2017年04月20日

あの日のエロ本自販機探訪記 全国版 「日本ほぼすべてのエロ本自販機を撮影!」

黒沢哲哉 「全国版 あの日のエロ本自販機探訪記」黒沢哲哉氏「全国版 あの日のエロ本自販機探訪記」【AA】が19日に発売になった。日本各地の“エロ本自販機”の現地写真&コメント付きの紹介と、エロ本自販機の歴史、業者さんインタビューなどを収録し、オビは『これが、俺たちの原風景』、『日本全土ほぼすべてのエロ本自販機を撮影!』だった。
-

黒沢哲哉氏 「全国版 あの日のエロ本自販機探訪記」【AA】発売
「日本全土ほぼすべてのエロ本自販機を撮影!」

書籍情報「誰も撮影してこなかった忘れ去られたエロ文化遺産をアーカイブ化した
キワモノ写真集」

「エロ本自販機、その歴史 第1章自販機本時代の黎明から没落まで」

熊本県玉名郡南関町、山形県最上郡戸沢村蔵岡
茨城県行方市玉造甲、福岡県行橋市袋迫
メロンブックス秋葉原1号店
COMIC ZIN秋葉原店
裏表紙

黒沢哲哉氏「全国版 あの日のエロ本自販機探訪記」【AA】が、アキバでは19日に発売になった(公式発売日は21日)。

裏表紙は『男ならば誰もが知っているのにも関わらず、その正体はまったく不明な「エロ本自販機」を探し尽くし、撮影しまくった「完全にどうかしてる」作家が放つ、前人未到の探訪記。自販機を基点としたこのルポタージュはエロの歴史と、インターネットの進歩、地方の実情、公権力との攻防や、何より、いつの世も変わらない濃厚な人間模様を内包していた…』で、オビ謳い文句は『もう必要ないかもしれない。もうなくなるかもしれない。でも、これが、俺たちの原風景』、『日本全土ほぼすべてのエロ本自販機を撮影!』だった。

『エロ本自販機』とは、コンビニが広まる以前に、夜でもいつでもエロ本が買えた自動販売機で、エロ自販機で売ってた本はWikipediaによると『1980年代頃まで自動販売機で売られていた。青少年保護育成条例による条例制定によって、販売の規制強化したことにより、自販機本は縮小、衰退の道を辿った。〜おおむねB5版厚さ数ミリ程度のものであり、ヌードグラビアと記事から構成されていた』みたい。

今回発売になった「全国版 あの日のエロ本自販機探訪記」【AA】の書籍情報は『誰も撮影してこなかった忘れ去られたエロ文化遺産をアーカイブ化したキワモノ写真集』、『エロ本自販機の謎とその美しき佇まいに迫る、ノンフィクション&写真集!』になっていて、日本各地のエロ本自販機を、現地の写真&コメント付きで紹介した「全国エロ本自販機探訪」と、エロ本自販機の歴史・探し方・エロ本自販機の業者さんなど関係者インタビューなどを収録(もくじ)してる。ちなみに、カバー下は昭和のエロ本

昭和の街角にあった“エロ本自販機”は、まだあるのか!?日本全国を駆け回るエロ本自販機探しの旅!このネット社会で「誰が自販機を設置し、誰がエロ本を買い、誰がどこで仕入れ、誰が自販機に商品を入れているのか?」 。誰もが見て見ぬフリをし続けたエロ文化遺産をアーカイブ化した写真集。これまでも、これからも決して出版されない書籍の誕生。 オビ謳い文句

なお、「全国版 あの日のエロ本自販機探訪記」【AA】のまえがきで、著者:黒沢哲哉氏は『およそ3年半、あの日のエロ本自販機を追って日本中を走り回った』、『世の中には失って初めてその価値に気付くものがあまりにも多い。だからぼくは消えゆくエロ自販機をカメラに収めることにしたのだ。ここに紹介したエロ自販機は、あなたが訪れた時にはもうそこにないかも知れない。これは遠い日の思い出を記録した心の中のアルバムなのだから』などを書かれている。

「全国版 あの日のエロ本自販機探訪記」書籍情報

高床式DVDビデオグッズ本小屋 大分県臼杵市

北海道・東北のエロ自販機の在り処

元たいやき屋のDVDビデオグッズ本小屋 福岡県糸島市

「ライブ24跡地内 無印自販機小屋 湯沢市下関」
「関東・甲信のエロ自販機の在り処」
「トリコロール自販機小屋
薩摩川内市樋脇町」
「自販機専用エロ本の誕生」
「街道沿いへの転進、
そして復活」
「エロ自販機小屋特有の立地を理解する」
「1980年代の全盛期には、道路に面して堂々と設置」
「全盛期の
自販機本あれこれ」
「"ワイセツ屋"と当局との
攻防を報じた週刊新潮」


【関連記事】
自衛隊架空戦記アンソロジー「自衛隊特殊作戦」 タイムスリップやクーデター
黒沢哲哉のニュース - アキバBlog

日本懐かしお菓子大全 「"昭和お菓子"大集合!おやつの時間を彩ったお菓子たち!」
PCソフト自販機"TAKERU"30周年記念イベント 「最高すぎた。泣きそうになったわ!」
昭和のガチャガチャ本 インチキ・ガチャガチャの真相 -コスモス、その愛-」
塩ビ人形本 SDガンダムガシャポン戦士クロニクル 「カプセルに詰まった夢が蘇る!」
80年代の子どもたちが興奮した"カッコいいもの80's" 「80年代スゲェ!!」

【関連リンク】
双葉社
「全国版 あの日のエロ本自販機探訪記」書籍情報
黒沢哲哉氏のホームページ「深夜通信'17」 / Blog / Twitter
黒沢哲哉 - Wikipedia
編集者:長い目でみれば損はしないし、これは照れ隠しで、クソほどいい本です
自販機本 - Wikipedia
成人本自販機全撤去宣言する自治体続出、消滅した県も

「そういえばどこいった?」―本書を片手に、絶滅寸前の「エロ本自販機」を探してみた!
「エロ本自販機」のトークイベントが大阪で 数年がかりで全国調査したルポの発売記念
エロ本自販機はまだある!? 膨大な写真とインタビューで迫る
男の原風景・あの自販機だけをまとめたスゴイ本が発売に
茂田浩司氏:地図・鉄道好き、昭和ノスタルジー好き、廃墟好きのあなたにぜひ
知人の執念の一冊。交通費全部自腹!


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51545373