2017年06月30日

ど根性ガエルの娘3巻 「ネット騒然"衝撃の第15話"収録。戦慄の展開へ…」

大月悠祐子「ど根性ガエルの娘」3巻 『ど根性ガエル』の作者・吉沢やすみ氏の実娘である大月悠祐子氏のコミックス「ど根性ガエルの娘」3巻【AA】が29日に発売になった。オビ謳い文句は『ネット騒然「衝撃の第15話」収録』で、裏表紙は『すべてが二転三転して見える、戦慄の展開へ…。衝撃の家族エピソードを実娘が描きます』などなど。
-

大月悠祐子氏のコミックス「ど根性ガエルの娘」3巻【AA】発売
「ネット騒然"衝撃の第15話"収録」

第15話 「(私は 父の望む言葉を、返さねばならない)」

「母親が一時壊れていたことや、大月さんが引きこもっていたことは、
描かない方が良いと思います。あまりに酷い話は、読者が読みたくありませんから」

「煽り文句はこうですっ "感動の家族再生ストーリー!!!"」
15話 全てひっくり返る衝撃の展開に戦慄… - Togetterまとめ
メロンブックス秋葉原1号店
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A

漫画『ど根性ガエル』作者・吉沢やすみ氏の実娘である大月悠祐子氏が、ヤングアニマルDensiで連載されている「ど根性ガエルの娘」3巻【AA】が29日に発売になった。

『ど根性ガエルの娘』は、ダ・ヴィンチニュースによると『国民的ギャグマンガ「ど根性ガエル」の作者である吉沢やすみの娘・大月悠祐子が、実際に起こった家族のエピソードを回想しつつ、まとめた一作』で、今回発売になったコミックス「ど根性ガエルの娘」3巻【AA】には第13話〜第18話を収録し、コミックス情報は『ネットを騒然とさせたあの第15話を収録で、このマンガの真の姿が明らかになる』になってる。

とら秋葉原店AのPOPは『この作品を描くにあたっての、経緯と覚悟――。母との訣別、少女時代の苦悩、父の重体…、娘の使命として、父にマンガで伝えたい、魂と愛情込めた3巻!』で、オビ謳い文句は『第21回手塚治虫文化賞マンガ大賞・第46回日本漫画家協会賞、共にノミネート作品』、『ネット騒然「衝撃の第15話」収録』になってた。

お父さんは大ヒット漫画家で、家族をめちゃくちゃにした人――。娘(大月悠祐子)を少年ジャンプのパーティに連れてってくれる父と、娘を激烈に罵倒し続ける父。果たして、真実はどこに。すべてが二転三転して見える戦慄の展開へ…。衝撃の家族エピソードを、実娘が描きます。屈辱と勇気の第3巻 裏表紙

「ど根性ガエルの娘」3巻【AA】の感想には、 たまごまごさん『地獄絵図。母が錯乱し父が倒れる家庭崩壊の3巻』、pusaiさん『ドン引きするほど壮絶な人生だなーとは思ったけど、それ以上に先生の根性がスゲェ』、漫画家:なぐも。さん『壮絶過ぎる人生だ。読むのも辛いはずなんだけど、なぜか「僕もがんばろ…」って元気がでてくる』などがある。

なお、作者:大月悠祐子氏は、3巻の発売告知で『2巻からその先は描けなかったかもしれない、出すことは叶わなかったかもしれない第3巻です。こうして形にできたのは、皆様のおかげです。本当に有難うございます。どうぞ宜しくお願い致します…!』などをツイートされている

「ど根性ガエルの娘」3巻コミックス情報 / 大月悠祐子氏のTwitter

「お父さんのプライドを守らなきゃ 漫画を描いてもらわなきゃ!」

「よろしくお願いします」

「やってらんねェよ!こんな対談!」
1巻時点はインタビュー写真はこれだけど、3巻では怒鳴ってる

「だーかーらぁぁ!産めって
言ってるでしょオオ!」
「お父さんを
帰してください」
「ヒューッ ヒューッ」
ガクガクガクガク
「(…言えた。自分の本当の
気持ちを、冷静に)」
「打ち切りです」
「(なぜ私は、あの時
死ななかったのだろう
描くためだ)」


【関連記事】
ど根性ガエルの娘、白泉社から改めて発売 「家族崩壊の第1巻、家族再生の第2巻」
ど根性ガエルの娘1巻 「実娘が描く漫画家吉沢やすみ氏と家族の物語」

大月悠祐子「彼女達の最終定理」クラスメートの処女膜をぶち破り、ノーパン女教師とヤる
妄想少年観測少女(3) 「相変わらず素晴らしいフェティシズムでした(*´∀`*)」
フェチいろいろ 妄想少年観測少女(2) 「甘すぎる芳香が理性を剥がす」
妄想少年観測少女(1) 「極上のピュアと変態は紙一重 マジ凄い」
大月悠祐子のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
白泉社 / ヤングアニマルDensi / Twitter
「ど根性ガエルの娘」3巻コミックス情報(試し読みあり) / 連載ページ
大月悠祐子氏のTwitter
2巻から先は描けなかったかもしれない、出すことは叶わなかったかもしれない第3巻
大月悠祐子 - Wikipedia
アニメ「ど根性ガエル」(1972.10.07〜1974.09.28)
ドラマ「ど根性ガエル」公式ページ
ど根性ガエル - Wikipedia
吉沢やすみ - Wikipedia
「ど根性ガエルの娘」3巻は、胸を抉る会心作だった!

『ど根性ガエルの娘』全てひっくり返る衝撃の展開に戦慄… - Togetterまとめ
【ネタバレあり】ネットのマンガ好き騒然 「ど根性ガエルの娘」15話で何が起きたのか
第1話で提示された美しくあたたかな大前提が、簡単に完全に計画通りにぶち壊される
「ど根性ガエルの娘」感想 第15話。果たされなかった作者の願望の物語
2017年1月:娘が語る、父との関係の本当の本音。そして、初めて告げる真実(2017/1)
「ど根性ガエルの娘」大月悠祐子インタビュー - コミックナタリー Power Push

【感想リンク】
地獄絵図「ど根性ガエルの娘」母が錯乱し父が倒れる家庭崩壊の3巻
グイッと作中に引き込まれて、抜け出せなくなって、ページをどんどん進めてしまう
ドン引きするほど壮絶な人生だなーとは思ったけど、それ以上に先生の根性がスゲェ
「ど根性ガエルの家族」の話になってきたな
壮絶過ぎる人生だ。読むのも辛いはずなんだけど、なぜか元気がでてくる
この漫画の構造を浮き彫りにするような、事実を目の前に並べられたような
家族を持ったら持ったで色々と大変だなと。特に、人気が有る方の家庭とかね
長い長いプロローグが終わった。ここから先生の描きたかったモノが始まった
作者は、なにに支えられてここまでこられたのだろう。ぐっと心に刺さる
1〜2巻の裏にそんな事があったのかと知り、なんともいえない気持ちに
どうしてご両親を許す?和解?出来たのか疑問だったけど、少しだけわかった気が
ど根性ガエルの娘 3巻 感想 - 読書メーター



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit