2017年01月08日

アニメ幼女戦記、戦況報告新聞を配布 「其れは、幼女の皮をかぶった化物」

アニメ「幼女戦記」戦況報告新聞No.01配布 TVアニメ「幼女戦記」のオンエアが1月6日からスタートし、オンエア翌日・7日のゲーマーズ本店で「戦況報告新聞No.01」の配布が行われた。戦況報告新聞No1には、第1話作戦進行状況解説や悠木碧さんインタビューなどを掲載し、1面見出しは『其れは、幼女の皮をかぶった化物――』になってた。
-

TVアニメ「幼女戦記」 ゲーマーズ本店で7日に"戦況報告新聞No.01"を配布
「其れは、幼女の皮をかぶった化物――」

「"アニメイト進攻作戦"近々実行!」

帝国軍戦況報告 「TVアニメ第1話放送後の戦況報告が到着した」

ターニャ・デレクチャフ役:悠木碧さんインタビュー
「"ただ強い女の子"とは根本的に違うんです!」

幼女戦記「戦況報告新聞」の配布が行われたゲーマーズ本店店頭の様子





店頭ディスプレイではPV上映

TVアニメ「幼女戦記」のオンエアが1月6日からスタートし、オンエア翌日の7日にゲーマーズ本店で「戦況報告新聞No.01」の配布が行われた。

TVアニメ『幼女戦記』は、カルロ・ゼン氏が小説投稿サイト"Arcadia"に投稿され、2013年にエンターブレインから書籍化され現在も刊行中の同名の小説が原作で、まんたんウェブによると『日本のエリートサラリーマンが、異世界に転生し、軍を指揮する幼い少女のターニャ・デグレチャフとして活躍する姿を描いている』という作品。

アニメ第1話オンエア翌日の7日にゲーマーズ本店で配布された「戦況報告新聞No.1」の1面見出しは『其れは、幼女の皮をかぶった化物――』で、TVアニメ第1話放送後の戦況報告が地図付きで紹介していたほか、キャラクター紹介や第2話のあらすじ、ターニャ役:悠木碧さんインタビュー、上村泰監督インタビューなどが掲載されていて、公式サイトによると『戦況報告新聞は今後全4回発行予定』みたい。

帝国西方、国境付近のライン戦線。帝国にとって共和国による不意の全面攻勢は、完全に想定外の事態であった。対応に追われた帝国軍は辛うじて防衛線を死守し、協商連合へと北進させていた主軍の転進を発令。戦線の再配置を急ピッチで進めるが、やはり対応の遅れは否めず、初戦における多大な損耗は免れなかった。
そこで帝国軍参謀本部は、増援として航空魔導部隊を前線に投入。だが増援は新兵ばかりの寄せ集めに過ぎず、劣勢を余儀なくされていた。塹壕線には砲弾が止むことなく炸裂し、爆煙と轟音のなか、多くの兵士たちが次々と銃弾に倒れてゆく。そんな地獄のようなライン戦線には、戦場に似つかわしくない金髪碧眼の幼女、ターニャ・デグレチャフの姿があった
第1話「ラインの悪魔」

なお、アニメ「幼女戦記」第1話の感想には、異常感想注意報さん『第一次世界大戦ぽい戦場で塹壕戦に魔導師が加わって戦っていた』『いやあ、今期ここまで見た中でダントツに面白い。これは期待大』、なんだかおもしろいさん『本番はやはり幼女…ターニャ・デグレチャフ少尉とは一体何なのかが分かってからかな。…しかし殺伐としてるなぁ』、アニメと漫画と連邦こっそり日記さん『チートとしか言いようがない幼女!ニヤニヤ笑っての空中戦、あんなん妖怪じゃないかと思ったら実際、劇中評価も化物だった!』などがある。

TVアニメ「幼女戦記」公式サイト / Twitter

原作小説「幼女戦記」販促ポスター

「幼女の皮をかぶったバケモノ」

「地獄の果てに待つのは、幼女(バケモノ)」

「最前線にて幼女(バケモノ)は嗤う」

「金髪、碧眼の幼い少女は、戦場で最も危険な化け物!!」

アニメイト秋葉原
とらのあな秋葉原店A
COMIC ZIN秋葉原店
メロンブックス秋葉原1号店
K-BOOKS秋葉原新館
ゲーマーズ本店





この記事はよもやま カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51539517