2017年03月11日

バイオレンスアクション1巻 「ポンコツ専門学生は凄腕の殺し屋!血と肉が乱れ飛ぶ!」

「バイオレンスアクション」1巻 原作:沢田新氏&漫画:浅井蓮次氏のコミックス「バイオレンスアクション」1巻【AA】が10日に発売になった。ゲーマーズ本店のPOPは『最強の脱力系女子がおくる、ハードボイルド・キリング・アクション』で、ZIN秋葉原店のPOPは『ポンコツ専門学生は凄腕の殺し屋!血と肉が乱れ飛ぶ殺戮活劇!』だった。
-

原作:沢田新氏&漫画:浅井蓮次氏「バイオレンスアクション」1巻【AA】
ZIN秋葉原店「ポンコツ専門学生は凄腕の殺し屋!血と肉が乱れ飛ぶ殺戮活劇!」

「"ケイちゃん"が、おうかがい致しますので――」

デリヘルを装った殺し屋、依頼者を訪問
「ケイでーす。よろしくお願いしますね」

依頼されたヤクザ皆殺し射殺 「!!」 パンパンッ パン
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
ゲーマーズ本店
特典:ブロマイド
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード

原作:沢田新氏&漫画:浅井蓮次氏が、やわらかスピリッツで連載されているコミックス「バイオレンスアクション」1巻【AA】が、10日に発売になった。

『バイオレンスアクション』は、コミックナタリーによると『東京を舞台に、殺し屋のデリバリーを請け負う秘密組織を描いた物語。組織で指名ナンバー1のヒットガール・ケイは、殺し屋らしからぬ"ゆるかわな容姿"を持つが、その圧倒的な銃の腕前と身体能力で任務をこなしていた』というお話で、今回発売になった「バイオレンスアクション」1巻【AA】のオビ謳い文句は『バイト先は殺し屋。「モブサイコ100」ONE氏絶賛!のバイオレンス漫画!』で、裏表紙のONE氏のコメントは『怖い。可愛い。面白い。用はないけど依頼したい』だった。

発売日のアキバでは、ゲーマーズ本店のPOPが『デリヘルを装った殺し屋、最強の脱力系女子がおくる、ハードボイルド・キリング・アクション』、『暴力・金・欲…etc. そういう描写に興味ある人は是非♪()』で、とら秋葉原店AのPOPは『全てかかわる血みどろ展開!組潰しの依頼を受けた、イマドキ!カワイイ!スゴイ!ヒットガールアクション!』、ZIN秋葉原店のPOPは『ポンコツ専門学生は、凄腕の殺し屋!血と肉が乱れ飛ぶ殺戮活劇!』が付いてた。

撃つ!斬る!THEバイオレンスアクション!暴力団抗争の行き違いから、組に家族を殺された拷問専門の[医者]。[医者]は復讐を誓い、組潰しを「殺し屋派遣業」に依頼する。派遣されたのは簿記専門学校生の女子。彼女こそ、指名NO.1の凄腕ヒットガール。名前は[ケイ] 裏表紙

なお、「バイオレンスアクション」1巻【AA】の感想には、Studio A.D.S.さん『生と死、日常と非日常。二つのコントラストがあまりに鮮烈に描かれている』、毎日が日曜日さん『特に気負いもせずに、日常生活の延長で仕事をこなしていく人だな。緩く軽い感じがいい』、庭仕事さん『ディテールのリアリティが異様にあるんだよな…ケイちゃんがヤクザ事務所のドア開ける時とか、ネイルガンとか』などがある。

「バイオレンスアクション」1巻コミックス情報 / 連載ページ

殺しの依頼をされて、記念撮影 「はい、そのままで」 パシャ ジー…

ヤクザ皆殺しの依頼で、事務所カチコミで死屍累々 「ドサッ」

巨漢の首をナイフで頸動脈切り

「どうやります?ガスとか
くすりとか刃物とか弾とか」
「パァン」
「誰だ…お前…」
「ぷるるん天然娘特急便…」
「じゃあ、休憩。
に、しません?」
「あした模試なのに
なんもしてなくって」
「ぶ て…めぇ…ころっ…」
バチィン パァン


【関連記事】
戦闘城塞マスラヲ1巻 「最恐ひきこもりが、世界を救うリア充に!?」

殺し愛1巻 「クールな女殺し屋と、彼女をストーキングする最強の男性殺し屋」
スズキさんはただ静かに暮らしたい1巻 「偽りの家族逃避行劇、衝撃の開幕!!」
極悪バンビーナ! 1巻 「可愛いあの娘はヒットマン!? 目指すは極悪!!」
ガールメイキル1巻 「可憐な少女はマフィアの殺し屋」 中華街マフィアの抗争
女子高生型の殺し屋3組 デストロ246(1) 「ホントに物騒な女子しか出てこねーw」
殺し屋も組長も全員女子高生 「trash.」1巻 臓物ぶちまけ
殺し屋女の子 キルミーベイベー1巻 「オマエを笑い殺す気だぞ!」

【関連リンク】
小学館 / やわらかスピリッツ / Twitter
「バイオレンスアクション」1巻コミックス情報(試し読みあり) / 連載ページ
バイオレンスアクション - ニコニコ静画
一癖も二癖もある裏社会の住人達を、学校の空き時間に殺して殺して殺しまくる!
派遣されてきたのは[簿記専門学校生]…彼女こそが、最強ゆるふわ殺し屋ガール!
あなたが選ぶ未来の殺し屋 ぷるるん天然娘オーディション開催中!
漫画:浅井蓮次氏のブログ「Ar+」 / Twitter
ゆるふわでバイオレンスなヒロイン、ケイちゃん(20)をよろしくお願いいたします!
ニコニコ静画さんとバイオレンスアクションの企画も始まります!

ゆるかわ殺し屋が撃つ!「バイオレンスアクション」1巻、オーディション企画も
主人公は"日商簿記勉強中の殺し屋少女" かわいい顔して淡々と標的を始末する

【感想リンク】
水商売ですか?いいえ殺し屋です
グロテスクなバイオレンスは これくらいソフトな描写だと読みやすいし本質が迫ってくる
生と死、日常と非日常。二つのコントラストがあまりに鮮烈に描かれている
ゆるふわな女の子が実は凄腕の殺し屋で、でも殺しの前後とかに資格の勉強
気負いもせずに日常生活の延長で仕事をこなしていく人だな。緩く軽い感じがいい
ディテールのリアリティが異様にあるんだよな…
強そうに見えないけどめちゃくちゃ強い、あっけらかんとした女の殺し屋は最高
外連味もパワーワードも最高でしかなく、アウトです
バイオレンスアクション 1巻 感想 - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit