2017年05月14日

大宮宮美 / つるぎのない 「聖剣が頭に刺さった少女と落ちこぼれ勇者」「抜ける!」

大宮宮美「つるぎのない」 大宮宮美氏(=おーみや氏)のコミックス「つるぎのない」【AA】が13日に発売になった。勇者の落ちこぼれ子孫と、聖剣が頭に刺さってる女の子のお話で、コミックス情報は『ちょいゆるファンタジー!』、オビは『水あさと先生心酔!!「この女の子…(聖剣が)抜ける!」』になってた。
-

大宮宮美氏(=おーみや氏)のコミックス「つるぎのない」【AA】発売
「水あさと先生心酔!!"この女の子…(聖剣が)抜ける!"」

勇者の一族の落ちこぼれ・キッシュが出会った、頭に聖剣が刺さった少女・ロレッタ
「聖剣が!」

「聖剣…だよな?頭に刺さってるの…」 「気のせい…気のせいです…」

「ついに聖剣のもとに辿り着き、そのつるぎを抜いたのでした」 「はずれ」
とらのあな秋葉原店A
特典:4Pリーフレット
ゲーマーズ本店
特典:ブロマイド
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード

大宮宮美氏(=おーみや氏)が月刊コミックガーデンで連載されていたコミックス「つるぎのない」【AA】が13日に発売になった。

大宮宮美氏(=おーみや氏)は、主人公の女の子が100コマ後に爆死する「余命100コマ」がコミティア30thクロニクルにも選出され、天使の3P!スピンオフや、地獄恋すてふも出されている作家さんで、今回発売になった「つるぎのない」【AA】のオビ謳い文句は『"デンキ街の本屋さん"水あさと先生心酔!!「この女の子…(聖剣が)抜ける!」』で、コミックス情報は『聖剣が頭に刺さった少女と落ちこぼれ勇者のちょいゆるファンタジー!』になってる。

とある時代のとある国――この国には聖剣を引き抜くことができる選ばれし「勇者の子孫」が暮らしていた。その一族の落ちこぼれ・キッシュの前に、聖剣が頭に刺さった謎の少女・ロレッタが現れて…。ふたりの出逢いが伝説の幕を上げる…のか!? 裏表紙

なお、コミックス「つるぎのない」【AA】の感想には、ゆうだいさん『ゆるーいギャグのノリは相変わらず、ちょっぴりシリアスも挟みながらゆるりと楽しめるファンタジーでした。すべては著者近影の縦書きに収斂していく』、雪狸さん『ロレッタちゃん可愛かった…あと私は木の精のファンです』、E.M.D.2ndさん『王道展開で、最後はもちろん!!な話なので安心して読むことが出来るのは良いですね』などがある。

「つるぎのない」コミックス情報 / 作品情報(試し読みあり)

「聖剣ははずれでしたが、キッシュ様は私にとっての勇者様です!」

「これを使いましょう!!」「なっ、でもロレッタ!お前それを抜かれたら…」
「大丈夫です!キッシュ様は"はずれ"なんで!」

「下着ドロボー!!」

「キッシュ!
おいキッシュー!」
「聖剣抜かれちゃった…
私もう死ぬんだぁー」
「泣いてる女の子ひとりの
頼みも聞けないのは
"勇者"なんかじゃないよな」
「剣のないキッシュ様の
代わりの剣としてこれから
よろしくお願いします」
「(パンツはいてないのが
気になって
話に集中できない…)」
「(キッシュ様…私…
どうなっちゃうの?)」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51546741