2016年09月26日

映画「聲の形」公開2週目 アキバでは原作コミックス在庫無しのお店多数

大今良時 「聲の形」 9月17日公開の映画「聲の形」の、公開2週目を迎えた9月25日(日)時点でのアキバの様子をお伝えする。まんたんウェブによると公開初週は『土日の2日間で動員数は約20万人、興行収入は約2億8300万円』だったみたいで、アキバでは原作コミックスの在庫が無くなってた店が多かった。
-

映画「聲の形」公開2週目を迎えた25日のアキバの様子
ゲーマーズ本店 原作コミックス在庫無し(公式ファンブックはあり)

アニメイト秋葉原 25日に在庫が確認できたのはコミックス4巻のみ

メロンブックス秋葉原1号店 コミックス5巻・7巻・公式ファンブックのみ

「大嫌いだった。もう一度、会うまでは」

映画宣伝ポスター「君に生きるのを手伝ってほしい」

9月17日公開の映画「聲の形」の、公開2週目を迎えた25日のアキバの様子をお伝えする。

映画『聲の形』は、大今良時氏が週刊少年マガジンで2013年〜2014年に連載されていた同名のコミックスを京都アニメーション製作で映画化した作品で、コミックナタリーによると『高校生の石田将也が、小学生のときにわかり合えず傷つけてしまった西宮硝子と再会し、交流を経て変化していく』というお話で、公開初週はまんたんウェブによると『土日の2日間で動員数は約20万人、興行収入は約2億8300万円』だったみたい。

公開2週目を迎えた25日のアキバの書店では、メロンブックス秋葉原1号店では原作コミックス5巻7巻公式ファンブックの在庫があったほか、アニメイト秋葉原にはコミックス4巻のみ在庫があったものの、ゲーマーズ本店はコミックスは全巻在庫が売り切れ、とらのあな秋葉原店AやCOMIC ZIN秋葉原店、K-BOOKS秋葉原新館でも『聲の形』の在庫は見かけず状態になってた。

なお、映画「聲の形」の感想には、圧倒的成長侍さん『ふんわりとしたタッチの絵からは想像も出来ないほど、いろいろと辛い問題をリアルに描かれていてキツイものがありますが、その中でもがいているみんなの姿を見ていると自然と応援したくなりました』、あいむあらいぶさん『感情表現は映像・音声で強化された分、かなりのインパクトがありました。最初から心をえぐられるような痛いシーンが随所で出てきて、泣き所だらけです』、MEGA-DRIVER'S DIARYさん『ラストシーンのあの映像と音楽の相乗効果と、観終わった後に得られる「救われた感覚」は他の映画ではなかなか味わえないモノだった』などがある。

「聲の形」既刊・関連作品一覧 / 映画「聲の形」公式サイト

とらのあな秋葉原店A
原作コミックス在庫無し
K-BOOKS秋葉原新館
原作コミックス在庫無し
COMIC ZIN秋葉原
原作コミックス在庫無し
ゲーマーズ本店 原作コマを使用したPOP



【関連記事】
【劇場アニメ公開】 聲の形 公式ファンブック 「大今良時自身が細部に渡り完全解説」

このマンガがすごい!2014年の1位 聲の形7巻発売 「感動の最終巻!」
聲の形6巻 「ただただ痛い切ない。それぞれの思いと本音――」
聲の形5巻 「いやー、今回もヘビーですわ…人間関係が一気に瓦解」
聲の形4巻 「障害とか関係なしに、出てくる人たちみんなが愛おしすぎて泣けた」
聲の形3巻 「甘酸っぱさと切なさが絶妙に織り交ぜられたターニングポイント的1冊!」
少年と聴覚障害の女の子 聲の形2巻 「こんな濃密な漫画めったにない」
少年と聴覚障害の女の子 聲の形1巻 「やばい!読み切りの時よりはるかに凄い!」
聲の形のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
講談社 / 週刊少年マガジン
「聲の形」既刊・関連作品一覧
「聲の形」作品情報(第1話試し読みあり)
聲の形 - Wikipedia
大今良時 - Wikipedia

映画「聲の形」公式サイト / Twitter
映画「聲の形」×文部科学省特設サイト
映画『聲の形』 ロングPV - YouTube
興収22億円突破 上映も拡大、極上音響上映も決定
聲の形:興収20億円突破 動員は150万人超え
公開17日間で動員100万人突破 興収13億円超え
公開12日目で興収10億円突破! 120館規模では驚異的ヒット
【週末興行ランキング】「聲の形」は初登場2位の好スタート
聲の形:初週動員20万人、興収2億8300万円の好スタート
映画「聲の形」監督に聞く「開けたくない扉を開けてしまった感じでした」
映画「聲の形」公開!入野自由と山田尚子が「将也はでっかいハムスター」
聲の形:山田尚子監督が語る製作の裏側 「感性で作ることを意識」
「聲の形」―長束の存在が救い? 原作マンガ全7巻は、129分でどのように描かれたか
「聲の形」 重いテーマの原作を繊細にアニメ化
「映画"聲の形"」特集 山田尚子監督インタビュー
アニメ映画「聲の形」が活写する高校生のリアル
文部科学省は、映画「聲の形」とタイアップを行います

【映画「聲の形」感想リンク】(ネタバレあり)
その姿は痛々しくも眩しく、尊いものに見える
映像に関しては安心の京アニクオリティ
えげつない、は褒め言葉だ
劇中で流れる伴奏音楽がとんでもなく素晴らしい
先に言いますが、泣きます震えます
まさかここまでエグい作品だったとは…。色々と考えさせられる作品でした
感情表現は映像・音声で強化された分、かなりのインパクトがありました
感想は一言「しんどい」
胸が苦しくなるほど切ない展開から、クライマックスの解放感へ繋がるバランスが絶妙
映像と音楽が渾然一体となったラストシーンで「救われた気持ち」に
あの原作をよく二時間にまとめたと思う
耳の聞こえない聾唖者の硝子ちゃんは、ほんとに健気でかわいかった
映画から入った方は是非原作も読んで欲しい!!
毎度のことながら京アニの制作力の高さに舌を巻くばかり
将也のキャラクター像が映像に乗ったことで大幅に変わりました
見え方がこんなにも違っていたと描かれるのがすげー面白い
素晴らしい映像とテーマ性、そして抉られる心の傷


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51532838