2017年03月02日

ロココドレス解説同人誌 ロココドレスマニアクス 「コルセっぱいは夢が詰まってる」

サークル少女ヶ原「ロココドレスマニアクス」商業本「イラストでわかる 麗しのドレス図鑑」も出されているサークル少女ヶ原・花園あずき氏の同人誌『ロココドレスマニアクス』がZIN秋葉原店に入荷してる。サークルさんのコメントは『ロココドレスちょっとニッチな隠れた魅力』で、ちはぶいさんの感想『コルセっぱいは夢が詰まってる』などがある。
-

サークル少女ヶ原 ロココ時代(1700年代)の女性のドレスを解説した同人誌
「ロココドレスマニアクス」

ロココドレスのここを見てくれ 「ロココドレスの全体は、キュっと絞って
パッと開放する…の繰り返しで成り立っています」

コルセっぱいを見ろ 「表面張力の限界にでも挑戦してんのかってくらい
こぼれんばかりのおっぱいなんですよ なんでもいいから見ろ すばらしいから見ろ」

サークル少女ヶ原(花園あずき氏&企画・原案:くまいケビン氏)の、ロココ時代の女性ドレスを解説されした同人誌『ロココドレスマニアクス』が、COMIC ZIN秋葉原店に入荷してる(メロンブックス委託あり)。

サークル少女ヶ原の花園あずき氏は、ヨーロッパ貴婦人のドレスを解説された同人誌「貴婦人のワードローブ ロココ編」「ヴィクトリア編」「中世・ルネサンス編」や、エンパイア・ロマンチック編などを追加収録した完全版、ドレスの描き方同人誌「ドレスを描いてみよう!」などを出されているサークルさんで、『貴婦人のワードローブ』シリーズを監修付き・描き下ろしも加えてマール社から商業化した「イラストでわかる 麗しのドレス図鑑」も出されている。

ロココドレス解説同人誌『ロココドレスマニアクス』は、サークルさんのコメントが『ロココドレスのちょっとニッチな隠れた魅力を詰め込みました』で、ロココドレスの基本や魅力、各部位・装飾などの解説などの内容で、「コルセっぱいを見ろ。こぼれんばかりのおっぱいなんですよ」とかも書かれていて、ちはぶいさんの感想では『コルセっぱいは夢が詰まってる』とのこと。

ロココ調美術が盛んだった18世紀を通して、優美で華やかなドレスが流行しました。それがいわゆるロココドレス。ファッションの中心地はルイ14世の功績で栄華を誇るフランス宮廷です。
傾向としては、フリルやレースをふんだんに使ったフワッとした装飾が多いです。ロリータファッションの原点と言われることもあったりなかったり。 ロココドレスざっくり基礎知識

同人誌『ロココドレスマニアクス』のあとがきで、サークル少女ヶ原の花園あずき氏は『これを読んでロココドレスに興味が湧いた方がいらっしゃいましたら、「麗しのドレス図鑑」のほうで基礎や歴史にも触れておりますので、ぜひお手にとってみてください!他の時代もステキなドレスがいっぱいですよ!』などを書かれている。

花園あずき氏のTwitter / COMIC ZIN通販 / メロンブックス通販

「ドレスの装飾と空いたデコルテの対比が絶妙」
「王室の盛装。儀式や政治的に重要な場面ではこちら」
「ブリリアントカットが発明され、ダイヤモンドが大流行」
「細かいパーツとかも
すごく多様化してたよ!」
「素朴カジュアルでも
ステキなロココドレス!」
「透け感シュミーズに
ときめけ」



この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51542534