2017年07月04日

青山裕企の写真集 裸にいっぴん 「裸+ワンアイテムのエロティシズム」

青山裕企の写真集「裸にいっぴん」青山裕企氏の写真集「裸にいっぴん」【AA】がアキバでは3日に発売になった。E.M.D.2ndさんの感想『裸にワンアイテムから生み出されるエロティシズムが満載な写真集』などがあり、裸エプロン・裸リボン・裸ニーソ・裸ネクタイ・裸眼帯・裸絆創膏など46のシチュエーションを収録してる。
-

青山裕企氏の写真集「裸にいっぴん」【AA】発売
「裸+ワンアイテムから生み出されるエロティシズムを綴じ込めた、至極の写真集」

裸+リボン

裸+縞ニーソ

裸+ネクタイ
アニメイト秋葉原
とらのあな秋葉原店C
メロンブックス秋葉原1号店

青山裕企氏の写真集「裸にいっぴん」【AA】が、アキバでは3日に発売になった(公式発売日は4日)。

青山裕企氏は、スーツ姿のサラリーマンが宙に浮かんでる写真集「ソラリーマン」や、「スクールガール・コンプレックス」シリーズなどで知られ、パイスラ写真集「パイスラッシュ」「女装少年」、百合写真集「ふたり」、ブルマ写真集「おかえりブルマ。」.、スク水写真集「スク水 sukumizu」や、アイドル写真集の撮影などもされている写真家さん。

今回発売になった写真集「裸にいっぴん」【AA】は、一迅社のコラムでは『裸にモモンガや、裸にヘッドホンなど、王道からマニアックなものまでご用意いたしました』と告知していて、オビ謳い文句は『それは最後の一品なのか、付け加えられた逸品なのか――。裸+エプロン、裸+靴下、裸+リボン、etc…裸+ワンアイテムから生み出されるエロティシズムを一冊に綴じ込めた、至極の写真集』で、「裸にエプロン」、「裸に青リボン」、「裸にしまニーソ」、「裸にネクタイ」、「裸に眼帯」、「裸に絆創膏」など、「裸+ワンアイテム」で46のシチュエーションを収録

裸+エプロン、裸+靴下、裸+リボン etc... 裸+ワンアイテムから生み出されるエロティシズムにドキッとしたことはありませんか? そんな至極のシチュエーションに、写真家・青山裕企が挑みます! 書籍情報

写真集「裸にいっぴん」【AA】のE.M.D.2ndさんの感想では『裸にワンアイテムから生み出されるエロティシズムが満載』、『特に衣類系はおっぱいが見えそうで見えない、あのチラリズムが下手に見えているよりも興奮度が半端ないですよねぇ!』などを書かれている。

なお、青山裕企氏あとがきで『恐らくシュールと評される“いっぴん”もあろうかと思いますが、単なる裸ではなく、なにか足されていることによって、その“いっぴん”が単なる一品から至極の逸品へと変化する趣を感じていただけると幸いです』などを書かれている。

「裸にいっぴん」書籍情報 / 青山裕企氏のホームページ

裸+エプロン
裸+ストッキング
裸+眼帯
裸+目隠し
裸+ヘッドホン
裸+ショートパンツ
裸+ニーソックス
裸+絆創膏おっぱい
裸+ブライダルケープ


【関連記事】
青山裕企の写真集 「かわいいスカートのめくりかた SCHOOLGIRL COMPLEX4」発売
青山裕企のブルマ写真集 おかえりブルマ。 「もう一度、あの青春の記憶を」
スクールガール・コンプレックス3女子校 「幻想的で生々しい、魅惑的で危険な聖域」
おっぱい写真集「はさみっこ」 AカップからGカップおっぱいで挟んでる
青山裕企写真集 パイスラッシュ―現代フェティシズム分析 「偶然が生んだ神秘を探る」
性別を超えた煌めき写真集「女装少年」。スクールガールコンプレックスの青山裕企氏
百合写真集「ふたり」 先輩後輩、姉妹、幼なじみ
青山裕企写真集 スク水 「キタコレ!濃紺が俺を呼んでいる」「買うしかないわー」
青山裕企の新作写真集 ボディ・パーツ上半身編 「肩甲骨、背骨、鎖骨!」
スクールガールコンプレックス2 女のコに手を触れることすらできなかった青春
スクールガール・コンプレックス2 へそ出し透けブラ女子高生
スクールガールコンプレックスの青山氏による、おいしそうなフトモモ写真集 「絶対領域」
スクールガールコンプレックス 「メロンブックス秋葉原店、販売数1000冊達成!」
女子中高生の思春期エロス 「スクールガールコンプレックス」重版再入荷
アマゾン3位になった女子中高生フェチ写真集。増刷決定してる
思春期の甘酸っぱいエロス 「スクールガール・コンプレックス」
青山裕企のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
一迅社
「裸にいっぴん」書籍情報
青山裕企氏のホームページ / Twitter / note
史上最高にエロいようで、シュールな一冊
青山裕企 - Wikipedia
出版社コラム:古来より受け継がれしフェティシズムをこの一冊に!

裸にワンアイテムから生み出されるエロティシズムが満載な写真集


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit