2016年12月05日

【コラム】 TVアニメ「奇異太郎少年の妖怪絵日記」 雪母役・大原さやかさんインタビュー

TVアニメ「奇異太郎少年の妖怪絵日記」 こんにちは。マイクロマガジン社の宣伝担当Mです。TVアニメ放送中の「奇異太郎少年の妖怪絵日記」。キャストへのインタビューも、今回が最後となります。トリはやはり、雪女「雪母」を担当して頂いた、声優・大原さやかさんへのインタビューで締めたいと思います。
-


大原さやかさんが演じる雪女の"雪母"
■雪母役・大原さやかさんインタビュー
雪母役・大原さやかさん

──原作の印象を教えてください。

大原さやかさん(以下、大原):まず1ページ1コマという斬新な構成にグッときました。王道からちょっとだけ外れている印象がたまらないですね。

単純に「妖怪もの」というと、『奇異太郎くんという正義感の強い男の子が悪い妖怪を退治する』みたいなお話を想像しがちかと思うのですが、そういうタイプなものとも一線を画す。かと言って子供向け作品のように、みんなで平和にほのぼの…というわけでもなく(笑)

大原:シュールさやちょっと皮肉めいた要素もあってエッジが利いているというか。人間と妖怪による人間(?)関係もバランスよく描かれていることも含めて、すごく面白いと思いました。

主人公の奇異太郎も、定型通りの主人公らしくないキャラクターだからこそ、登場する妖怪たちがより愛おしく見えるように感じました。

■雪母ならではの罵詈雑言は飛び出すのか!?

──雪母を演じるうえで意識された点はどんなことでしょうか?

大原:雪女ということで、常にクールなテンションを維持すること。あとは彼女にとって罵詈雑言というのは特別なことではなくて、息をするように自然に口から出てくるもの、いうことを意識しました。

今日のアフレコでは、雪母の初登場回である6話までしか収録していないので、彼女にとっての罵詈雑言はまだまだ序の口。これからどこまで言わせていただけるのか、私自身もすごく楽しみですね(笑)。

原作を読むとかなりヒドいことも言っているので、スタッフさんがどこまで挑戦して下さるか、期待がふくらみます!

──妖怪に関するエピソードなどありますか?

大原:座敷童と、沖縄のガジュマルの木に住んでいるというキジムナーは、どちらも見かけると幸福になれると言い伝えのある素敵な妖怪なので、1度でいいから会ってみたいなあと思っています。

それから、一番憧れているのが"馬面(うまづら)"という妖怪です。昼寝をしていると風邪をひかないように毛布を掛けてくれたり、夕食を作ってくれたり、蚊帳を張ってくれたり、まるでお母さんみたいな妖怪がいることを先日知って。本当にいてくれたら嬉しいなあと思いました(笑)。

■大原さんが出くわした妖怪とは?

──色々な妖怪をご存じですね。もともと妖怪の話を聞いたりするのは好きなんですか?

大原:嫌いではないですね。妖怪って古くからの日本の生活や文化に根差していると思うので、怖いというよりもどこか懐かしいような、不思議な親近感があります。どうして"あずきあらい"はあずきを洗っているんだろう?みたいにツッコミどころも多いので(笑)知れば知るほど興味がわきます。

──実際に妖怪を見たことがあったり……。

大原:家をピシピシ鳴らす"家鳴り"っていう妖怪は、実際にいるんじゃないかと思うんです。翌日に大切なイベントや撮影があって朝早く起きないといけない!という時に限って、眠れそうな瞬間に「ピシッ!」って音がして起こされることが多いんです。地方のホテルなどに泊まっている時でも「なんでこのタイミングで鳴るの?」みたいな経験が少なくないので、妖怪にいたずらされているのかなって思っています(笑)。

──最後に視聴者の皆さんへのメッセージをお願いいたします。

大原:世代を問わない作品だと思いますので、幅広い年代の方々に見ていただきたいですね。1話ごとにいろんな妖怪が出るので、妖怪の勉強にもなります!ほどよい妖怪教養番組にもなるんじゃないかな。

大原:原作もまだまだ続いていますし、お話にしていただきたい妖怪もまだたくさんいますので、アニメも今期限りではなくいずれは劇場版を目指して、頑張っていきたいと思います!どうぞよろしくお願いいたします。


いかがでしたでしょうか。芸術的な罵詈雑言を息をするように言う雪母ですが、母の優しい一面も。そんな雪母を演じるのは、大原さやかさん以外考えられません。

「奇異太郎少年の妖怪絵日記」は、TOKYO MXにて毎週水曜日22時33分〜、サンテレビにて毎週水曜日24時03分〜から放送中です。ニコニコ動画で第1話が無料放送されておりますので、興味をもっていただいた方は、下記より御覧ください!

12月7日に10話、12月14日に11話、12月21日に12話(最終話)と、佳境に入ってきました。

8話で奇異太郎が転がしてしまったツボはどうなるのか……。奇異太郎と妖怪たちの日常は、最後まで目が離せませんよ。乞うご期待!

(c)影山理一 / マイクロマガジン社・奇異太郎少年の妖怪絵日記制作委員会


この記事はコラム カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51537440