2017年02月17日

彼女の肌が忘れない3巻 「忌まわしい記憶の断片が彼女の心と肉体を襲う!」

村生ミオ&後藤圭介 「彼女の肌が忘れない」3巻 原作:村生ミオ氏&漫画:後藤圭介氏が、週刊漫画TIMESで連載されていたコミックス「彼女の肌が忘れない」3巻【AA】が16日に発売になった。オビ謳い文句は『強力コンビ入魂!!興奮のラブサスペンス!!忌まわしい記憶の断片が彼女の心と肉体を襲う!それはあまりに淫猥で残酷で…』だった。
-

原作:村生ミオ氏&漫画:後藤圭介氏のコミックス「彼女の肌が忘れない」3巻【AA】
「忌まわしい記憶の断片が彼女の心と肉体を襲う!それはあまりに淫猥で残酷で…」

「…この手の感触…覚えている」 ムニュゥウ…

「はうっ!! (そして…この快感も…)」

「どこにいる!?どこにかくまってるんだ!?」
「(言うもんか…言えばマリアはまた…強制的に働かされるんだ…)」
COMIC ZIN秋葉原店
とらのあな秋葉原店A

原作:村生ミオ氏&漫画:後藤圭介氏が、週刊漫画TIMESで連載されていたコミックス「彼女の肌が忘れない」3巻【AA】が、16日に発売になった。

『彼女の肌が忘れない』は、1巻コミックス情報によると『恋人に去られた後、不運が続くサラリーマン・幸太は交通事故を起こす。被害者の女性はそのために記憶喪失に…。そこで身寄りのわからぬ彼女と同居することになった幸太だが、二人の背後に怪しい影が?』という、29歳営業マンの主人公・秋葉幸太が、幸太との交通事故で記憶喪失になった美女・マリア(仮名)が同棲し肉体関係にもなったことから始まるお話。

今回発売になった「彼女の肌が忘れない」3巻【AA】には、第19話〜27話を収録し、裏表紙が『運命の悪戯か!?かつて愛を誓った男が眼前に…!?』で、オビ謳い文句は『興奮のラブサスペンス!忌まわしい記憶の断片が彼女の心と肉体を襲う!それはあまりに淫猥で残酷で…』になっていて、記憶喪失になったマリアが、自身がかつて風俗で男たちを相手にしていた…という記憶が蘇りつつあり、記憶喪失になる前のカレとセクロスしてる。

記憶を失う前の恋人・本城が、幸太とマリアの目の前に現れた。そしてマリアをめぐる三角関係に…。そこで本城はマリアを連れて彼女のアパートへ!! 一方、幸太はマリアの過去へとつながる高級クラブ・ペルソナに潜入するが、そこは二人を追う怪しい集団の巣窟だった…。 裏表紙

なお、「彼女の肌が忘れない」3巻【AA】の発売に際し、後藤圭介氏は自身のホームページで『今回は巻頭の総扉イラストを描き下ろし、週刊連載当時諸事情で泣く泣く手を加えられなかった部分など、加筆修正もなんと半分もやらせていただきました。回もメッセージペーパーも付きます、これも描き下ろしです』、『尚、本作完結となる第4巻は、5月か6月刊行させていただきます。新作も構想&ネーム中ですので今後とも本作と合わせてお引立ていただければ幸いです!』などを書かれている。

「彼女の肌が忘れない」3巻コミックス情報 / 漫画:後藤圭介氏のホームページ

「本城さん…彼女は
記憶喪失なんだ…」
「き…気持ちいい…いい…いいわァ、イッちゃうよォ〜!」
「さあ…以前のように、
恋人同士に戻ろう…」
「(思い出した…私…
いろんな男の人に…)」
「もっと、腰、振って」
「う…うん…」
「やっぱり最高だァ、身体の相性が最高にいいんだァ」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51541785