2017年04月05日

食用児生育所からの脱獄 約束のネバーランド3巻 「加速する謎と絶望――!」

原作:白井カイウ、作画:出水ぽすか「約束のネバーランド」3巻 食用児生育所を舞台にした、原作:白井カイウ氏&作画:出水ぽすか氏のコミックス「約束のネバーランド」3巻【AA】が4日に発売になった。裏表紙は『永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ!衝撃の脱獄ファンタジー!』で、オビは『累計50万部突破!加速する謎と絶望――脱獄、最終局面へ!』になってた。
-


原作:白井カイウ氏&作画:出水ぽすか氏の「約束のネバーランド」3巻【AA】発売
「累計50万部突破!加速する謎と絶望――脱獄、最終局面へ!」

「これは"外"から鬼や大人に隠して食用児(オレたち)に向けたメッセージ。
それはまず信じていいと思う」

「敵の目的はわかっている」「信用させて"証拠"を掴みたい」

「今ここでは、ただの飼育監と食用児」
メロンブックス秋葉原1号店
とらのあな秋葉原店A
K-BOOKS秋葉原新館

食用児生育所を舞台にした、原作:白井カイウ氏&作画:出水ぽすか氏が、週刊少年ジャンプで連載されているコミックス「約束のネバーランド」3巻【AA】が4日に発売になった。

『約束のネバーランド』は、1巻発売時のコミックナタリーによると『外の世界から断絶された孤児院で暮らす、エマ、ノーマン、レイの少年少女3人を中心に描く脱獄ファンタジー』という、孤児院で暮らしている少年少女が、自分たちが怪物の食料として育てられていたことを知り、孤児院から脱獄しようとするお話(これまでのあらすじ)。

今回発売になった「約束のネバーランド」3巻【AA】のオビ謳い文句は『累計50万部突破!大ヒット御礼! 加速する謎と絶望――脱獄、最終局面へ!』、新刊折込は『ドンとギルダが見つけた"秘密の部屋"の正体は!?』で、コミックス3巻には第17話「秘密の部屋とW・ミネルヴァ(2)」〜第25話「下見(2)」を収録(もくじ)し、とら秋葉原店AのPOPは『開かれ明かされる農園の秘密――。その脱獄計画の行方は思わぬ助っ人で激変!!』が付いてた。

ドンとギルダの心に生じたエマ達への疑念。刻一刻と着実に迫りくるクローネ。ついに動き出すママ・イザベラ。脱獄を前にエマ達を取り巻く状況は一変し!? 永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ!衝撃の脱獄ファンタジー!! 裏表紙

なお、コミックス「約束のネバーランド」3巻【AA】の感想には、[にき]さん『先が読めない。凄く面白い。先が読めないお話っていいね』、ゆうこさん『シスターになるにもママになるにも常に死が隣り合わせ。まだ塀の外の世界が少しも見えてこないのがワクワクを増幅させるね』、翠れんさん『常にこの先どう展開してくか全然分からないのと頭脳戦なのがなんとなくデスノに近いというか…。ホントに最近久々に面白いなぁー、と思ったマンガ』などがある。

「約束のネバーランド」3巻コミックス情報(試し読みあり) / 作品情報

「"食用児に宛てた
伝言とは限らない"?」
「ママがずっと
嘘をついていたんだ」
「あなたが私達を
裏切らない保証は?」
「だからこそ諦めてほしくて
ここへ来たのよ」
「わかったよママ…
もういい子は辞める」
「そうよ、私は
あくまで"制御"する」


【関連記事】
約束のネバーランド2巻 「絶望に立ち向かえ!衝撃の脱獄ファンタジー!」
約束のネバーランド1巻 「衝撃の脱獄ファンタジー!」 「ここは農園。私たちは食糧」
[画像]:「イラストレーションアーティスト150」 出水ぽすか氏のイラスト

食戟のソーマ23巻 「三次試験の結果は意外な大波乱!」
石山諒 / 歪のアマルガム1巻 「歪な運命に抗え――。少年ジャンプ×ダークバトル!」
ゆらぎ荘の幽奈さん4巻 「友情・努力・肌色♥ ※健全な少年マンガです」
ニセコイ最終巻 「感情込み上げていく恋の行方…涙&涙の終幕!」
連載40周年「こち亀」最終200巻発売。アニメイト秋葉原では全200巻シリーズ平積み
暗殺教室最終21巻 「3年E組の卒業とこれから――。番外編4編を収録し、堂々完結!」
僕のヒーローアカデミア9巻 「熱い!戦闘はもう面白いとかじゃなくて、ひたすら熱い!」
週刊少年ジャンプのニュース - アキバBlog

【関連リンク】
集英社 / 週刊少年ジャンプ / Twitter
「約束のネバーランド」3巻コミックス情報(試し読みあり) / 作品情報
作画:出水ぽすか氏のホームページ / Twitter / pixiv
約束のネバーランド - Wikipedia

【感想リンク】
「約束のネバーランド」第3巻 見えた希望と、迫る絶望
先が読めない。凄く面白い。先が読めないお話っていいね
読了したけどもう続き気になって仕方ない
シスター、ウザいキャラだったけど、この漫画の中で一番人間らしい気がする
常にこの先どう展開してくか全然分からないのと頭脳戦なのがなんとなくデスノに近い
心理戦もたまりません。心情説明がなかったら絶対分からない思考勝負
まだ塀の外の世界が少しも見えてこないのがワクワクを増幅させるね
なかなか展開が進まないもどかしさもある……
約束のネバーランド 3巻 感想 - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51544468