2017年03月14日

バトルメサイア1巻 格闘ゲームが世界的メジャーになった近未来格闘ゲームバトル漫画

原作:さくらいとおる&漫画:吉原基貴「バトルメサイア」1巻 原作:さくらいとおる氏&漫画:吉原基貴氏のコミックス「バトルメサイア」1巻【AA】が13日に発売になった。格闘ゲームが世界的にメジャージャンルになった近未来を舞台にした格闘ゲームバトル漫画で、オビ謳い文句は『思考(ニューロ)の拳で語り合う!近未来の格闘ゲームバトル漫画!』になってた。
-

原作:さくらいとおる氏&漫画:吉原基貴氏の近未来格闘ゲームバトル漫画
「バトルメサイア」1巻【AA】発売

舞台は、格闘ゲームが世界的にメジャージャンルになった近未来
「これがキャラクターセレクト画面!自分の感覚に合うキャラを決めるんだ」

「よーし、いくぞ!」 「FIGHT!!」

「(まずは、真っすぐいって――)」 ザッ
K-BOOKS秋葉原新館
とらのあな秋葉原店A
メロンブックス秋葉原1号店

原作:さくらいとおる氏&漫画:吉原基貴氏が、ファミ通コミッククリアで連載されている、近未来格闘ゲームバトル漫画「バトルメサイア」1巻【AA】が、アキバでは13日に発売になった(公式発売日は15日)。

『バトルメサイア』は、連載開始時のコミックナタリーによると『格闘ゲームで熱い火花を散らすプレイヤーたちの対戦ドラマ。複雑な操作を必要とせず、思考するだけでプレイできる近未来のゲーム"バトルメサイア"に、田舎から来た主人公が挑む』という、格闘ゲームが世界的にメジャージャンルになった近未来を舞台にし、『脳波コントローラー全盛期の現在では骨董品扱いのアーケードコントローラーを得意とする』天使アサヒを主人公にしたお話(登場人物)。

今回発売になったコミックス「バトルメサイア」1巻【AA】には第1話〜第4話と、マンガ世界設定・ゲーム関連用語の用語解説を収録し、裏表紙は『脳内で動きをイメージしただけで操作が可能な、最先端の格闘ゲーム「バトルメサイア」。世界中に普及し、老若男女問わず、遊び、競われる至高のゲームに、アーケードコントローラーで頂点を目指す挑戦者が居た――』で、オビ謳い文句は『思考(ニューロ)の拳で語り合う!近未来の格闘ゲームバトル漫画、始動!』になってた。

今より少し未来のお話。思考のみで自由自在にキャラクターを動かせるゲームコントローラー「ID」(インテリジェントデバイス)を搭載した格闘ゲーム「バトルメサイア」。遊びやすさ、奥深さ、そして競技性を兼ね備えるこのゲームは、国からの支援もあり発売以降、爆発的に普及した。 この近未来のシステムに、己の手で動かすアーケードコントローラーで、世界中のプレイヤーに立ち向かう一人の少年が居た 巻頭のあらすじ

「バトルメサイア」1巻【AA】の連載時の感想には、kuro.さん『アケコンが前時代の遺物と化してる世界で、アケコンで戦う主人公って設定が、格ゲーっていうちょっと入りにくい題材を漫画にうまく落とし込んでる』、音かぜさん『吉原先生の絵は躍動感すごいなぁ。動きを感じる。あと格ゲー愛』、きたみーさん『主人公がわからん殺しされるところ見るの楽しい』などがあり、漫画家:ピアイ才氏は『画面構成すっげーにゃあ…アニメの様な見ごたえある』などをツイートされている

なお、カバー折り返しで、原作:さくらいとおる氏は『アルカナハート開発後、格闘ゲームの開発現場から離れていましたが、まさかマンガ原作として人生2回目のオリジナル格闘ゲームタイトルの開発(?)に携われるとは!夢のようだ!』、漫画:吉原基貴氏は『格闘ゲームをとりまく世界の現在と未来を繋ぐ漫画になれば幸いです。宜しくお願い致します』などを書かれている。

「バトルメサイア」1巻情報 / 原作:さくらいとおる氏 / 漫画:吉原基貴氏

「(運命に導かれた少年が、闘いを挑もうとしていた)」

「みんなのアイドル…ユナ様ァァァー!」 「…どーも」

「私が教えてあげようか?天使アサヒ君」

「格闘ゲームやるならやっぱ
ゲームセンターじゃん!」
「"バトルメサイア"
世界中で一番流行している
対戦格闘ゲームなんだぜ!」
「これが"バトルメサイア"
の世界!?スゲェ…!」
「キミにとても興味が
あってね」
「(強い人と闘うのが
面白い…!)」
「世界大会制覇を目的とした
新たな格闘ゲームの部を
設立するんだ」


【関連記事】
ハイスコアガール7巻 「流石高校生編、エロを醸しだしてきた」 オビにはKOF14
コミックアンソロ 僕らが格闘ゲームに夢中だった頃 「懐かしさで涙がちょちょぎれる!」
突撃となりのプロゲーマー「ガキの頃から好きなことを"本気"でやってきた大人の物語」
内藤泰弘の1995年発売のコミカライズ作品を新装丁で復刻 「サムライスピリッツ」
格ゲーの神に愛された男"梅原大吾"の自伝マンガ 「ウメハラ To live is to game」
格闘ゲームのニュース - アキバBlog

【関連リンク】
エンターブレイン / ファミ通コミッククリア / Twitter
「バトルメサイア」1巻コミックス情報 / 連載ページ
原作:さくらいとおる氏のTwitter
漫画:吉原基貴氏のホームページ / Twitter / Facebook
「バトルメサイア」第一巻は三月十五日発売になります。よろしくお願いいたします
自分の一番の趣味嗜好である、格闘ゲームの世界を舞台にした漫画になります
"思考のみで操作できる"近未来の格ゲーを舞台にした漫画「バトルメサイア」第1巻
吉原基貴が描く近未来の格闘ゲームなど、コミッククリアで新連載(連載開始時)
直感で操作できる近未来の格ゲーを舞台にした「バトルメサイア」(連載開始時)

対戦型格闘ゲーム - Wikipedia
対戦格闘ゲーム関連の生放送やニュース、イベント情報「格ゲーチェッカー」
格闘ゲーム総合サイト「Fighters Front Line」
「バトルメサイヤ」に、ついにアークシステムワークスがデザインしたキャラが登場!
吉原成一氏がデザインした「アダム&イヴ」が紹介されています!
漫画家・西出ケンゴロー氏:プレイアブルキャラのデザインをさせて頂きました

アルカナハートの生みの親・さくらいとおるさん死去 連載中の「バトルメサイア」は継続へ
最先端の格ゲーに、アナログ少年が意外な武器で挑む「バトルメサイア」1巻
作デバイスの操作の違いなど、異常なまでの細かい作りこみ

【連載時感想リンク】
古くてアナログだけどメッチャ強い主人公がカッコイイ
アケコンが前時代の遺物と化してる世界でアケコンで戦う主人公
吉原先生の絵は躍動感すごいなぁ。動きを感じる。あと格ゲー愛
主人公がわからん殺しされるところ見るの楽しい
画面構成すっげーにゃあ…アニメの様な見ごたえある
題材が格ゲーだからその時点で楽しい。唯一のアケコン使いというのも良い
モブにガイル頭のSPいたり、妹の台詞とかスト2ネタがあったw
吉原ウメハラがテライケメンだった
女の子が凄く可愛いし格好良い


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51543215