2017年04月17日

【コラム】 衝撃的な異世界を描く、「異世界監獄√楽園化計画」 大解剖!

縹けいか 「異世界監獄√楽園化計画―絶対無罪で指名手配犯の俺と<属性:人食い>のハンニバルガール― 集英社ダッシュエックス文庫のいっしーです。ラストまで息を呑む展開で多くのプレイヤーから圧倒的支持を得ている「ファタモルガーナの館」縹けいか先生が描く異世界ものとは…!? イラストにMika Pikazo先生を迎え、衝撃的な異世界を描く、4月25日発売の新作 「異世界監獄√楽園化計画」を大解剖!
-

■4月25日発売
ダッシュエックス文庫新作「異世界監獄√楽園化計画」

なんと!本作は『ダンガンロンパ』シリーズの企画・シナリオの小高和剛氏より推薦文をいただきました!「こんなの見た事がない!」というありがたい悲鳴動揺が…!一体なぜそんなに動揺したのか……文庫巻末にはその真相について触れたコメントが掲載されていますので、最後の一文まで緊張が終わらない!

続けて、サクッと縹けいか先生自作PVをご覧ください!!これを見てしまえば、あらすじと登場キャラクターがするすると頭の中に入ってきます!BGMが異様に耳に残ります……。

そして縹先生、発売前からエッジの効いたコメント連発!

最後まで涙あり、笑いあり、ミステリあり、SFあり、どんでん返しありで「こんなの俺が知ってる異世界じゃない!」こと請け合いの新作です!

◆あらすじ◆
「ここにいるってことは、きみも犯罪者でしょ?」
全ての記憶を失くした俺をトウと名づけた〈属性:人食い〉の美少女・ナギサは小首を傾げ微笑みながらそう言った。ここは異世界監獄サクラリメス。囚人となった俺は、自分の性格と適合した偉人・大罪人の魂を憑依させる「異能力アニマウェア」のジャッジにより《史上最悪の指名手配犯》であることが発覚する。

――記憶がないけど何かの間違いだ。本当に悪人だったら罪を償う……けど、俺は自分の正義を信じたい!

その日から無実を証明するための"自分探し"を始めた俺だったが、解剖大好きな天才少年医師(無免許)、友達の少ない武士道を貫く美少年、うゆゆーではわわーな鍵開けの天才少女、監獄を正しい道に導くわがままOPPAIな聖女のサイコでクレイジーな仲間たちと過ごす中で、この監獄が彼らにとって楽園なのだと知る。その裏で突如監獄の運営が終了してしまう。そして合法ロリの功刀奏による異世界全種族奴隷化計画が始動。その時俺がとって行動とは――!?
獄中で囚人たちが自由(フリーダム)に正義を貫く監獄ファンタジー!

■ここでキャラクター紹介

イラストはMika Pikazo先生!口絵は「牢獄の鉄格子でポールダンス」というイメージで仕上げていただきました!

右からトウ、ナギサ、山田

右から パーシェンカ、さだめ、ロラ、奏

ここから、本編の一部を挿絵付きで公開!!

なにやら不穏な冒頭。「暴力」「脱獄」「人体を弄び」「悪食」、一体これらは誰の罪……?

目覚めると、すべての記憶を失っていたトウ。闘技場で目覚めた彼はトカゲ男と戦う猫耳レオタード姿の「ナギサ」という少女と出会う。どうやらここは異世界の監獄サクラリメスと呼ばれる場所らしい。

闘技場で可憐に舞う少女ナギサ。トウは彼女を知っている気がして……

しかし突如、ナギサが連れている"生きた鉄球ハニくん"に食べられてしまうトウ。「死んだ!」と思いきや、目を覚ますとエドゥアール・ラ・トゥール(本名:山田五郎)【※注釈:本名で呼ばれることを嫌うが、みんなが本名で呼ぶので嘆いている】と名乗る無免許天才医師の少年が現れる。どうやら自分はハニくんに食べられて全身ばらばらになったところを助けてくれたらしい。でも、どうやって……?すると山田は指をパチンと鳴らしアニマウェアと呼ばれる異能力を披露した。

「――アニマウェア《エド・ゲイン》」

メスにハサミ、注射器などが宙を舞い、やがて自分の足にそれらを向けさせ……スパッと足を一刀両断!!!しかしすさまじい勢いでその足を修復し元に戻すという能力をトウにみせつけたのだ。

異能力「アニマウェア」

人間の人間による人間のためだけの異能力。

この監獄では闘技場で囚人たちの戦いを見世物にしているため、人間の囚人に限り異世界の住人(トカゲ男や兎男など)たちと対等に渡り合うための「アニマウェア」という能力が与えられるのだった。アニマウェアの素は偉人・大罪人の魂であり、その魂と近い人間性をもつ者と適合する。ちなみに山田のアニマウェアは二十一世紀のアメリカに存在した有名な殺人鬼「エド・ゲイン」の魂を宿している。ナギサは「ハンニバル・レクター」(?)の魂を宿しているらしい。なにかとトウのことを(物理的に)食べたがるガールだったがその理由も能力のせいらしい。

では、トウは……?そんな時、丁度監獄の看守(合法ロリ!)の功刀奏が登場し、トウの新規囚人登録と共にアニマウェアの適性も審査しようと「キューブ」がある部屋へと移動することとなった。

緊張感あるシーンの合間にもこんな場面があったり…

いよいよ「キューブ」とご対面。

囚人のアニマウェアの適性を審査する「キューブ」と呼ばれる物体

キューブが告げたのは

【囚人番号999 史上最悪の 指名手配犯】

つまり――トウは過去に指名手配犯にされるほどの大罪を犯した人間であると……。その事実を受け入れられないトウはその場から逃げ出すのだった。

逃げ出したトウはパーシェンカと呼ばれる少女と、さだめと呼ばれる美少年二人の喧嘩の仲裁に入るが、パーシェンカに脱獄王のアニマウェアを使われ逃げられてしまう。

「――アニマウェア《ジャック・シェパード》」

その後、空腹で倒れたトウはさだめに助けられ、ロラという少女を紹介される。彼女は監獄を正しい道に導こうとするわがままOPPAIな聖女であった。

左が聖女「ジャンヌ・ダルク」のアニマウェアをもつロラ・バスティーユ
右が「宮本武蔵」のアニマウェアをもつ立華さだめ

ナギサとさだめの間には深い溝があって憎み合っていたり、実はさだめは〇〇〇であったりと、恋愛ゲームさながらのトラブルに巻き込まれながら、異世界監獄で囚人生活を送るトウ。トウは彼らがなんらかの罪を背負っていることに恐ろしさを感じつつも、「罪」を通して彼らの善悪を判断することをやめた。そしてナギサや山田たちにとってこの監獄が楽園であることを知り、自分だけは彼らを信じ共に生きていこうと決意した。

しかし、突如監獄の運営が終了してしまい、功刀奏による異世界全種族奴隷化計画が始動――。

ツンが極まっていたはずの合法ロリ・功刀奏はなぜ泣いているのか……!?

異世界監獄に危機が訪れた時、トウがとった行動とは!?

■Mika Pikazo先生による描き下ろし書店購入特典!

Mika Pikazo先生描き下ろしイラスト初公開!!推しの子がいましたら各書店様でご購入をお願いいたします!!今回は水着姿のキャラクターたちの肌感などを魅力的に描いてくださりました!

メロンブックス様はナギサ!特典イラストを使用したブックカバーを予定!

ゲーマーズ様はさだめ!彼だけなぜ水着姿を見せないのか……

とらのあな様はパーシェンカ!まさかのスク水!!

ダッシュエックス文庫「異世界監獄√楽園化計画」
4月25日発売です、お楽しみに〜!
著:縹けいか イラスト:Mika Pikazo

特典イラストの詳細などは編集部ツイッターにて!

ダッシュエックス文庫:いっしー


この記事はコラム カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51545176