2017年01月13日

ゴブリンスレイヤー4巻 「辺境の街で紡がれる十の物語。ダークファンタジー第4弾!」

「ゴブリンスレイヤー」4巻通常版&ドラマCD付き限定特装版 GA文庫1月新刊、蝸牛くも氏のラノベ「ゴブリンスレイヤー」4巻 / ドラマCD付き限定特装版【AA】がアキバでは12日に発売になった。オビでは『このライトノベルがすごい!2017文庫新作ランキング第1位!』を謳い、今巻の裏表紙は『辺境の街で紡がれる、十の物語、ダークファンタジー第4弾!』になってた。
-

ライトノベル「ゴブリンスレイヤー」4巻通常版 / ドラマCD付き限定特装版【AA】
「このライトノベルがすごい!2017文庫新作ランキング第1位!」

「彼は装備の点検に余念がない。剣、鎧、盾、兜、 のみならず雑多な品々まで
一つ残らず。点検しなかったせいで負ける、ということは無くなる」

受付嬢、妖精弓手、女神官、牛飼娘

「……ゴブリンはいないようだ」
「……そりゃ、何よりだ。でよ。結局ンとこ誰が好きなんだ?」

GA文庫1月新刊、蝸牛くも氏のライトノベル「ゴブリンスレイヤー」4巻通常版 / ドラマCD付き限定特装版【AA】(イラスト:神奈月昇氏)が、アキバでは12日に発売になった(公式発売日はともに14日)。

『ゴブリンスレイヤー』は、蝸牛くも氏がネット掲示板に投稿されていた作品から商業書籍化したもので、個体としては貧弱だが女を攫い繁殖するというゴブリンだけをひらすた執拗に殺す男・ゴブリンスレイヤーと、ゴブリンスレイヤーに助けられた女神官、幼馴染の牛飼娘などが登場するお話(登場人物)。

今回発売になった「ゴブリンスレイヤー」4巻【AA】には、「新米戦士と見習聖女のお話」・「酒場の女給のお話」、「ありふれたゴブリンの巣のお話」・「彼がいない日のお話」・「妖精弓手のぐだぐだとした休日のお話」など短編10章を収録し、オビ謳い文句は『このライトノベルがすごい!2017文庫新作ランキング第1位!「悪魔の塔」の討伐に、重戦士、槍使い、ゴブリンスレイヤーの三人が挑む』、裏表紙は『辺境の街で紡がれる、十の物語。蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第4弾!』になってた。

「ゴブリンよりは、よほど危険だ。だが魔神どもとは比べるべくもない」。国王署名入りの依頼。「悪魔の塔」の討伐に重戦士、槍使い、ゴブリンスレイヤーの三人が挑む――。
「ね、ぶらぶらしよっか」ゴブリンスレイヤーのいない休日、牛飼娘は女神官と街を散策する――。 「見てなさい。私が世界の一つ二つ、救ってあげるから!」 妖精弓手は冒険のない日、受付嬢の提案で、聖騎士を演じる。 「森人と一緒に冒険に行けぇ?」種族を超えた共闘、これは彼と出会う前の三人の冒険 書籍情報

なお、「ゴブリンスレイヤー」4巻【AA】のあとがきで、著者の蝸牛くも氏は『今回はドラマCDを制作して頂ける事になり、限定特装版に付く事になりました』、『1巻で丘を超え、2巻で地下の都市、3巻で7本の怪物、4巻休みで5巻は山の砦。、ええ、わかる人にはわかって頂けるかなと思います。わからなくても大丈夫です』などを書かれ、4巻の感想には武装商店さん『 ソーサリーかよ!そんなん気づかんわ!』、shumagoさん6章の元ネタゲームブックのドルアーガだよなあ…熱すぎる』、高浜むつきさん『モブ冒険者♀が酷い目に遭うお話。まあ、毎回のことですけどww』などがある。

「ゴブリンスレイヤー」4巻書籍情報 / ドラマCD付き限定特装版 / 特設ページ

「…あの、ゴブリンは?」
「――冒険者だ!」
「何をして良いものやら、
さっぱりで」
「こういう時こそ冒険者の
出番ではなくて、陛下?」
「――何にしても、
森とは大違いね」
「どうぞ冒険者さんに
食べてください、って!」


【関連記事】
ゴブリンスレイヤー3巻 「迫る収穫祭、平穏な日常―。裏で潜むゴブリンとの総力戦!」
コミックス ゴブリンスレイヤー1巻 「戦慄&凄惨極まる戦闘シーンと容赦ないレイプ」
ゴブリンスレイヤー2巻 「次なる舞台は地下迷宮。妙にエロい新キャラ、血生臭い戦闘」
GA文庫 ゴブリンスレイヤー1巻 「俺は世界を救わない。ゴブリンを殺すだけだ」
ゴブリンスレイヤーのニュース - アキバBlog

【関連リンク】
SBクリエイティブ / GA文庫 / GA文庫ブログ / Twitter
「ゴブリンスレイヤー」4巻書籍情報 / ドラマCD付き限定特装版 / 特設ページ
GA文庫1月刊「ゴブリンスレイヤー4」店舗特典情報!
GA文庫『ゴブリンスレイヤー4』ドラマCDの中身を一部公開! - YouTube
ゴブリンスレイヤー - このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?(Web連載版まとめ)
イラスト:神奈月昇氏のブログ「Light Of Night」
神奈月昇 - Wikipedia

GA文庫刊『ゴブリンスレイヤー』がシリーズ累計50万部を突破(2017/02)
このラノ新作1位獲得後、更に伸びていたり致します

【感想リンク】
朴念仁を殺すビキニアーマー「ゴブリンスレイヤー」4巻
新米戦士の話だったり、酒場の女給の話だったり、牛飼娘の話だったり
ゴブリンスレイヤーたちの穏やかな日常は読んでいて和みます
6章の元ネタゲームブックのドルアーガだよなあ…熱すぎる
第4章「ありふれたゴブリンの巣のお話」がおもしろかった
ソーサリーかよ!そんなん気づかんわ!
モブ冒険者♀が酷い目に遭うお話。まあ、毎回のことですけどww


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit