoteさん『今回は愛菜と梓の通う青海女子の学園祭をめぐり騒動がメイン。ほぼいつも通りのドタバタバカ騒ぎで楽しませてくれます』、がんぷさん『相変わらず酷い内容だ(褒め言葉)。 女子大学祭チケット争奪戦から学祭当日まで、今回は良くも悪くも悪くも悪くも男の友情がメイン』、キツツキさん『ダイビング要素欠片もなくて笑う。海行け海! 男連中、なんだかんだでいい友達だ』などがある。

「ぐらんぶる」6巻コミックス情報(試し読みあり) / 作品情報

「お前はかなり危険な
状態だったんだ」
「何言ってんの?」
「青女祭のチケットと聞いて
黙っていられるか!!」
「青女祭で千紗ちゃんが
ナンパされるなんて
事はないよねぇ…?」
「今日の俺はこの姿でこそ
力を発揮する」
「ならせめて千紗を
不細工にするだけでも」
「夢中になってる自分を
認めて貰えるのって
嬉しいよね」


【関連記事】
ぐらんぶる5巻 「バカ支持率No1!楽しい大学生活のハードバイブル!」
青春ダイビングストーリー ぐらんぶる4巻 「ポロリもあるよ、沖縄合宿編突入!」
全裸系青春ダイビングストーリー ぐらんぶる3巻 「ド派手にバカ熱い合コン大作戦!!」
美女と野獣と酒だらけのダイビングサークル ぐらんぶる2巻 「青春<バカ>万歳!」
ぐらんぶる1巻 「このダイビングサークルは美女と野獣と酒だらけ!!」

コミックス版 甘城ブリリアントパーク5巻 「再び失われたラティファの記憶を取り戻せ!」
井上堅二の新作ラノベ Lady!? Steady,GO!! 「新たなバカ達の狂宴、開幕!」
バカとテストと召喚獣 最終12巻 「バカたちの饗宴、ついに終幕!」
コミックス版 甘城ブリリアントパーク2巻 「目指せ10万人!」 水着オッパイあるよ 
甘城ブリリアントパーク1巻 「アニメ化決定の賀東招二最新作、コミック化!」
TVアニメの前日譚アナザーストーリー 「輪廻のラグランジェ〜暁月のメモリア〜」1巻

【関連リンク】
講談社 / good!アフタヌーン
「ぐらんぶる」6巻コミックス情報(試し読みあり) / 作品情報
井上堅二氏のブログ「始まりは謝罪から」 / Twitter
まぁ、今回はダイビング要素少なめだったから…(震え声
吉岡公威氏のホームページ「らくだのこぶ」 / らくだのこブログ
表紙に男しか居ないという暴挙に出たので気をつけてください
井上堅二 - Wikipedia
吉岡公威 - Wikipedia
ぐらんぶる - Wikipedia

【感想リンク】
ほぼいつも通りのドタバタバカ騒ぎで楽しませてくれます
女子大の学際ですね。ナンパしたい的な 男の欲望渦巻く感じで頑張ります
6巻は本気で腹抱えたわw最後ww
伊織のイケメンぶりがかっこよかった
相変わらず酷い内容だ(褒め言葉)
ダイビング要素欠片もなくて笑う。海行け海!
女子大文化祭潜入編。ついにダイビングしなくなったな…
相変わらずバカばかりで面白い上、今回は友情の話も盛り込んでいるのが良かった
ぐらんぶる 6巻 感想 - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit