2017年04月22日

綿貫ろん初単行本 明日もきっと想うひと 「切ない恋心と、激しく求めあうS◯X♥」

綿貫ろん「明日もきっと想うひと」 綿貫ろん氏の初単行本・大人向けコミックス「明日もきっと想うひと」【AA】が、アキバでは21日に発売になった。 ホットミルク・快楽天ビーストに掲載の計12編を収録し、とらAのPOPは『爽やかな青春から、熱く滾る性と恋のワンシーン♥』、裏表紙は『切ない恋心と、激しく求めあうS◯Xをあなたに♥』になってた。
-

綿貫ろん氏の初単行本・大人向けコミックス「明日もきっと想うひと」【AA】発売
「ゆれる心、感じる肢体…」

「そんなに動いちゃ♥ はっあぁ♥ イっちゃいそう…♥」 パンパン

「んっんッ待って♥ あッ♥ あッ♥ いやッ♥ あッ♥」 ずりゅッずりゅッ

「あっ…♥ いっきそ♥ うん…♥ あっはぁ…♥」 「出すよ、あかり!」

綿貫ろん氏の初単行本・大人向けコミックス「明日もきっと想うひと」【AA】が、アキバでは21日に発売になった。

「明日もきっと想うひと」【AA】には、コミックホットミルク(コアマガジン)掲載の「じぇにたるでびねーしょん」、「ソクラブ」、「トゥー・シーター」、「無造作ピントフォーカス」、「11月11日」と、コミック快楽天ビースト(ワニマガジン)掲載の「雪国LOVER」、「あとだし片思い」、「居残り白書」、「夏までの距離」、「つまゆら」、「演技むすび」、「日陰ぼっこ」の計12編を収録し、巻頭カラーイラストは開脚して股間が液ダクな女の子

販促ポスターは『ファン待望の著者初単行本!!』、オビ謳い文句は『ゆれる心、感じる肢体…』で、コアマガジン編集部のツイートでは『揺れる乙女心、感じて欲しい…♥ ヒロインの"恋心"を繊細に表現したストーリーと、激しく、そして淫らに求め合う濃密なHシーンは、この春イチオシ♥』とのことで、とら秋葉原店AのPOPは『爽やかな青春から、熱く滾る性と恋のワンシーン♥』になってた。

部活の合宿中、羽美は気になる男子・山田を見つめている。しかし、山田は羽美の視線に気づかない。何故なら、彼が見ていたのは…【ソクラブ】他、綿貫ろんが描く、切ない恋心と激しく求めあうS◯Xをあなたに♥
裏表紙

なお、「明日もきっと想うひと」【AA】収録作品『つまゆら』の、雑誌掲載時のgesu1988さんの感想は『ラストで、人妻が浮気相手の主人公の◯子がたっぷり入ったゴムを見つめるシーンが最高』などがあり、作者:綿貫ろん氏は、あとがきで『一度は単行本出せないかもなと思っていたのですが、いろんな人のおかげで、こうして本にしていただくことが出来ました。本当に感謝しています。ありがとうございました!』などを書かれている。

コアマガジン / 綿貫ろん氏のpixiv

「はっ♥ だめいくっ…♥ やっ♥ はぁッ♥」 ビュクッビュクッ

「はぁ♥ あっ♥ あッあ♥ あっん♥」 ズンズッズッ

「あッは♥ はッ♥ ん゛♥ すごっ♥ あッ…♥」 ズッズッズッ

「んっ♥ あっ♥ はぁっ」
パンパンパン
「あッ♥ イクッ♥ あひ♥
んん♥ あぁー♥」
「すっごい締め付けてる」
「いや、先生♥」
「すごく…気持ちいい
絡みついてくるよ!」
「中に♥ ◯子、中に
出していいよ♥」
「あぁ…♥(すっごい
感じちゃってる♥)」


【関連記事】
画像:コミックホットミルク4月号 綿貫ろん 「無造作ピントフォーカス」
快楽天ビースト2014年1月号 「おち○ぽ…おち○ぽがっつりキてるぅ…♥」
画像:快楽天ビースト11月号 綿貫ろん「あとだし片思い」
画像:快楽天ビースト7月号 綿貫ろん「夏までの距離」
画像:快楽天ビースト5月号 綿貫ろん「つまゆら」
綿貫ろんのニュース - アキバBlog

サークル綿貫寝具店 ジバちゃんのナツ 「興奮必至のサマーエロス」
綿貫ろん トラウマセックスクリニック 「女医と看護士、興奮必至!」
綿貫ろん シマウマナルコレプシー 「草食系と無気力さのOLさん。でもセ◯クスは好き」
ハイスコアガール同人誌 「ハイスコアトリップ」 ハルオの妄想セクロスと小春のオ○ニー
サークル綿貫寝具店のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
コアマガジン / コミックホットミルク / 第2編集部公式ブログ / Twitter
揺れる乙女心、感じて欲しい…♥
綿貫ろん氏のpixiv
単行本が出ます。書店特典があるお店もありますよ(pixiv)

とらのあな:綿貫ろん先生の商業誌初単行本発売!限定版をご用意いたしました!
とら秋葉原店C:切ない恋心と、激しく求め合う快感が交錯する、珠玉の作品集!

【雑誌掲載時感想リンク】
(つまゆら)浮気相手の主人公の◯子がたっぷり入ったゴムを見つめるシーンが最高


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit