2017年06月21日

ガガガ文庫 スクールジャック=ガンスモーク 「ハードな世界観、処女力高すぎヤンキーなヒロイン等、時流に逆らう如き作風。でも、熱い!」

坂下谺のライトノベル「スクールジャック=ガンスモーク」ガガガ文庫6月新刊、坂下谺氏のライトノベル「スクールジャック=ガンスモーク」【AA】が20日に発売になった。オビ謳い文句は『機巧外骨格、起動!テロリストVS元・少年兵』で、nawadeさんの感想は『ハードな世界観、処女力高すぎヤンキーなヒロイン等、時流に逆らう如き作風。でも、熱い!』とのこと。
-

坂下谺氏のライトノベル「スクールジャック=ガンスモーク」【AA】発売
「機巧外骨格、起動!!テロリストVS元・少年兵」

「機巧外骨格。全長六メートル、重量七トンの人形機動兵器の総称だ
機体の追従性能が極めて高く、自身の肉体のように機体を操ることができるのだ」

「男の顎に、凛児の肘がぶち込まれた。脳天にまで届くような、強烈な打撃音
その音が廊下に響き渡る頃には、若者は背中から床に倒れ込んでいた」

「曽谷を殺して、復讐は果たしたはずでしょう!?もう戦争は終わったんですよ!」
「あんな屑を殺しただけで俺の戦争は終わりはしない」
アニメイト秋葉原
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
メロンブックス秋葉原1号店

ガガガ文庫6月新刊、第11回小学館ライトノベル大賞優秀賞を受賞された、坂下谺氏のライトノベル「スクールジャック=ガンスモーク」【AA】(イラスト:巖本英利氏)が20日に発売になった。

『スクールジャック=ガンスモーク』は、ガガガ文庫編集部の告知が『学校、テロリスト、そして危機を救う元少年兵!かつて、我々の胸をワクワクさせたようなキーワードが、非常に上手くマッチングしています。〜著者のロボット愛、そしてエンタメによってその魅力を伝えようとする熱量が伝わってくる、非常にアツい応募作でした!』で、坂下谺氏のカバー折り返しコメントは『「学校にテロリスト」「トラウマを抱えた元特殊部隊の主人公」「人形機動兵器」僕の大好きなものをこれでもかと詰め込んでできたのが本作です』とのこと。

また、「スクールジャック=ガンスモーク」【AA】には、主人公の少年「黒宮凛児」や、ヒロインの「花枝連理」、元軍人「防人護道」などが登場(登場キャラ)し、折込チラシでは『先の戦争から導入が試みられた、二足歩行兵器――機巧外骨格。その搭乗者育成学校を、戦争の妄執にとらわれたテロリストたちが占拠する』、オビ謳い文句は『機巧外骨格、起動!テロリストVS元・少年兵』だった。

二足歩行兵器――機巧外骨格。先の戦争を通して性能を存分に示したその兵器運用の舞台裏では、決して消し去ることのできない遺恨が生まれていた。その確執の火薬庫は、搭乗者育成学校を襲うテロとなって爆発する。
整備士として学園を訪れていた黒宮凛児。学内でトップクラスの操縦技術を持つ花枝連理。運命的な因果に絡め取られた二人の手に、生徒たちの命運が託される。戦争という悲劇が生んだ、機巧外骨格の名誉と汚名。その真相を受け容れる時、凛児は再び希望の光を掴みとる。 裏表紙

なお、「スクールジャック=ガンスモーク」【AA】の感想には、nawadeさん『守るべき者のためにテロリストとなったかつての仲間達と立ち向かう決意をする元少年兵。ハードな世界観、処女力高すぎヤンキーなヒロイン等、時流に逆らう如き作風。でも、熱い!』、のれんさん『よく言えば王道、もっとよく言えば最高。 重厚ながらスピーディーでテンポよく読めた。 ロボットもののお約束もバッチリ。大いにテンションが上がる作品だった』などがある。

「スクールジャック=ガンスモーク」書籍情報(試し読みあり)

「その頭を染め直してこいと
何度言ったらわかるんだ」
「へ、へんなこと言ってんじゃねえぞバカ野郎!」
「全員の視線が、自動拳銃を構える寺須に注がれていた」
「事実無根の罵倒の嵐が、
帰還兵たちに襲いかかる」
「これが最後のチャンスだ。
僕の質問に答えろ」
「俺の言葉がわかるか、
坊主。俺は君を助け――」


【関連記事】
弱キャラ友崎くん4巻 「人生攻略ラブコメ、応用編へ!空気を操り逆転できるか?」
妹さえいればいい。7巻 「伊月と那由多が付き合い始めてからの日常。させっくす」
青春絶対つぶすマンな俺に救いはいらない 「ダメ人間オールスター"痛"青春ラブコメ!」
僕の地味な人生がクズ兄貴のせいでエロコメディに〜2巻 「記憶喪失×純愛×エロ!」
ガガガ文庫 ほま高登山部ダイアリー 「山に恋する少女に少年の想いは届くのか?」
人類は衰退しました未確認生物スペシャル 「すべて未発表書き下ろし!短編集」
下ネタという概念が存在しない退屈な世界 完ケツ 「一億変態社会。前戯2年の大作戦!」
水沢夢 / ふぉーくーるあふたー 「俺ツイに続く新たな最強ヒロインの物語!」
ガガガ文庫のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
小学館 / ガガガ文庫 / ブログ / Twitter
「スクールジャック=ガンスモーク」書籍情報(試し読みあり)
少年兵×ロボットアクション=カッコイイ!!
第11回小学館ライトノベル大賞優秀賞
イラスト:巖本英利氏のTwitter / pixiv
巖本英利氏:ロボとかパイスーとか女の子メインカバーとか 挿絵はわりとおっさんでした

とら秋葉原店C:テロリストVS元・少年兵 機巧外骨格、起動!!

【感想リンク】
ロボットアニメにダイ・ハードにヤンキー漫画のヒロイン、圧倒的な90年代感、素晴らしい
人間ドラマの描写が素 晴らしかったです。ぐいぐい惹き込まれました
アクションシーンも充実してたし、主人公が挫折から立ち直る的な展開も王道ながら良かった
ハードな世界観、処女力高すぎヤンキーなヒロイン等、時流に逆らう作風。でも、熱い!
ストーリーはあらすじからだいたい想像したとおり
ロボットもののお約束もバッチリ。大いにテンションが上がる作品だった
スクールジャック=ガンスモーク - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit