2017年04月08日

荒ぶる季節の乙女どもよ1巻 「セックス。その一言から彼女たちは“性”に振り回される」

岡田麿里&絵本奈央「荒ぶる季節の乙女どもよ。」1巻 原作:岡田麿里氏&漫画:絵本奈央氏のコミックス「荒ぶる季節の乙女どもよ。」1巻【AA】が7日に発売になり、裏表紙は『和紗たちは文芸部に所属する女子5人。「死ぬ前にしたいこと」という話題で沸いたある日、「セックス」の一言…。その瞬間から、彼女たちは“性”に振り回され始める』などなど。
-

コミックス「荒ぶる季節の乙女どもよ。」1巻【AA】発売
原作:岡田麿里氏&漫画:絵本奈央氏

「私達は、文芸部です」

「あ、“死ぬ前にしたいこと”系かあ」

文芸部員の美少女・菅原新菜 「……セックスです」
K-BOOKS秋葉原新館
とらのあな秋葉原店A
アニメイト秋葉原

原作:岡田麿里氏&漫画:絵本奈央氏が、別冊少年マガジンで連載されているコミックス「荒ぶる季節の乙女どもよ。」1巻【AA】が7日に発売になった。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』は、公式Twitterによると『「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の岡田麿里先生と、「それでも僕は君が好き」の絵本奈央先生のタッグで贈る』作品で、コミックナタリーの紹介では『文芸部に所属する、5人の女子高生たちの青春群像劇。性の悩みに揺れ動く乙女たちの恋と成長を描いている』というお話(キャラ紹介)。

今回発売になった「荒ぶる季節の乙女どもよ。」1巻【AA】には、第1話〜4話を収録し、オビ謳い文句は『あなたの“はじめて”をわたしにください――』で、裏表紙は『私達は、文芸部です。大人の階段て、どこ…』、『和紗たちは文芸部に所属する女子5人。部が「死ぬ前にしたいこと」という話題で沸いたある日、部員の一人が投じた「セックス」の一言……。その瞬間から、彼女たちは“性”に振り回され始める』だった。

どうしてみんな、『あれ』を知ろうとするの?考えたくない、振り回されたくない。でも、自分だけ置いていかれるのも嫌で……。ねえ、みんなで手を繋いで、誰も一歩を踏み出さないで、『あれ』を知らないまんまで終われたらいいのに…。 カバー折り返し

なお、コミックス「荒ぶる季節の乙女どもよ。」1巻【AA】の感想には、ときわ書房本店Twitterの『「性」に翻弄されながら、やがて各々の形でそれに向き合っていく面白い展開です。面倒な子達なればこそ、読み応えあります』や、トラシショウ。さん『実に少年漫画誌らしからぬ、ヤケに生々しい少女達と性についての物語』、tbanさん『濃いなあ、この文芸部。キャラ配分もかなり バランスよく、いかにもな部員がそろっています。 今の世の中、腐女子ではないサブカル的な 娘たちのコメディは貴重』などがある。

「荒ぶる季節の乙女どもよ。」1巻コミックス情報 / 作品情報(試し読みあり)

「はか【破瓜】女子が初めての性行為を体験し、処女膜を破損すること
あるいは処女喪失の文学的表現」

「あなた達…学校に何をしに来てるの?交尾してくれる種馬探し!?」

「あの“セックス”の一言は…私達をなんとなく動かしたのです」

「(性描写も…人間を語る上では重要って思うんだけど…)」
幼なじみのオ◯ニーを目撃
「(…セ セックスっていうのはアレをアレにアレして…)」
「男は相手の性格すらも外見から判断する生き物だから」
「(この――
性的愚者どもめ!!)」
「私 い 泉の…こと…
泉が…好き」


【関連記事】
コミック版 心が叫びたがってるんだ4巻 「皆の想いが溢れ出す、感動の最終巻!」
迷家〜ツミトバツ〜1巻 「サスペンスアニメを大胆コミカライズ!疑念渦巻く恐怖の村」
小説版 あの花 上巻 「脚本家・岡田麿里みずから小説化!」
コミックス あの花最終3巻 「泣いた。これほど恵まれたコミカライズは他にない」
コミックス 花咲くいろは2巻 「なこ・みんち・緒花の水着シーンあるで!!」
岡田麿里のニュース - アキバBlog

それでも僕は君が好き最終7巻 「最大のドロ沼!青年の遍歴の結末は!?」
台湾小説が原作 それでも僕は君が好き4巻 「主人公の未練たらしさがすげぇ」
それでも僕は君が好き3巻 「読んでて高鳴るドキドキが止まらない!」
それでも僕は君が好き2巻 「最大の恋の転機!複雑なモテ期の幕開け…!?」
それでも僕は君が好き1巻 「最後は泣くと知ってたら恋なんてしなかった」
絵本奈央のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
講談社 / 別冊少年マガジン / Twitter
「荒ぶる季節の乙女どもよ。」1巻コミックス情報 / 作品情報(試し読みあり) / Twitter
「荒ぶる季節の乙女どもよ。」Twitterプレゼントキャンペーン
「あの花」の岡田麿里が原作、性に悩む乙女を描く群像劇1巻発売
“性”に振り回される乙女たちの物語、別マガで開幕(連載開始時)
岡田麿里原作のマンガ 「別冊少年マガジン」で連載へ(連載開始時)
面白い展開です。面倒な子達なればこそ、読み応えあります

【感想リンク】
「荒ぶる季節の乙女どもよ。」思春期の性の悩みに揺れる少年少女たち
性にふりまわされる女子高校生。お母さんは処女じゃないんだなあ
表紙とタイトルに惹かれて購入した漫画がとてつもなくおもしろかった
めちゃくちゃ面白かった。これは絵、内容ともに良い漫画作品だー
最高オブ最高でした…… ストーリーも面白くとにかく続きが気になる…
荒ぶる季節の乙女どもよ。 1巻 - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51544664