2017年02月04日

石山諒 / 歪のアマルガム1巻 「歪な運命に抗え――。少年ジャンプ×ダークバトル!」

石山諒「歪のアマルガム」1巻 石山諒氏のコミックス「歪のアマルガム」1巻【AA】が3日に発売になった。作品情報は『「謎の組織・賽」「妖細胞」、「零課」──様々な謎とともに彼の歪な運命は動き出す。新たなるダークバトルを目撃せよ!』で、1巻のオビは『歪な運命に、抗え――。少年ジャンプ×ダークバトル』になってた。
-

石山諒氏のコミックス「歪のアマルガム」1巻【AA】発売
「歪な運命に、抗え――。少年ジャンプ×ダークバトル」

主人公の男子高校生・六道(ろくみち)と、幼馴染の彌生(やよい)
「そんなの考えたコトなかったし…ア、アンタと、デートするなんて!!」

電車に轢れて、左手と下半身がブチ切れ 「(な…なんなんだよ…コレ…!?)」

「(失った部位を、骨で補っている…)」
ゲーマーズ本店
メロンブックス秋葉原1号店
アニメイト秋葉原
特典:SCFカード

石山諒氏が週刊少年ジャンプで連載されているコミックス「歪のアマルガム」1巻【AA】が3日に発売になった。

『歪のアマルガム』は、連載開始時のコミックナタリーによると『高校生の久佐場六道を主人公に描くダークファンタジー。六道はある日、踏切内に立ち入った子供を助けようとし、電車に轢かれてしまう。命を落としたかに思えた六道だったが、事故後に怪しげな研究所で目を覚まし……』というお話で、作品情報は『「謎の組織・賽」「妖細胞」、「零課」──様々な謎とともに彼の歪な運命は動き出す。新たなるダークバトルを目撃せよ!』になってた。

今回発売になった「歪のアマルガム」1巻【AA】のオビ謳い文句は『歪な運命に、抗え――。少年ジャンプ×ダークバトル』、裏表紙は『生きろ、闘え、取り戻せ』で、コミックス1巻には第1話「怪物」〜第7話「折れない」を収録(もくじ)し、巻末には登場キャラ設定が掲載されている。

お人好しの高校生・久佐場六道は、幼馴染の彌生とデートの約束の前日、子供を救うために踏切へと飛び込んだ。謎の施設で目を覚ました彼は、「賽」と名乗る組織により"妖細胞"を移植され、その身体は巨大な骨の怪物「がしゃ髑髏」へと変貌を遂げる──!! コミックス情報

なお、「歪のアマルガム」1巻【AA】の感想には、サトシさん『いい意味でジャンプらしくない、グロもありのバトル漫画って好き』、hkさん『通して読んだら六道と弥生の最高っぷりが突き抜けるなぁ…』などがあり、作者の石山諒氏はカバー折り返しで『本作は骨を少々多めに描き上げております。骨好きな人もそうでない人も楽しんでいただければ幸いです』などを書かれている。

「歪のアマルガム」1巻コミックス情報(試し読みあり) / 作品情報

「これが"妖"…」

「よかった、やっと見つけたァ」「! 女の人!?」

「にアッて マすかネ?」

「このゾクゾクが
科学者の喜びよね♥」
「アハハハハ、嬉しい―
ありがとうゴザいます先輩」
「お前と同じ実験の被験者、
ただし完全な失敗作」
「"歪"でも"混ざり者"でも
久佐場六道で
いたいんです…!!」
「お前も行ったのか?
あの変なバイト」
「折れねぇよ、
肋骨も、心も」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51541089