2017年04月09日

宇宙戦艦ティラミス3巻 「コックピット依存症。しびれる味わい!ロボットSFギャグ!」

原作:宮川サトシ&作画:伊藤亰「宇宙戦艦ティラミス」3巻 原作:宮川サトシ氏&作画:伊藤亰氏のコミックス「宇宙戦艦ティラミス」3巻【AA】が8日に発売になった。地球連邦のエースパイロットを中心にしたお話(登場人物)で、3巻の折込チラシは『しびれる味わい!ロボットSFギャグ!コックピット依存症の禁断症状が出たスバルの向かった先は!?』になってた。
-

原作:宮川サトシ氏&作画:伊藤亰氏「宇宙戦艦ティラミス」3巻【AA】発売
「バカ兄弟の父、襲来。"お父さんは一番左の女がええわ"」

「(スバルは重度のコックピット依存症だ…その禁断症状が出ている)」

コックピット依存症なので、電動マッサージ器でコクピット感
「スバル!スバ… (こいつ…マジか…)」 ゴウンゴウン

「確かにここの味集中カウンターは、コックピット感あると思ったことあるけど!」
K-BOOKS秋葉原新館
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
COMIC ZIN秋葉原店

原作:宮川サトシ氏&作画:伊藤亰氏が、WEBコミックサイト"くらげバンチ"で連載されているコミックス「宇宙戦艦ティラミス」3巻【AA】が、8日に発売になった。

『宇宙戦艦ティラミス』は、1巻発売時のコミックナタリーによると『主人公スバル・イチノセは、宇宙戦艦ティラミスの若きエースパイロット。いつも専用機・デュランダルのコックピットに引きこもってばかりいた。そんなスバルがコックピット飯を敢行したり、女性の乗っていた機体の匂いを嗅いだりと、卑近な悩みに一喜一憂する姿を描いていく』という、地球連邦のエースパイロット・スバルや、地球連邦の敵対組織"メトゥスの民"に所属するスバルの兄・イスズらが登場するお話(登場人物)。

今回発売になったコミックス「宇宙戦艦ティラミス」3巻【AA】には第24話〜第35話を収録し、裏表紙は『地球の平和を守る戦士達もまた、ひとりの人間である』で、折込チラシは『しびれる味わい!ロボットSFギャグ!!』、『大気圏突入の衝撃で、デュランダルが壊れてしまう。ショックのあまりコックピット依存症の禁断症状が出てしまった、スバルの向かった先は――!?残念なイチノセ家の男性陣が勢揃いの「地球編」突入!』になってた。

宇宙暦0157年、スバルとイスズ、アシストボットのパッカーは、地球に不時着する。大気圏に突入した時の衝撃で、スバル専用の最新汎用人型兵器・デュランダルは壊れてしまう。愛機を失ってしまったショックで、スバルにコックピット依存症の禁断症状があらわれる。心を落ちつけるために、彼が地球で一番最初に向かった場所は――!?そしてイチノセ兄弟は、地球で機動兵器を開発している父との再会を果たす コミックス情報

なお、「宇宙戦艦ティラミス」3巻【AA】の感想には、札樹寛人さん『ガンダム的な設定の中に、日常あるあるを高い画力でねじ込んで来るのがすげえツボw』、バナさん『この父ありて…!兄弟のおバカが加速する!?』、杉宮加奈さん『ニヤニヤしながら楽しんでたカバー下、今巻爆笑しましたwwwお父さーん!』などがある。

「宇宙戦艦ティラミス」3巻情報 / 原作:宮川サトシ氏 / 作画:伊藤亰氏

「リージュ中尉(女性)と合体・・・?」
(宇宙に戻ったスバルは"合体"という言葉を、急に意識し始めてしまった)

リージュ中尉と合体後
「(この人…めちゃくちゃリクライニング倒してくる人だッ!)」

「(なに考えてんだこの人ッ…!乳輪が見えそうじゃないかッ!)」

「この総司令部…
お土産売り場があるよ…」
「バカな…」
「こうして見ると、大きく
なったものだな…二人とも」
「(スバルとイスズの父は
変なタイミングで登録完了
メールを受け取っていた)」
「まだ…まだ飲みかけの
味噌汁があるんだッ!」
「生協の人までもが…
ユニヴァース感覚ってる!」
「スバルは間違いなく
ネオユニヴァース感覚者」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit