2017年07月22日

イサック1巻 「時は1620年、神聖ローマ帝国!日本人傭兵、戦場を駆ける!」

原作:真刈信二&漫画:DOUBLE-S「イサック」1巻原作:真刈信二氏&漫画:DOUBLE-S氏の、17世紀ヨーロッパを舞台にしたコミックス「イサック」1巻【AA】が21日に発売になった。あがしまさんの感想『敵に対しては容赦がないが、理知的な主人公がかっこいい』などがあり、オビは『時は1620年、神聖ローマ日本人傭兵・イサック、戦場を駆ける!』だった。
-

原作:真刈信二氏&漫画:DOUBLE-S氏のコミックス「イサック」1巻
原作:真刈信二氏&漫画:DOUBLE-S氏のコミックス「イサック」1巻【AA】発売
「時は1620年、神聖ローマ帝国!日本人傭兵・イサック、戦場を駆ける!」

主人公の日本人傭兵・イサック
舞台は1620年のヨーロッパ(=日本だと大坂夏の陣の後)
「オランダは俺を傭兵として戦場へ連れて来てくれた。その“恩”を返すため俺は戦う」

敵方スペインのスピノラ傭兵部隊
スペインの将軍で、“攻城戦の名人” スピノラ 「全軍突撃!」

攻城戦
「撃て!」
ゲーマーズ本店
とらのあな秋葉原店A
COMIC ZIN秋葉原店

原作:真刈信二氏&漫画:DOUBLE-S氏がアフタヌーンで連載されているコミックス「イサック」1巻【AA】が21日に発売になった。

『イサック』は、コミックナタリーによると『激しい戦いの最中にある17世紀のヨーロッパを舞台にした歴史活劇』で、裏表紙によると『後に「三十年戦争」と呼ばれる戦いが繰り広げられていた神聖ローマ帝国。フックスブルク城は、今まさにスペインの大群を迎え撃とうとしていた。そこにたった一人傭兵として現れたのは「イサック」と名乗る男。彼は遠く日本から使命を帯びてやってきた傭兵だった!』で始まってるお話。

今回発売になったコミックス「イサック」1巻【AA】には、第1話「たった一人の援軍」・第2話「傭兵契約」・3話「王太子アルフォンソ」の3話を収録し、とら秋葉原店AのPOPでは『1620年、神聖ローマ帝国帝国が舞台のサムライ傭兵戦国援軍譚!』、オビ謳い文句は『時は1620年、神聖ローマ日本人傭兵・イサック、戦場を駆ける!』だった。

2つの勢力に別れ、後に30年戦争と呼ばれる激しい戦いの最中にあった17世紀の神聖ローマ帝国。そこに傭兵として現れたのは「イサック」と名乗る日本人の男! 遠く日本を離れ、ヨーロッパ大陸までやってきたイサックの目的とは!? 彼の壮絶な戦いが始まる!! コミックス情報

コミックス「イサック」1巻【AA】の感想には、ときわ書房本店のツイート『銃士として仇討ちと恩義の為に戦う彼の在り方と攻城戦はじめガッツリとした戦争の描かれ方に痺れます』、HALさん『タイムスリップものとかじゃなく、大坂夏の陣の後に自らの意志でヨーロッパへ渡った傭兵というのがすごい』、あがしまさん『非常に優秀な戦士で敵に対しては容赦がないが、決して粗暴ではなく理知的な主人公がかっこいい。個人的に理想の主人公像』などがある。

なお、カバー折り返しのコメントでは、原作:真刈信二氏『カトリックとプロテスタントが激しく争っていたドイツで、使命を果たすまで死ねないイサックの苦難の戦争が続きます』、あとがきでは『十七世紀初頭、オランダは日本からインド洋を通り、喜望峰を回る航路をとって半年から一年をかけて本国と往来していました。物語の中でイサックは平戸からバタビアを経由してオランダへ渡っています。そこまでして神聖ローマ帝国の戦場で戦うイサックの使命の重さを想像して下さい。傭兵イサックの戦争は始まったばかりです』などを書かれている

「イサック」1巻コミックス情報 / 作品情報(第1話試し読みあり)

「(何なのコレ……銃……!?)」

「(三百五十歩――!!)」 ガチャ ドォン

「(なんだあれは。銃なのか!)」「(イサックは銃士だったのか!)」

「親方の仇を討ち
奪われたものを取り戻す」
「城門の守りを固めよ!
大砲の準備を急げ!!」
ドンドンドンドン ドン
「地面の風は逆に吹いてるよ、草を見て!」
「グハッ」「ギャッ」
「退却!」
「だが彼がヨーロッパの戦場にいるのは間違いない」


【関連記事】
スパイの家1巻 暗殺阻止やサイバーテロ摘発 「この手の系統ではなかなかの傑作」

商業版 十三世紀のハローワーク 「収録100職以上!伝説の同人誌が待望の復刻!」
狼の口8巻 「最終幕モルガルテンの戦い!」 後のスイス連邦。死にまくり血まみれ
乙女戦争7巻 「15世紀、己の信念と仲間の為に戦う少女たち」 戦場レ◯プはお約束
大西巷一 / 中世ヨーロッパ残虐物語 「拷問・処刑の数々をつづるオムニバス暗黒絵巻」
辺獄のシュヴェスタ1巻 「魔女狩りと拷問、16世紀に生きる少女の壮絶な復讐劇!」

【関連リンク】
講談社 / アフタヌーン / Twitter
「イサック」1巻コミックス情報 / 作品情報(第1話試し読みあり)
17世紀の神聖ローマ帝国に現れた1人の侍、その名はイサック!
神聖ローマ帝国に現れた日本人傭兵「イサック」。彼の目的とは!?
真刈信二 - Wikipedia
DOUBLE-Sとは - はてなキーワード
神聖ローマ帝国 - Wikipedia
三十年戦争 - Wikipedia
真刈信二×DOUBLE-S、日本人の傭兵・イサックを描く歴史活劇1巻
攻城戦はじめガッツリとした戦争の描かれ方に痺れます
真刈信二×DOUBLE-S、日本人の傭兵・イサックを描く歴史活劇1巻

【感想リンク】
自らの意志でヨーロッパへ渡った傭兵というのがすごい
決して粗暴ではなく理知的な主人公がかっこいい。個人的に理想の主人公像
めちゃくちゃ素晴らしいんですけど!(血反吐) 歴史ドラマとして描く力が素晴らしい!
面白すぎて震える。三十年戦争って! 神聖ローマ帝国って! プファルツ選帝侯って!
描写は本気です。日本人の傭兵を入れることで、グッと読みやすくなっています
イサック: アフタヌーン 1巻 - 読書メーター
三十年戦争真っ只中のドイツに凄腕の狙撃手の日本人傭兵が仇討ちにやってくる


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit