2016年08月29日

JKを中射し妊娠させたクズ教師 「少女M -ep.3-」 妊娠JKとのボテ腹セクロス

サークルなごみやさん「少女M -ep.3-」 サークルなごみやさんの夏コミ新刊『少女M -ep.3-』が、メロン秋葉原1号店&2号店とら秋葉原店A&Cに28日に入荷した。とらのPOPは『ヤンデレJKに破滅へと追い詰められるクズ教師を描いたシリーズ第3弾目!』で、JKを中射し妊娠させたクズ教師が妊娠JKとボテ腹セクロスしたりしてる。
-

サークルなごみやさん(鈴木和氏)の夏コミ新刊・オリジナル同人誌
「少女M -ep.3-」

主人公のクズ教師が、妊娠JKに子供を堕ろすよう頼む
「私をめっちゃくちゃに犯せば、流産するかもしれませんよ?」

「おちん◯んもおっきくなって赤ちゃんに届きそうですし はい、先生どーぞ♥」

「流産に向けて毎日射◯して下さい♥ 安定期まで時間ないですよ?」
メロンブックス秋葉原1号店
とらのあな秋葉原店A
とらのあな秋葉原店C

サークルなごみやさん(鈴木和氏)の夏コミ新刊・オリジナル同人誌『少女M -ep.3-』が、メロン秋葉原1号店&2号店とら秋葉原店A&Cに28日に入荷した。

サークルなごみやさんの鈴木和氏は、大人向けコミックス「クーマゾ!しつけて生徒会長」も出されたプロのエロ漫画家さんで、同人誌『少女M』のシリーズは、1作目でJKに射精管理、2作目は1ヶ月間の禁欲射精管理と中射しだったもので、夏コミ新刊『少女M -ep.3-』のサークルさんのコメントによると『ヤンデレJKに射◯管理され、破滅へと追い詰められるクズ教師を描いたシリーズ』とのこと。

今回入荷した『少女M -ep.3-』は、とら秋葉原店AのPOPは『ヤンデレJKに射◯管理され、破滅へと追い詰められるクズ教師!Mなあなたにオススメの1冊!』で、JKを中射し妊娠させた主人公のクズ教師が、子供を堕ろすよう頼んだところ、『私をめっちゃくちゃに犯せば、流産するかもしれませんよ?』と言われ、妊娠JKとボテ腹セクロスしたりしてる(全72ページ)。

同人誌『少女M -ep.3-』の感想には、まささん『既刊2冊に比べてぶっち切りでホラーな表情多くて、心をバッキバキに折られながら読み進めてました。ストーリーの面白さは相変わらず』、夜乃水晶さん『まるで薄くない本になっていたサイコサスペンスシリーズ第3段。エロシーンはあるけどもはやエロ本としてはまるで機能していない。でもすげえ面白い』、運値を上昇させたいさん『うおー、真っ黒いなーたまんないなーえっちだなー』などがある。

なお、サークルなごみやさん鈴木和氏は、あとがきで『主人公である森田が、まだあんまり酷い目に遭ってないので僕も少々モヤっとしていますが、そこは次回に持ち越しにしようと思います』、『今回からは射◯したくないのに、出すしかない状況に追い込まれる形を目指してみた』などを書かれている。

サークルなごみやさん / 鈴木和氏のTwitter

「(妊娠を気にせず中◯し
子供の穴に興味があった
ただそれだけだった)」
「二ヶ月近くなにやってた」
「つわりが酷かったので
動けませんでした」
「たのむ、堕ろしてくれ」
「自分で言ったことは
ちゃんと自分でやらないと」
「我慢するわけじゃないし
楽じゃないですか?」
セクロス後、主人公を 見送るJKと、なぜか全裸の両親


【関連記事】
JKに射精管理されて月に1度の生中射し 「少女M-ep.2-」 ヤンデレ美少女とクズ教師
JKの復讐劇と射◯管理 サークルなごみやさん"少女M" 「内容がすげぇ濃くてヤベェ」

鈴木和の初単行本 クーマゾ!COMIC Edition 「私をメス奴隷にしてくれ…♥」
サークルなごみやさん かわらぬふたり1 「虐待とか虐めとか、そんな中で思い合う2人」
同人誌「ウォータードロップ・ガールズ」 水滴責めア○ル開発。ア○ル絶頂する女子高生
ラブライブ!海未おもらし同人誌 「海未ちゃんのやらかし具合や可愛いパニック」
ラブライブ!園田女性器軟膏塗布本 そのまんラプソディー! 「あかんむっちゃ面白い」

【関連リンク】
サークルなごみやさん / 鈴木和氏のTwitter / pixiv / tumblr
C90の新刊「少女M -ep.3-」サンプル(pixiv)
気付けばこの子を描き続けて1年…読んで下さった皆様に感謝です!
メロンブックス通販「少女M -ep.3-」
とらのあな通販「少女M -ep.3-」

【感想リンク】
ホラーな表情多くて心をバッキバキに折られながら読み進めてました
まるで薄くない本になっていたサイコサスペンスシリーズ第3段
うおー、真っ黒いなーたまんないなーえっちだなー
主人公がめちゃくちゃ多彩な顔芸を身につけたのが印象的だった
さらにエグくなるとは言ってたけどほんとにエグかったわ...


この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit