2017年01月09日

【コラム】 KTC編集スタッフ大募集!:面接あるある言いたいよ〜

キルタイムコミュニケーション 編集スタッフ募集 あけましておめでとうございます!キルタイムコミュニケーション編集部のOです。年も変わると気分も一新して、思わず今の職場を辞めて就職活動をしたくなる時期ではないでしょうか? 我が社、キルタイムコミュニケーションの面接でよく見られる光景を差し支えのない程度で書いていきたいと思います。
-

キルタイムコミュニケーション面接あるあるその1
他社の名前を言ってしまいがち〜♪

「ワ●マガジンさんで是非こういった本を作りたく……」、「コ●マガジンさんのあの作品に感銘を受けて…」って、あれ? さっきから他社の名前言ってなくね? まぁ緊張して同業他社の名前を口走ってしまったんだろうなぁ……と思っていたら「好きな作家さん」、「好きな単行本」がどうも他社のタイトルばかりで、本気でウチとその会社を勘違いしているかなりの天然ちゃんである意味、「逆に欲しい!」と思ってしまったり……。

本文とあまり関係ないですが、二次元ドリームノベルズの新刊です
ふたなり好きにはたまらない有機企画先生の「天煌聖姫ヴァーミリオン」
まくらカバーソフトさんのノベライズ、空蝉先生の「魔剣士リーネ」です

キルタイムコミュニケーション面接あるあるその2
社名を間違って言ってしまいがち〜♪

よく間違われるのは「キルタイムコーポレーション」です。なんだよ、そのカプセルコーポレーションみたいな社名は……ウチはポイポイなんか作ってないぞ!(シコシコカプセルならいっぱい作っています)

次ぎにあるのが「キルタイムコミュニケーションズ」です。惜しい!最後の「ズ」はいらない!「NTTコミュニケーションズ」じゃないんだから!インフラ業やOCNなんか運営してないぞ!でも淫フェラなオ●ンコ舐め舐め(OCN)らお任せだ!

本文と関係ないですが、二次元ドリーム文庫の新刊です
竹内けん先生の人気ハーレムシリーズ「ハーレムグリフォン」、089タロー先生の
「〜ませんか?」シリーズの新刊「女体化魔王と子作りしちゃいませんか?」です

キルタイムコミュニケーション面接あるあるその3
素っ頓狂な質問をしてしまいがち〜♪

面接に来た方に「勤務形態や条件面など気になる事はないでしょうか?」と聞くと、「●●●の続編はどうなっているのでしょうか? いつになったら発売するのでしょうか?何が揉め事でもあったのでしょうか?」と応えてしまいがち〜。いやいや、ここは「現場の編集者生出演!業界の裏話全開!NGトーク一切無し!」…な、ロフトプラスワンじゃないんだぞ!ウチの熱心な読者というのはよくわかったけど、ここで聞く事じゃないだろうに〜。

さて、いよいよ本題です。キルタイムコミュニケーションでは編集スタッフを募集しております。今回はエロ小説のお仕事がメインとなります。エロ小説界を盛り上げていきたい方、編集未経験者でも問題ありません!どしどしご応募ください。

詳細はKTCの求人サイトにて!

本文と関係ないですが、左がリアルドリーム文庫の新刊です
天草白先生 「奪われた恋人 女子校生は悪徳教師に堕とされて……」
右はビギニングノベルズの新刊、峰崎龍之介先生の「ダンジョン暮らしの元勇者3」

キルタイムコミュニケーションに最も欲しい人材!

「どういった人を求めていますか?」とよく質問されるので、それに応えたいと思います。今、KTCで最も求める人材は……学歴、経歴、資格は一切不問です。エロ小説が好きでこの業界を盛り上げたい、一旗揚げてやろうと情熱を持っている方が欲しいです。

「実は普通のライトノベルを作りたい」「本当は一般コミックの編集をしたい」という方は、一般向けをメインターゲットとしている出版社に就職活動した方がよいかと思います。そういった方は長続きません。だってこのジャンルが好きじゃないんだもん。無理して好きになろうとしても、やっぱり無理なものは無理です。黒魔導師が白魔法を覚えようとしても無理。水属性の人が炎系の攻撃に強くなろうとして無理なのと一緒です。そんな感じで「我こそは!」と思うお方がどしどしご応募ください!

キルタイムコミュニケーション:O


この記事はコラム カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51539572