2017年02月10日

モンキーピーク1巻 「吹き荒れる血の雨と死の嵐!鬼猿の魔手が無慈悲に襲う!」

原作:志名坂高次、作画:粂田晃宏「モンキーピーク」1巻 原作:志名坂高次氏、作画:粂田晃宏氏のコミックス「モンキーピーク」1巻【AA】が9日に発売になった。会社の従業員30数名が社員研修の山登りで殺されまくるお話で、オビは『戦慄と衝撃の山岳パニックホラー開幕!!』、裏表紙は『吹き荒れる血の雨と死の嵐!鬼猿の魔手が無慈悲に襲う!!』などなど。
-

原作:志名坂高次氏、作画:粂田晃宏氏のコミックス「モンキーピーク」1巻【AA】
「戦慄と衝撃の山岳パニックホラー開幕!!」

会社の従業員30数名で社員研修の山登り
「気にしないで下さい」 「…相変わらず変な笑い方ね」

夜、山で寝ているテントが襲撃され、社員の10数人が殺害される 「〜〜ッ!!」

「猿…みたいなのだ、でっかい目で…ナタだ…!! ナタを持ってた!!」
メロンブックス秋葉原1号店
K-BOOKS秋葉原新館
ゲーマーズ本店

原作:志名坂高次氏、作画:粂田晃宏氏が週刊漫画ゴラクで連載されている、山を舞台にしたコミックス「モンキーピーク」1巻【AA】が9日に発売になった。

『モンキーピーク』は、コミックナタリーによると『製薬会社の社員たちの身に起こる惨劇を描いたパニックホラー。とある問題により社会的に苦境に立たされた彼らは、社員の結束を高める為のレクリエーションとして山を訪れる。レクリエーション初日の夜、慣れない登山に疲労困憊の社員たちは、鉈を持った巨大な猿のような生物と出会い、猿が殺したと思われる同僚の死体を発見し……』というお話。

今回発売になった「モンキーピーク」1巻【AA】のオビ謳い文句は『人食い猿の伝説残る"岩砕山"…。40名が体験した未体験の悪意、そして圧倒的な殺意とは!? 戦慄と衝撃の山岳パニックホラー開幕!!』で、コミックス1巻には、第1話「しらび山」〜第10話「前岳(6)」までを収録し、裏表紙は『「猿…猿がナタでみんなを…っ」。周到に用意された殺害計画!? それとも恐るべき山の祟り!? 吹き荒れる血の雨と死の嵐!鬼猿の魔手が無慈悲に襲う!』だった。

社員の結束を高める為の、登山レクリエーション。雄大な自然を感じる爽やかな山は、夜と共に惨劇の舞台と化す!
藤ヶ谷製薬36名が体験した、未体験の悪意とは…!? 凍牌の志名坂高次が初の原作を手がけ、俊英・粂田晃宏が入魂の筆致で迫る。戦慄と衝撃の山岳パニックホラー開幕!! コミックス情報

なお、コミックス「モンキーピーク」1巻【AA】のアーリオ オーリオさんの感想では『まるで「13日の金曜日」のように繰り返される殺戮の嵐!林から崖から、どこからでも現れる大猿の身のこなしは人間業ではなく。それに加え、山という非日常なる厳しい環境。生身の人間がいかに弱いかということを知らしめてくれます』などを書かれている。

「モンキーピーク」1巻コミックス情報 / ゴラクエッグ試し読み

「岩砕山は世界で二番目に多くの死者を出している難所、その数…実に763人!!
別名"鬼猿岳"鬼の猿が住むと言われる魔の山だ」

「うわぁ〜〜っ、痛ってぇ〜〜」 「誰か…誰か〜〜…」

「う"う"う"う"あ"あ"あ"」

「魔猿が現れては登山者を
襲うと言われている…」
「(罠だ!!)」
「標識がニセ物
だったんです」
「逃げるのを後ろから
襲ったんだ」
「来いよ…
上等だコラ…っ」
「石を持て、戦うぞ!!」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit