2017年05月19日

tMnR / たとえとどかぬ糸だとしても1巻 「私が恋をしたのは、兄のお嫁さんでした」

tMnR「たとえとどかぬ糸だとしても」1巻 tMnR氏のコミックス「たとえとどかぬ糸だとしても」1巻【AA】が18日に発売になった。女子高生が兄嫁に恋しているお話で、裏表紙は『これはきっと諦めなければいけない恋。でもそれでも、と私の心が叫びだす』で、オビは『私が恋をしたのは、兄のお嫁さんでした。これは決して報われない恋を見守る物語』。
-

tMnR氏のコミックス「たとえとどかぬ糸だとしても」1巻【AA】発売
「私が恋をしたのは、兄のお嫁さんでした。これは決して報われない恋を見守る物語」

「私の初恋の始まりは、好きな人が手の届かない存在になった瞬間でした」

主人公の女子高生:鳴瀬ウタ(左)と、兄ヨメの薫留(右)
「不満とか悩みがあれば、溜め込まないでなんでも相談してね」

「(抜けてるくせに鋭いんだよなぁ−
あなたが好きですといっても、相談にのってくれますか?)」
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:4Pリーフレット

tMnR氏がコミック百合姫で連載されている、女子高生が兄嫁に恋をしているコミックス「たとえとどかぬ糸だとしても」1巻【AA】が、18日に発売になった。

今回発売になった「たとえとどかぬ糸だとしても」1巻【AA】は、オビ謳い文句が『私が恋をしたのは、兄のお嫁さんでした。これは決して報われない恋を見守る物語』で、コミックス1巻には第1話〜第5話を収録し、裏表紙は『これはきっと 諦めなければいけない恋。でも それでも、と 私の心が叫びだす』になってた。

発売日のアキバでは、とら秋葉原店Aとゲーマーズ本店では複製原画を展示、メロン秋葉原1号店ではtMnR氏のサイン色紙を売り場に展開し、とら秋葉原店AのPOPは『少女の心が揺れ動く、近いけど言えない、知りたくないし叶わない、秘密の恋物語開幕!』が付いてた。

ごくごく平凡な高校生、鳴瀬ウタには、人には言えない秘密があった。それは、実の兄のお嫁さんである薫留(かおる)に恋をしていること。決して実らない恋だけど、日々の営みが嬉しくて、その一方で兄との新婚生活を見ていると胸が張り裂けそうで…彼女は心を押し殺す。そっと心に秘めた恋心が、目を覚まさないように―― コミックス情報

コミックス「たとえとどかぬ糸だとしても」1巻【AA】の感想には、零さん『これはまた素晴らしい百合漫画が彗星のごとく現れたなあ。障壁のある百合っていうのはやはり萌えを激しく呼び起こしてくれる』、あトゥしさん『めちゃくちゃ面白かった。こういうタイプの百合漫画が久しぶりに読めて本当に生き返った』、かみやん/Solanさん『胸が苦しいぐらいの切なさが良い』などがある。

なお、作者のtMnR氏は、あとがきで『この作品で商業デビューだったり初単行本だったりと、初めてのことづくしでアワアワしております…。ゆる〜〜い作者とは正反対にシリアスな「とど糸」ですが、これからも応援して頂けたらうれしーです』などを書かれている。

「たとえとどかぬ糸だとしても」1巻コミックス情報 / tMnR氏のTwitter

「幼馴染みのおねーちゃんで
昔から大好きな人でした」
「いくつになっても
ワクワクするもんだねー」
「(こんなに嬉しいことが、
こんな痛みを生むのなら)」
「(あ…れ、
なんだろうこの感じ)」
「(決定的に手の届かない
存在になってしまう未来が、
こわいのかな)」
「(一瞬だけでいい、
前を向く勇気が出るなら、
理由はなんでもよかった)」


【関連記事】
いつかみのれば1巻 「ガール・ミーツ・格ゲー。少女たちが織りなす青春格ゲー物語!」
みみみっくす!1巻 「JK3人による放課後つけ耳コメディ♪かわいさマシマシ進行中!」
立花館To Lieあんぐる4巻 「眼福とハプニングが止まらない。温泉&Wなデート!!」
竹嶋えく初単行本 晴れの国のあっぱれ団 「岡山のかわいいやつら、ここにいます!」
こるり / 桃色トランス最終2巻 「可愛い女の子のスキンシップ最高です」
山田あこ / ちょこメイト 「毒舌メイドと天然メイド、2人はお嬢様のことが大好き!」
課金済ガールフレンド 「ちょっとアブナイ女の子がアイを表現する短編集」
コミック百合姫のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
一迅社 / コミック百合姫 / 編集長Twitter / 副編集長Twitter
「たとえとどかぬ糸だとしても」1巻コミックス情報
tMnR氏のTwitter / pixiv
各書店特典はたくさん描きましたので画像を参考にお買い求め下さいー!
恋した相手は、兄の花嫁でした『たとえとどかぬ糸だとしても』第1巻発売

【感想リンク】
切なさ乱れ撃ちな作品です!ちょっとしんみりしたいときはいいかもしれません
こういうタイプの百合漫画が久しぶりに読めて本当に生き返った
もっと読みたいもっと読みたい!ウタちゃんすごくせつない
単行本で一気に読むとまたくるなこれ
胸が苦しいぐらいの切なさが良い
これはまた素晴らしい百合漫画が彗星のごとく現れたなあ
1巻から切ない展開で続きが気になる
たとえとどかぬ糸だとしても1 感想 - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit
トラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/geek/51547005