2016年12月21日

妹さえいればいい。6巻 「ヤバいネタがたくさんあって超絶面白かった」

著:平坂読、イラスト:カントク「妹さえいればいい。」6巻ガガガ文庫12月新刊、著:平坂読氏&イラスト:カントク氏のラノベ「妹さえいればいい。」6巻【AA】が20日に発売になった。新刊折込は『ますます賑やかになる青春ラブコメ群像劇第6弾!』で、ライトノベル作家:岩波零氏の感想『ヤバいネタがたくさんあって超絶面白かった』などがある。
-

著:平坂読氏&イラスト:カントク氏のラノベ「妹さえいればいい。」6巻【AA】
「可児那由多、本気出す」

「なかよし」

「新人たち」

「けつ」
メロンブックス秋葉原1号店
特典:ステッカー
とらのあな秋葉原店A
特典:クリアファイル

ガガガ文庫12月新刊、著:平坂読氏&イラスト:カントク氏のライトノベル「妹さえいればいい。」6巻【AA】が20日に発売になった。

『妹さえいればいい。』は、妹モノばかり書いているラノベ作家の主人公・羽島伊月と、その"弟"や友人たちが登場し(キャラクター紹介)、1巻書籍情報は『平坂読が放つ、日常ラブコメの到達点にしてライトノベル界の現実を赤裸々に晒す衝撃作』だったもので、コミカライズの「妹さえいればいい。@comic」があるほか、ガンガンJOKERでスピンオフコミックの連載もスタートしているみたい。

今回発売になった「妹さえいればいい。」6巻【AA】の編集部ブログの発売告知が『京を中心にして、告り告られの超絶青春模様が繰り広げられていたのでございます。はたしてその波紋は、人間関係にどのような大渦を巻き起こすのか……?そして、ついにメインヒロインが立ち上がる――』で、オビ謳い文句は『可児那由多、本気出す』、新刊折込は『GF文庫の新人作家達も登場し、ますます賑やかになる青春ラブコメ群像劇第6弾!』になってた。

告白ひとつで人間関係が一変してしまうほど、彼ら彼女らは子供ではない。けれども、心は確実に変化する。それとは関係なく、アニメ化という荒波もまた伊月を容赦なく押し流す。さらにはGF文庫にも、新しい作家たちが登場する。新展開、新人、新しい仕事、新しい日常。それはそうとぷりけつは相変わらず千年に一人のケツを持つ少女を追い求めていた。そんな彼にも大きな変化が…!? 裏表紙

ライトノベル「妹さえいればいい。」6巻【AA】の感想には、Jirokz.さん『非常に最高でした!!好きなラノベ読んだ後の興奮がおさまらないこの感じがたまらん』、サキュバスサーチライトサイダーさん『読み終わった時はまずさすが平坂読。さすが平坂読だよ』、ライトノベル作家:岩波零氏『ヤバいネタがたくさんあって超絶面白かったです。●で隠されている文字を想像しながら読むととっても楽しいですね』などがある。

なお、著者の平坂読氏あとがきで『作者的にはようやく一つ目のマイルストーンに到達することができて、とりあえずホッとしています。一人の主人公の学園ラブコメならここで完結でもおかしくないのですが、本作は青春群像劇…俺たちの青春はこれからだ!千尋という爆弾もあるし』などを書かれている。

「妹さえいればいい。」6巻書籍情報 / 作品特設ページ

「だっでぇ、ぜんぱいは、
私のだから…!」
「…ままならないねぇ、
現実は」
「自分と相手の
チンコを見比べる」
「パンティにはその人の
すべてが表れますー」
「ほへー。それはそれで
楽しそうですね」
「受賞できたのは、
不破先生のおかげです」


【関連記事】
妹さえいればいい。5巻 「身も心もさらけだす出版業界ラブコメ、衝撃の第5弾!」
妹さえいればいい。4巻 「脅威の肌色率」 「挿絵相変わらず攻めまくってて笑う」
平坂読×カントク 妹さえいればいい。3巻 「伊月と那由多のド天然&ド変態w」
平坂読×カントクのライトノベル 妹さえいればいい。2巻 「安定の妹x変態x裸!!」
平坂読×カントクの新作ラノベ 妹さえいればいい 「超残念ヒロイン×変態×青春!」

妹さえいればいい。@comic2巻 「ラノベ作家たちの青春群像劇!」 巻頭カラーは全裸
コミックス 妹さえいればいい1巻 「マンガで完全再現。妹キチ×残念ヒロイン×総変態!」

僕は友達が少ない11巻「最低で最高な残念仲間の青春エピソード、痛素晴らしい完結!」
僕は友達が少ない10巻 「夜空復活。残念系も最加速―!? 待望のクリスマス!?」
僕は友達が少ない9巻 「夜空さんマジで残念過ぎるw 堕ちる所まで堕ちた!」 
僕は友達が少ないCONNECT 「露出度が凄い挿絵満載でワロタw」 
僕は友達が少ない8巻 「隣人部として、色々な意味でターニングポイント」
僕は友達が少ない7巻 特装版 「美少女が台無しすぎる」DVD付き
僕は友達が少ない(はがない)6巻特装版 「再入荷 ブヒィィー!」
僕は友達が少ない(6)特装版発売 「肉ゥゥゥゥーーー!!ブヒィイイイイイイ!」
僕は友達が少ない5巻 「残念系ラブコメディ、二学期編突入!」
僕は友達が少ない(はがない)4巻 「ゼロの使い魔を超えちゃったよ」
平坂読 ラノベ部2 「かーずSP・アキバblogも、うっかり中に出しちゃいました」

【関連リンク】
小学館 / ガガガ文庫 / ブログ / Twitter
「妹さえいればいい。」6巻書籍情報 / 作品特設ページ
ついにメインヒロイン(公認)が本気出す!?
平坂読氏のTwitter
カントク氏のホームページ「5年目の放課後」 / pixiv
平坂読 - Wikipedia
カントク - Wikipedia

「妹さえいればいい。」那由多が主人公のスピンオフマンガ、JOKERに登場
大人気ラノベ『妹さえいればいい。』2017年秋にTVアニメ化決定!
妹さえいればいい。:「はがない」作者のラノベが今秋テレビアニメ化

【感想リンク】
オーディションですが… 真に迫っているというか生々しい
ぷりけつさんは普通に警察案件だと思うんですけどこれ如何に
那由多はどれだけ可愛いところを見せてくれたら気が済むんですか
ストーリーはラノベ作家稼業よりも、ラブコメの方がメインだと思いますね
告白、告白、そして告白の回。青春って良いっすなー
次巻で物語に新たな開きを見せつつ、ちゃんと閉めるところは閉める
一番最後の一言が格好良すぎるだろう。ラノベの主人公かよ(そうだよ
今回はカニ公のターン。わりと通常運転かと思ったら
面白い変化をするシリーズになってきた
告白×2の行方が気になっていたのだけど、修羅場を長引かせることなく着地成功
伊月くんは末永く幸せに爆発しろ
●で隠されている文字を想像しながら読むととっても楽しいですね
これから妹絡めてくるのかな。次巻も楽しみ〜
好きなラノベ読んだ後の興奮がおさまらないこの感じがたまらん
一言で言えば盛り沢山な内容でとても楽しめました!
動き始める那由多。プリケツ先生にも転機が訪れる第六弾
那由多ちゃんが本気を出す(後半に)巻!
更なる告白が物語に新たな潮流を作り出す最新刊


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit