2017年06月30日

ヒロインがラッキースケベ因子 捻じ曲げファクター4巻 「肌色も物語も見せ場満載」

守月史貴「捻じ曲げファクター」4巻 守月史貴氏のコミックス「捻じ曲げファクター」4巻【AA】が29日に発売になった。『ドキドキすると全ての行動がラッキースケベに発展する偶発性恋愛因子を持っている女子高生:鴨川紗知』がヒロイン(キャラ紹介)で、守月史貴氏ホームページの新刊告知では『肌色も物語もいつも以上に見せ場満載』とのこと。
-

守月史貴氏のコミックス「捻じ曲げファクター」4巻【AA】発売
「運命はいじわるで、ちょっぴりエッチ」

ヒロイン・鴨川紗知の爆乳おっぱい
「…うわ、うわ、す、すごい…っ、おっぱいってこんなに柔らかいのか!?」

「一時期ニュースや記事でも運命因子の話題で持ちきりだったのに、
一度もそういう場面で先生の姿を見たことが無い」

「あたしだって…ずっと、その…るっ、流夏としたかった…んだから…っ」
メロンブックス秋葉原1号店
とらのあな秋葉原店A
特典:クリアファイル
ゲーマーズ本店
特典:ブックカバー

守月史貴氏がヤングアニマル嵐で連載されているコミックス「捻じ曲げファクター」4巻【AA】が29日に発売になった。

『捻じ曲げファクター』は、巻頭あらすじによると『女子高生・鴨川紗知。彼女には人に言えない秘密があった。彼女は幼馴染の小山内流夏と一緒にいると問答無用にラブコメ展開を起こしてしまう、特殊な体質の持ち主なのであった――』という、『ドキドキすると全ての行動がラッキースケベに発展してしまう、偶発性恋愛因子を持っている女子高生:鴨川紗知』をヒロインにしたお話(キャラ紹介)。

今回発売になった「捻じ曲げファクター」4巻【AA】のオビ謳い文句は『運命はいじわるで、ちょっぴりエッチ。ず〜〜っとHが出来なかった二人がついについに……!?』、コミックス情報は『少しずつ病状が悪化する紗知は巻菱先生からエラーを抑える薬を貰い、ついに流夏と!?』で、コミックス4巻には第16話〜第20話を収録し、とら秋葉原店AのPOPは『事実上のWデートで強まる、2人の少女の想い――。相手となった流夏と紗知に訪れる、黒の接近!愛の密着♥』が付いてた。

女子高生・鴨川紗知。彼女には人には言えない秘密があった。彼女は幼馴染の小山内流夏と一緒にいると、問答無用にラブコメ展開を起こしてしまう特殊な体質であったのだ。エラー研究の第一人者・巻菱教授から「エラーを一時的に抑える」薬の存在を聞いた紗知は、遂に幼馴染の流夏と…!? ついに心も体も恋人になる予感の第4巻!裏表紙

なお、「捻じ曲げファクター」4巻【AA】について、作者:守月史貴氏のホームページでの新刊告知では『安心安定のハプニング肌色シーンは勿論の事、百ちゃんの◯◯シーンや、ハイネさんの一人△シーン、そして遂に想いを遂げる!? 紗知ちゃんの×××シーンなどなど、肌色も物語もいつも以上に見せ場満載でお届け』などを書かれている。

「捻じ曲げファクター」4巻コミックス情報 / 守月史貴氏のホームページ

「あ"…あ…っ、はっ…」

「か、カオは…ダメ、いま、恥ずかし…」

「…っん!あぁっ!あ♥」

「どう接していいかなんて…
すぐにはわかんない」
「あ…」
「休憩ついでに、
ホテル…行きましょうか」
「"これは実験のチャンスだ"
…って、思ったのよね」
「あたしたちの存在がとうとう世間に知れ渡って…」
「さっきまであんなに不安で押し潰されそうだったのに」


【関連記事】
ドキドキするとすべての行動がラッキースケベになる女子高生 捻じ曲げファクター3巻
捻じ曲げファクター2巻 「次々と襲う運命のエロハプニング♥ さらけ出されるおっぱい!」
「捻じ曲げファクター」 ヒロインが異性の前で自然とお色気展開になる偶発性恋愛因子

神さまの怨結び4巻 「惑う少女たちの怨愛が心を抉る、罪悔の官能物語」
守月史貴 すいーとみるくを召し上がれ♥「授乳係。何てステキな係なんだ!」
神さまの怨結び3巻 「少女はHが代償でも呪いにすがる――切なく悲しい官能物語」
神さまの怨結び2巻 「相手を交えて抹消させる官能サスペンス展開」
神さまの怨結び 「消したい相手と交わることで相手を消すことが出来る呪い」
サークルかみしき「駅のホームと黒髪の君」黒髪ロングで眼鏡の女の子と野外セクロス
軍隊青春ラブコメ コミックス「疾走れ、撃て!」1巻発売
画像:コミックホットミルク5月号 守月史貴「おせっかいラヴァーズ」
守月史貴のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
白泉社 / ヤングアニマル嵐 / Twitter
「捻じ曲げファクター」4巻コミックス情報
守月史貴氏のホームページ / Twitter / pixiv
『捻じ曲げファクター』4巻 本日発売!!
捻じ曲げファクター(4)表紙&試し読み(pixiv)



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit