2017年07月05日

約束のネバーランド4巻 「ついに脱獄決行の刻がくる!急転する計画…脱獄、終幕へ!」

原作:白井カイウ&作画:出水ぽすか「約束のネバーランド」4巻原作:白井カイウ氏&作画:出水ぽすか氏の、食用児生育所を舞台にしたコミックス「約束のネバーランド」4巻【AA】が4日に発売になった。とらAのPOPは『この脱獄劇、心痛むが…緊張最高潮の決行!』で、折込チラシは『ついに脱獄決行の刻がくる!急転する計画…脱獄、終幕へ!』になってる。
-

白井カイウ氏&出水ぽすか氏の「約束のネバーランド」4巻【AA】発売
尾田栄一郎氏のオビコメント「ここからが面白いんだよーっ!!」

脱獄実行前に計画が狂う
「シスターを排除し、俺を切り捨て、エマの足を折った…全部このため…」

出荷される事が決まったノーマン
「(僕がママの筋書きを叩き壊してやる)」

“本部”と“GF農園”の関係
「“本部”と“近接する5つの飼育場(プラント)”
それがこのグレイス=フィールドハウス」
メロンブックス秋葉原1号店
アニメイト秋葉原
とらのあな秋葉原店A

原作:白井カイウ氏&作画:出水ぽすか氏が、週刊少年ジャンプで連載されている、食用児生育所を舞台にしたコミックス「約束のネバーランド」4巻【AA】が4日に発売になった。

『約束のネバーランド』は、1巻コミックス情報が『母と慕う彼女は親ではない。共に暮らす彼らは兄弟ではない。エマ・ノーマン・レイの三人はこの小さな孤児院で幸せな毎日を送っていた。しかし、彼らの日常はある日突然終わりを告げた。真実を知った彼らを待つ運命とは…!?』で始まったお話で、孤児院で暮らしている少年少女が、自分たちが怪物の食料として育てられていたことを知り、孤児院から脱獄しようとするお話(登場キャラ&あらすじ)。

今回出た「約束のネバーランド」4巻【AA】には第26話〜34話を収録し、とら秋葉原店AのPOPが『この脱獄劇、心痛むが…至高!!緊張最高潮の決行!』が付いていて、オビは尾田栄一郎氏の推薦コメント入り。また折込チラシは『ノーマンの出荷を阻止するため、ママに抗うエマとレイの策略は!?ついに脱獄決行の刻がくる!急転する計画…脱獄、終幕へ!』だった。

出荷を宣告されたノーマン。残された時間は、あと僅か。イザベラの策略から友を救う為、エマとレイはノーマンと共に計画を練る。3人が出した答えとは!?永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ!衝撃の脱獄ファンタジー!! 裏表紙

コミックス「約束のネバーランド」4巻【AA】の感想には、ナリさん『子供達の希望と絶望の心理、ママの思惑と見所がたくさんありすぎる。本当におもしろい!』、マオフさん『すごすぎて、言葉にならない 最後のスピード感は圧巻 読みながら震えが止まらなかった』などがあり、作画:出水ぽすか氏カバー折り返しで『たとえ先の雲行きを知っていても、つらい決意や失意の表情を描くのは寂しいものですね。つづく5巻も更なる盛り上がりを見せるでしょう』などを書かれている。

「約束のネバーランド」4巻コミックス情報(試し読みあり) / 作品情報 / 公式サイト

「僕は勝つ!
脱獄を必ず成功させる!!」
「時間よノーマン」
「絶望に苦しまずに済む一番の方法は諦めることよ」
「(ママは必ず“監視”する
一番の標的は私とレイ)」
「夜 ハウスに火をつける」
「火事を起こすってこと?」
「(全員連れて逃げたのね…エマ でも必ず捕らえる)」



【関連記事】
食用児生育所からの脱獄 約束のネバーランド3巻 「加速する謎と絶望――!」
約束のネバーランド2巻 「絶望に立ち向かえ!衝撃の脱獄ファンタジー!」
約束のネバーランド1巻 「衝撃の脱獄ファンタジー!」 「ここは農園。私たちは食糧」
[画像]:「イラストレーションアーティスト150」 出水ぽすか氏のイラスト

【関連リンク】
集英社 / 週刊少年ジャンプ / Twitter
「約束のネバーランド」4巻コミックス情報(試し読みあり) / 作品情報 / 公式サイト
作画:出水ぽすか氏のホームページ / Twitter / pixiv
「約束のネバーランド」最新4巻、本日発売です
約束のネバーランド - Wikipedia
白井カイウ - Wikipedia
出水ぽすか - Wikipedia
「約束のネバーランド」4巻帯に尾田栄一郎、サイトには「IQ脳力試験」も

【感想リンク】
タイムリミットは明日。覚悟のノーマンを、救えるか
子供達の希望と絶望の心理、ママの思惑と見所がたくさんありすぎる
すごすぎて、言葉にならない 最後のスピード感は圧巻

今回も最高にワクワクドキドキした!続きが早くみたい!!!!
徹底的なピンチを徹底的に機転で解決している ものすごく賢い
やっぱり面白い。フィルがいつ活躍してくれるのかをうきうきしながら待ってる
ずっと気になってたことがラストで出てきて次巻が楽しみすぎる
面白い。読み手側も「え燹廚反潅呂茲騙されるー
物語開始から読む者を、圧倒的な密度で魅了し続けたGF編
次はこう来るだろう?って色々考えたけど、キレイに裏切られた…
約束のネバーランド 4巻 - 読書メーター / ブクログ


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit