2017年01月09日

【コラム】ジャンプ小説大賞銀賞受賞作!「友情・ドリル・勝利&女装」でお送りする理系青春ラブコメディ 「ガールズロボティクス」がいよいよ始動!

白木秋 「ガールズロボティクス」 明けましておめでとうございます。本年も集英社Jブックス編集部をよろしくお願いいたします!2017年1発目の配信は前回に引き続きJブックス編集部幻のシックスマンOがお送りさせていただきます!新年1発目は「ガールズロボティクス」。理系な登場人物たちが繰り広げる青春ラブコメディです!
-

新年1発目に取り上げる作品は、ジャンプ小説新人賞で銀賞を受賞した「ガールズロボティクス」(以下、ガルロボ)。この作品は「友情・ドリル・勝利」というキャッチコピーを掲げ、ロボット作りに燃える女子高校生たちの青春を瑞々しく、そして熱く描いた作品となっている。

そんなガルロボの魅力を紹介するため、今回も担当を直撃!Jブックス随一の理論派と噂されたこともありそうな担当編集S氏に話を聞いた!

「ガールズロボティクス」を担当する理論派風編集S氏
最近の口癖は「それ、フロイトの前でも同じこと言えるの?」

―まず、個人的に目に止まったのが表紙!可愛らしい女のコがハンダゴテを持ってる独特な構図が素敵ですね!

担当編集・S:そうなんです!今回は、理系の女のコたちが繰り広げる青春ラブコメディっていうことで、イラストを担当してくれた、なこまり先生が上手く表現してくれたと思います!まぁ、実は表紙のコは女装している男なんですけどね(笑)。 他にも本の中には魅力的なイラストがいっぱい出てきますよ!

小説:白木秋 イラスト:なこまり 「ガールズロボティクス」(発売中)の表紙
構図はもちろん、独特な虹彩表現が綺麗で非常に印象的!

―特にオススメのイラストはありますか?

S:う〜ん。みんないいイラストなんですけど、やっぱりピンナップイラストはかなり自信あります!

透き通るような青空の下、みんなでアイスを食べるという青春感が満載のイラスト
こんな青春経験してみたかった!!

―青い空の下で、青春!見てるだけで心が洗われますね!では、作品の内容についても聞いていきます。ガルロボは「理系」「青春」「女装」「ロボット」「恋愛」など、多くの要素を持っていると思うのですが、簡単に説明するとどのような内容になりますか?

S:機械を愛する理系男子高校生・悠太郎が、とある理由から初心者だらけで廃部寸前の女子ロボ部に機械工作を教えるために女装して潜入することに…。廃部回避の条件であるロボコン優勝を目指し、「友情・ドリル・勝利」で(女装を)貫き通す青春ラブコメディです!

S:あと、やっぱりこの作品で重要なのは、理系なのに「熱血」ってところも魅力かと思います。普通理系ってクールなイメージを持たれがちだと思うんですが、ガルロボではそんな彼らを熱く描いているのも魅力ですね!

―すごい、独特の設定ですね。まさに、理系たちの青春物語!!いいな〜こんな青春!!

?:ちょ、まてよ!

S:

―誰だ?

?:わいや!

―誰や!

編集者・藤原:藤原や!青春言うたらワシやろ。

前回特集記事を配信した「愛は歴史を救うシリーズ」の担当編集
最近なぜか、石に潰される夢を見るらしい

―知らんわ!失せろや!

藤原:う、うっく。なにもぞんなにづめたぐぢなぐでもぉ(ポロポロ)

―お前は、前回でもう用済みなんじゃ。たいしてモテもしないくせに、童貞に上から目線できやがって

藤原:ヴぁ〜ん、(ボロボロ…)

S:まぁ、まぁ。まぜて、あげようよ!

藤原:い、いいの?(パァア)

―S氏がそこまで言うなら…。まぁ、しゃあない

藤原:ッ、イッッググゥゥーーーー!!

S:

―では、気を取りなおして。この作品、どんな人に見て欲しいですか?

S:もちろん純粋にエンタメ作品としても、楽しめるんですが、やっぱり自分の青春時代と照らしあわせたり、青春を謳歌してこれなかった人たちに擬似的に青春を体験する感じで見ていただけたらって思います。

―それは、いいですね!!僕はまったくといっていいほど青春時代というものを体験してこなかったので、そういう作品は大好きです!未だに童貞ですしね……

藤原:あぁ、俺は逆に青春時代と重なっちゃうなぁ、色々経験してきたからなぁ。あんなこととか。チラッ

2人:

藤原:色々、甘酸っぱいことあったなぁ。チラッ

S:ふ、藤原くん、どんな青春エピソードがあるの?

藤原:えっ、聞きたい!?(パァァ)

2人:(聞きたくねぇ…)

藤原:そらぁ、酸いも甘いも色々ありますよ。高校時代の夕日デート。それに、彼女に振られて泣きながら自転車に乗って叫んだりとか。あとは…。

―藤原さん!

藤原:うん?

―その話、長くなります? 藤原さんが口開く度に胃液が逆流しそうになるんですが

藤原:う、うっく。なにもぞんないいがだじなぐでもぉぉ!(ポロポロ)

2人:(うっぜぇ)

S:い、いい話だったよ!今度また、聞かせてよ!

藤原:聞いてぐれる? チラッ

S:もちろん!!

藤原:ッ、イッッググゥゥーーーー!!

2人:(なんやこいつ)

―ところで、作中には魅力的で可愛い女のコたちが多数いると思うのですが、S氏のイチオシキャラは?

S:ロボ部の面々は基本可愛いんですよねー。でも、やっぱり部長の藍澤久穏(あいざわ・くおん)ちゃんかな。ロボットが大好きで主人公や仲間たちの手を借りながらもひたむきに頑張る姿はTHE青春って感じでやっぱ心を打ちますよね!

女装男子・ロボオタク・人見知り・スポーツウーマンなど
個性豊かなキャラが揃う桜樹女子高校のロボ部

―僕は、ロボ部の面々はもちろん、主人公たちのロボ部を潰そうとしてくる矢民薫(やたみ・かおる)ちゃんがオススメです!一見ツンツンしてるんですが、時折見せるドジっ子なところとかデレっぽいところとかがドストライク!

ロボ部を潰し、部室を奪おうと目論見る文芸部部長・矢民薫(やたみ・かおる)
ツンツンキャラだけど、時折見せるドジッ娘属性が可愛らしい!!

藤原:わいは、何と言っても主人公の悠太郎やな。今までは、女のコオンリーだったんだけどこの小説を呼んで女装の男もアリかもと思いはじめましたわ。嫌がるのを無理やり夜の掘削機で…。

本作の主人公・樋口悠太郎の女装時の姿。ロボ部を救おうと奮闘する

―フージーワーラ!

藤原:ひぃっ、すいません!ハァハァ

S:さすがに良くないよ藤原くん。

―お前ホンマええかげんにせえよ!しばき倒すぞホンマ!

藤原:ひぃっ、すんません、すんません。でも、もっと罵ってもらっていいですか!?ハァハァ

2人:お前がネコかい!!

性欲モンスター藤原を女装モノというまだ見ぬ地平へと導いた「ガールズロボティクス」。みなさまもぜひ、「友情・ドリル・勝利&女装」でお送りする青春ラブコメディを体感してみてください!!

●さらに詳しい情報は「ガールズロボティクス」特設サイトに掲載中!


小説:白木秋 イラスト:なこまり 「ガールズロボティクス」
B6判/定価:1,200円+税  発売中です!

集英社Jブックス編集部 O


この記事はコラム カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51539571