2017年06月07日

一夫多妻マンガ ハレ婚12巻 「マンネリ注意!夫婦には時々"刺激"が必要なんです」

NON「ハレ婚。」12巻 NON氏の一夫多妻マンガ「ハレ婚。」12巻【AA】が6日に発売になった。とら秋葉原店AのPOPは『小春のアルバイト仲間な女子高生の一途な恋物語―。見届けたオトナサイドも欲しくなる!?刺激的からの新展開!』で、裏表紙は『マンネリ注意!夫婦には時々"刺激"が必要なんです』で、嫁中射しもしてる
-

NON氏の一夫多妻マンガ「ハレ婚。」12巻【AA】発売
「一夫多妻の町にも許されない恋がある」

夫:龍之介と、3人目の嫁:小春 「最近マンネリだと思わない?」

「もっと乱れてよ、壊れて」 「あ…っ」ずぷ

「あ…すごい あ…あ♥」 「いいねぇ苦しそうなカオ…可愛い♥」
COMIC ZIN秋葉原店
とらのあな秋葉原店A
アニメイト秋葉原

NON氏が週刊ヤングマガジンで連載されている、一夫多妻マンガ「ハレ婚。」12巻【AA】が6日に発売になった。

『ハレ婚。』は、1巻コミックス情報では『恋愛運サイアクな主人公・前園小春。ふらっふらで故郷へ帰るが、そこではさらにありえない生活が待っていた!…なんと故郷は、少子化過疎化対策の特区指定で、"一夫多妻(ハレ婚)"がオッケーな町となっていたのだった!!!』という、重婚OKの特区を舞台に、夫:伊達龍之介と、第一夫人:柚子、第二夫人:まどか、第三夫人:小春の一夫多妻(=ハレ婚)の4人暮らしからスタートしたお話(前巻までのあらすじ)。

今回発売になった「ハレ婚。」12巻【AA】には、第108話「淡い乙女」〜第117話「陽性の女」を収録(第113話までが"うらら編"。第114話から"ゆず編")し、オビ謳い文句は『一夫多妻の町にも許されない恋がある』、裏表紙は『マンネリ注意!夫婦には時々"刺激"が必要なんです』になってた。

日本で唯一「一夫多妻(通称:ハレ婚)」が許された町に住む女子高生・うららの初めての恋は、誰にも言えない恋だった。伊達家の後押しもあり、夜、先生と2人きりに…。そして、うららに"少女"を卒業する時が来る! コミックス情報

コミックス「ハレ婚。」12巻【AA】の感想には、☆*しょこ☆*さん『うららちゃん…なんてピュアな子なんだ!!ゆず編が楽しみすぎて既に13巻が待ち遠しい』、GONZOUさん『うららちゃん清い…NON先生の絵でこういう清いお話もっと読みたい』、のあさん『健気なうららに感情移入しまくりの1冊でした』などがあり、とら秋葉原店AのPOPは『小春のアルバイト仲間な女子高生・うららの一途な恋物語――。見届けたオトナサイドも欲しくなる…!? 刺激的からの新展開!』が付いてた。

なお、作者:NON氏は、あとがきで『ヤンマガ本誌では大好評だったうらら編。そもそも青春ピュア恋物語が得意じゃないNONにとっては大いなる挑戦でした』・『そして本誌でも大変物議を醸しているゆず編…!同じマンガの中で対極ともいえるテーマを扱うなんて荷が重いです。お楽しみに♥』などを書かれていて、巻末には「ハレ婚」の舞台になっている北茨城市のロケーションマップも載ってる。

「ハレ婚。」12巻コミックス情報(試し読みあり) / NON氏のTwitter

「数々の女を抱いては捨ててきた男…尽きない欲望、性への飽くなき探究心…!」

「龍ちゃんもついにパパか〜」 「ヒトゴトかよ…」

「あたしはデキちゃった」

「(お見合い結婚すること…
先生はどう思うかな…?)」
「うららちゃん、チョコ
渡したのかなぁ…」
「堂々と人に言えない恋
ってしんどいよね」
「お酒くさい」
「……スマン」
「私と勝負しましょうよ、
どっちが美味しく作れるか」
「先生のおかげで
オトナになりました」


【関連記事】
ハレ婚。11巻 嫁たちのおっぱい揉む揉む「真のおっぱいのチカラ―」
ハレ婚。10巻 「一夫多妻を通じて描かれる、それぞれの愛のカタチ」
ハレ婚9巻 「想像を絶する第2夫人まどかの重すぎる背景と過去!」
ハレ婚8巻 「女へと変わっていく最高にカワイイ小春、魅せます♥」 ビュルルル
ハレ婚4巻 「日本の婚姻制度に一石を投じる!! 一夫多妻コミック!」
嫁3人の一夫多妻生活 ハレ婚3巻 「衝突する2人の嫁にドS夫の"お仕置き"が!?」
ハレ婚2巻 「ひとつ屋根の下に嫁が3人。一夫多妻生活始めました!」
ハレ婚1巻 「一夫多妻のトンデモ結婚生活。ifストーリー開幕!」

デリヘル嬢マンガ 「デリバリーシンデレラ」2巻 本番ヤっちゃう
女子大生デリヘル嬢マンガ 「デリバリーシンデレラ」1巻
NONのニュース - アキバBlog

【関連リンク】
講談社 / 週刊ヤングマガジン / Twitter
「ハレ婚。」12巻コミックス情報(試し読みあり) / 作品情報 / Twitter
NON氏のTwitter
暗雲漂う「ゆず編」開幕です。ぜひ!
NON (漫画家) - Wikipedia

【感想リンク】
一夫多妻は許されていても、許されてない恋もある
道ならぬ恋と少女という、新しいテーマが提示され、物語がキュッと引き締まり
健気なうららに感情移入しまくりの1冊でした
NONさんの画力本当に好き。マンネリは永遠のテーマだわ
ゆず編が楽しみすぎて既に13巻が待ち遠しい
うららちゃん清い…NON先生の絵でこういう清いお話もっと読みたい


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit