2016年11月30日

コミック版 転生したらスライムだった件3巻特装版 「WEB発、究極の王道ファンタジー!」

原作:伏瀬、漫画:川上泰樹、キャラクター原案:みっつばー「転生したらスライムだった件」3巻特装版 伏瀬氏の小説を、川上泰樹氏がコミカライズされている「転生したらスライムだった件」3巻特装版【AA】がアキバでは29日に発売になった。3巻特装版にはアクリルキーホルダーが付き、オビ謳い文句は『スライム、仲間を守り導く――!! WEB発、究極の王道ファンタジー!』になってた。
-


スライムに転生した主人公・リムル (人間に擬態中)
「改めて自分の持つ耐性を確認したところ…」

「"身体装甲"」

「俺に炎は効かないんだ、本当の炎を見せてやろう」
メロンブックス秋葉原1号店
ゲーマーズ本店

伏瀬氏小説家になろうで連載され商業書籍化もしてる同名のWEB小説を、川上泰樹氏がコミカライズされ少年シリウスで連載中のコミックス「転生したらスライムだった件」3巻特装版【AA】が、アキバでは29日に発売になった(公式発売日は30日、通常版【AA】は30日発売)。

コミックス版『転生したらスライムだった件』の作品情報は、『通り魔に刺されて死んだと思ったら、スライムに転生しちゃってた!?相手の能力を奪う「捕食者」と世界の理を知る「大賢者」、二つのユニークスキルを武器に、スライムの大冒険が今始まる!』で、今回発売になった「転生したらスライムだった件」3巻【AA】には、第12話「ジュラの森の強者」〜第17話「ゴブタVSガビル」と、伏瀬氏書き下ろし小説「ヴェルドラのスライム観察日記」を収録(もくじ)し、特装版にはアクリルキーホルダー付き

オビ謳い文句は『スライム、仲間を守り導く――!! WEB発、究極の王道ファンタジー!』で、ふぃなさんの感想では『スライムとドラゴンとゴブリンと圧倒的おっさん率を誇った2巻までから、主人公が人型(に変身可能)になったり、オーガ(→鬼人)が仲間になったり、ようやく絵的に華がw』などを書かれている。

異世界へ転生し、初めて同郷の人物、シズエ・イザワと出会ったリムル。彼女はイフリートをその身に宿し、"爆炎の支配者"と呼ばれる最強の精霊使役者(エレメンタラー)だった。だがシズエの中で同化しているイフリートが主導権を乗っ取ろうと暴走を始める。その暴走を止めるためリムルはイフリートと対決。苦戦の末、イフリートを捕食することに成功した。無事体を取り戻せたシズエ。だが同化していたイフリートが彼女を延命させていたため、シズエの体はみるみる衰弱していく――。
シズエ亡き後、リムルは彼女の想いと姿を受け継ぎ、新たなる目標へ向かうのだった 前回までのあらすじ

なお、「転生したらスライムだった件」3巻特装版【AA】のコミックス情報は『爆炎の支配者と謳われた英雄、シズエ・イザワ。彼女の想いと姿を受け継いだリムルは、イフリートの力を使いこなせるようになるため洞窟に籠った。だがリムルのもとに突如、救援要請が届いた。駆けつけた場所には、大鬼族を前に倒れた仲間がいて――!?』になってる。

「転生したらスライムだった件」3巻特装版コミックス情報

「(PCの自動音声
みたいなこの声…)」
「"多重結界"を
分身体に発動」
「どうみても
日本刀だよなアレ」
「エクストラスキル
"黒炎"」
「全員に俺の配下となった
証(名)をやろう」
「伝説の特殊個体の存在を
疑わなければなるまい」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit