2017年08月05日

BLACK TORCH2巻 「物ノ怪と闘う現代の隠密!"黒の灯火"初任務始動!」

タカキツヨシ「BLACK TORCH」2巻 タカキツヨシ氏の現代「忍」活劇マンガ「BLACK TORCH」2巻【AA】が4日に発売になった。とらAのPOPは『新メンバーとの実力勝負!そして弐郎の相棒の謎に迫る初ミッションへ!!』が付いていて、オビ謳い文句は『物ノ怪と闘う、現代の「隠密」誕生!「黒の灯火」初任務始動!』になってた。
-

タカキツヨシ「BLACK TORCH」2巻
タカキツヨシ氏のコミックス「BLACK TORCH」2巻【AA】発売
「物ノ怪と闘う、現代の"隠密"誕生!"黒の灯火"初任務始動!!」

「"乙型隠密服・改"それがお前達が今着ている装備の名称だ」

「羅睺封印の地だ」
「羅睺封印の地だ」

「んじゃいっちょ、ここらで初任務本番といくか」
COMIC ZIN秋葉原店
とらのあな秋葉原店A
メロンブックス秋葉原1号店

タカキツヨシ氏がジャンプスクエアで連載されているコミックス「BLACK TORCH」2巻【AA】が4日に発売になった。

『BLACK TORCH』は、作品情報によると『忍者の末裔として祖父に育てられ、動物と話す能力を持った少年・弐郎は、ある日黒猫の姿をした物ノ怪・羅睺と出会う。群れることを嫌い他の物ノ怪に追われていた羅睺を守ろうとして、命を落とした弐郎。彼の行動に心を動かされた羅睺は「借りを返す」と言い彼の体と融合。傷は塞がり、羅睺の刻印を宿して目覚めた弍郎は、その力で物ノ怪を一蹴する!』というお話(キャラ紹介・あらすじ)。

今回発売になったコミックス「BLACK TORCH」2巻【AA】のオビ謳い文句は『物ノ怪と闘う、現代の「隠密」誕生!「黒の灯火」初任務始動!!』、新刊折込は『忍者の末裔・弐郎が、対物ノ怪の運命に挑む!』で、コミックス2巻には第4話「たりないふたり」〜第7話「BLACK BOX」を収録(もくじ)し、とら秋葉原店AのPOPは『新メンバーとの実力勝負!そして弐郎の相棒の謎に迫る初ミッションへ!』が付いてた。

対物ノ怪特別機動隠密部の新部隊、通称「黒の灯火」の一員となった我妻弐郎!だが、更なる入隊者・桐原零司は、物ノ怪・羅睺と同化した存在の弐郎に猛反発。敵対する二人に、課長の司場は真剣勝負を命じる。やがて初任務へと向かった「黒の灯火」。そこは、羅睺が封印されていた地下施設だった…!! 裏表紙

なお、まりんさんの感想では『新キャラ多い。推しキャラ決まる。今回は特にかっこいい。そしてやっぱ面白い』などを書かれていて、作者:タカキツヨシ氏「BLACK TORCH」2巻【AA】の発売告知で『今度は全部真っ黄色!たぶん見つけやすいはずなので、本屋さんで見かけた際には是非!恒例の表紙裏や巻末のおまけもあるよ!』などをツイートされている。

「BLACK TORCH」2巻コミックス情報 / 作品情報(試し読みあり)

「その前にきっちり刻んでやる、どっちが上でどっちが下か、物ノ怪と人間の」

「格の違いをなァ!」

「しょうもねぇカテゴリで勝手に括んじゃねぇよ」

「隠密局は"頭目連"を筆頭に
いくつもの課に分かれてる」
「大丈夫か?羅睺」
「うおっ起きてたのかよ」
「来ねえ奴は探し出して
ぶっ飛ばす」
「こういうのを
期待してたんだよ…!」
「それぞれが考え
それぞれが感じ
それぞれの思いを抱えとけ」
「いくぜ羅睺…!」


【関連記事】
BLACK TORCH1巻 「"物の怪"とは悠久の時を生きる妖。現代「忍」活劇、開幕!」

性癖×妄想×美少女の官能学園サスペンス ワンダーラビットガール最終巻
ToLOVEるダークネス最終18巻 「ラストでも吹き荒れるラッキースケベ♥」
怪物事変1巻 「血を持たぬ"屍鬼"と人間との半妖怪の子・夏羽の数奇な怪物物語!」
西尾維新×暁月あきら 症年症女2巻 「ショッキングな演出と先が読めない展開」
千早さんはそのままでいい2巻 「ダイエットできない女の子は超かわいい!」
伝説の勇者の婚活1巻 「魔王から世界を救った勇者の次なる冒険は、婚活!?」
プラチナエンド3巻 「次々と襲う悲劇!狂気で脅威のJC殺人少女の暴走!」
大正処女御伽話2巻 「幸せにしたい人がいる。厭世家と少女の優しくも切ない恋」
ジャンプSQのニュース - アキバBlog

【関連リンク】
集英社 / ジャンプSQ. / Twitter
「BLACK TORCH」2巻コミックス情報 / 作品情報(試し読みあり)
待望の2巻の表紙は、鮮やかな黄色です。特別描き下ろし4コマも掲載!
タカキツヨシ氏のTwitter
発売中です!今度は全部真っ黄色!

【感想リンク】
BLACK TORCH 第2巻 感想【初任務の結果や如何に…!】
新キャラ多い。推しキャラ決まる。今回は特にかっこいい。そしてやっぱ面白い


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit