2017年03月26日

qtμt キューティーミューティー1巻 「可愛い子が酷い目に遭うので辛いです(虚淵玄)」

原作:さやわか、漫画:ふみふみこ「qtμt キューティーミューティー」1巻 原作:さやわか氏&漫画:ふみふみこ氏のコミックス「qtμt キューティーミューティー」1巻【AA】が25日に発売になった。裏表紙は『性と謎に翻弄され、搾取される少女たちのディストピアストーリー』で、オビでの虚淵玄氏コメントは『可愛い子が酷い目に遭うので辛いです』とのこと。
-

コミックス「qtμt キューティーミューティー」1巻【AA】発売
虚淵玄氏コメント 「可愛い子が酷い目に遭うので辛いです」

中学2年生:桃園はな「おばあちゃ〜ん、なんで起こしてくんなかったの〜」

「絶対ニ話スナ」

「警告の手紙を受け取ったろう?彼女たちは秘密を漏らす者を速やかに葬り去る。
それが闇の郵便配達組織"トリステロ"」
メロンブックス秋葉原1号店
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
アニメイト秋葉原

原作:さやわか氏&漫画:ふみふみこ氏が、ビッグガンガンで連載されているコミックス「qtμt キューティーミューティー」1巻【AA】が25日に発売になった。

『qtμt キューティーミューティー』は、コミックナタリーによると『中学2年生の少女たちを中心に、彼女たちの一見平和な日常の裏側にある闇と、差出人不明の手紙の謎を描く"日常系ディストピアストーリー"』で、作品情報は『少女は、恋も知らない。真実を知らない。嘘を知らない。すぐ近くに居る、彼らのことも』、『少女たちの日常系ディストピアストーリー』になってる。

今回発売になった「qtμt キューティーミューティー」1巻【AA】のオビは、虚淵玄氏&岡田麿里氏コメントで、虚淵玄氏『可愛い子が酷い目に遭うので辛いです』、岡田麿里氏『「おいこれ、初めて見たぞ」となる作品です』になっていて、裏表紙は『これは、性と謎に翻弄され、搾取される少女たちのディストピアストーリー』・『嘘だらけの日常。奪うもの、奪われるもの。少女たちはまだ、何も知らない』になってた。

中学二年生のはな、四葉、小栗、穂紀香は仲良し4人組。この日常は平和で朗らか、そう思っていたのは、はなだけだった。ある日、はなの元に差出人不明の手紙が届く。歪んでいた日常は、形を変えて壊れてゆき、少女たちの性は、より大きな暴力に穢されていく―― コミックス情報

なお、「qtμt キューティーミューティー」1巻【AA】の感想には、とも♂さん『ふみふみこさんの可愛い作画とは裏腹に女の子が酷い目にあったり、エッチな描写があったりドキドキハラハラでした(*゚∀゚*) ラストのシーンは衝撃的過ぎて放心状態に』、井戸さん(ネタバレ)『マッハの鬱展開にワクワクが止まらない』、しんさん『ゆるふわほのぼの日常コメディ風で始まってから、最後までの落差がナガシマスパーランドのスチールドラゴンぐらいあった』などがある。

「qtμt キューティーミューティー」1巻コミックス情報 / 作品情報(試し読みあり)

鈴森四葉 中学2年生・はなの親友。引きこもりの兄に毎日犯される
「ご、ごめんなさ…っ、あっ」

成留小栗 中学2年生・アイドル活動中「…な…なんか、変なかん…」

掛神穂紀香 中学2年生・生徒会書記長「もっと丁寧に舌を使いなさい。
ああ気持ち悪い、いやらしいどうしようもない養豚のくせに」

「ああ四葉、
今日の挨拶がまだだろ」
「今日も四葉の身体の
具合をみてください」
「もうほっときゃ
いいのに」
「じ……っ」
びくびくんっ
「情報漏洩者を
目視にて確認」
「残念な報せがある。
"貴様らはここで死ぬ"」


【関連記事】
画像:「GAMERS HIGH!」より 「僕たちのゲーム史」著者:さやわか氏インタビュー

画像:「シガレットアンソロジー」 ふみふみこ氏「金色の飴 星の煙」
画像:「まどか☆マギカ アンソロジー」4巻 ふみふみこ氏「apple in the bottle」
女の穴 「女は不思議で、怖ろしくて、いやらしくて、そして愛おしい……」

【関連リンク】
SQUARE ENIX / ビッグガンガン / Twitter
「qtμt キューティーミューティー」1巻コミックス情報 / 作品情報(試し読みあり)
原作:さやわか氏のブログ / Twitter
漫画:ふみふみこ氏のTwitter / pixiv
qtμtキューティーミューティー第一話(pixiv)
さやわか - Wikipedia
ふみふみこ - Wikipedia
岡田麿里、虚淵玄も推薦!さやわか×ふみふみこが中2の少女たち描く「qtμt」1巻

【感想リンク】(ネタバレ注意)
マッハの鬱展開にワクワクが止まらない
ふみふみこ先生の構成力と画力にひたすら感嘆
ラストのシーンは衝撃的過ぎて放心状態に
生々しいテーマとポップな意匠の取り合わせが幾原邦彦っぽい。早く2巻が読みたい
待っていたのはまるで真逆の社会の闇を描いた狂気の物語 / ディープな展開の連続
思った以上に壮絶というか絶望感しかなくて自分の好きなやつだった…
おいこれ、初めて見たぞってなったし最後が衝撃ありすぎて色々のみこめない!
一番怖いのは人間ですね…
優しくつつまれているけど、とんでもない。鈍器だ
絵柄がふんわり柔らかいタッチなので、その酷さや闇が際立ってて…
こういう救われないお話は好きではないが、大好きだ


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit