2017年08月29日

グルメファンタジー 「魔王城のシェフII 魔神のグルメバーガーで制する美食の闘宴」

水城水城 「魔王城のシェフII 魔神のグルメバーガーで制する美食の闘宴」 ファミ通文庫8月新刊、水城水城氏のラノベ「魔王城のシェフII」【AA】が28日に発売になった。折り込みチラシは『シイガが魔王ルイーナを料理によって手懐け、安寧を得た魔王城。そんな折、"国際コンクール"にルイーナが審査員として招待される』で、裏表紙は『波乱の国際料理コンクール開幕!』だった。
-

水城水城氏のライトノベル「魔王城のシェフII」
水城水城氏のライトノベル「魔王城のシェフII」【AA】発売

ルイーナ、リム 「ただ今より、第十九回《天下一品料理会》本選を開宴いたしまあああっす!」
ルイーナ、リム 
「ただ今より、第十九回《天下一品料理会》本選を開宴いたしまあああっす!」

「異国の言葉遣いで話す出場者」ロカ、「前回大会で優勝の座を勝ち取った料理人」フランツ、主人公・シイガ
「異国の言葉遣いで話す出場者」ロカ
「前回大会で優勝の座を勝ち取った料理人」フランツ、主人公・シイガ

「ずるいぞ。ずるい…あやつらばっかり、ずるいではないか!我も料理を味わいたいのに、うううう〜!」
「ずるいぞ。ずるい…あやつらばっかり、ずるいではないか!
我も料理を味わいたいのに、うううう〜!」

ファミ通文庫8月新刊、水城水城氏のライトノベル「魔王城のシェフII 魔神のグルメバーガーで制する美食の闘宴」【AA】(イラスト:artumph)が、アキバでは28日に発売になった(公式発売日は30日)。

『魔王城のシェフ』は、1巻書籍情報によると『黒竜を倒したことで魔王ルイーナに捕まった流浪の料理人シイガ。だが彼の作る「黒竜のロースト」を気に入った魔王は言い放つ「我のものになれ料理人!」。こうして断っても死、不味いものを作っても死、という制約のなか彼女のために料理を作る日々が始まった!』という、料理人シイガが魔王ルイーナの料理人になったことから始まったお話。

今回発売になった「魔王城のシェフII」【AA】の裏表紙は『波乱の国際料理コンクール開幕!そして魔王(ルイーナ)を超える最大の敵の正体は――!?』で、折り込みチラシは『シイガが魔王ルイーナを料理によって手懐け、安寧を得た魔王城。そんな折、各国の代表が腕を競う"国際コンクール"にルイーナが審査員として招待される。料理人シイガも特別枠として参加するその大会の裏では、魔王を美食で懐柔して、"戦力"にせんとする各国の謀略が蠢いて――!?』になってる。

また、オビでは「異世界居酒屋"のぶ"」蝉川夏哉氏が『1巻を読み終えた時、同業として「やられた!」と思いました。同時に「続きを書けるのかな」と少し不安になりましたが、2巻はそれを打ち消す快作に仕上がっていました。美味しい物語をどうぞお召し上がり下さい!』と推薦コメントを寄せられている。

シイガが魔王ルイーナを料理によって手懐け、安寧を得た魔王城。そこに届いたのは、一通の招待状。各国の代表が腕を競う国際料理コンクールの審査員にルイーナが選ばれたのだ。特別枠として大会に参加するシイガも闘志に燃えるが、実は大会の裏で、絶大な力を誇る魔王を美食で懐柔し、自国の戦力にせんとする各国の謀略がうごめいていた……!そしてルイーナを超える最大の敵の正体は――!? 最強の料理人によるグルメファンタジー、激変の第2弾! 裏表紙

なお、作者:水城水城氏「魔王城のシェフII」【AA】のあとがきで『まずは無事こうして続刊が世に出せたこと、大変嬉しく思います。これもひとえに、読者の皆さまが応援してくださったおかげです。ありがとうございました!シリーズとして続ける以上、二巻目は一巻目よりもおもしろく、三巻目はそれ以上におもしろく、巻を重ねるごとにおもしろさが増していくような物語をお届けできるよう頑張りたいと思います』、『一巻のあとがきでも触れた「異世界の意味」が明らかになった二巻目、続く三巻では「異世界」という世界自体の謎や秘密について切り込み、解き明かしていく予定でいます』などを書かれている。

「魔王城のシェフII 魔神のグルメバーガーで制する美食の闘宴」書籍情報

「美味い?この"劇物"が
美味い…だと?貴様の舌は
おかしいぞ!?」
「三本の果物ナイフが、ルイーナの胸元に吸い込まれ」
「…っ!師しょ――」
「貴様あああああっ!」
とらのあな秋葉原店A
ゲーマーズ本店
特典:ブックレット
メロンブックス秋葉原1号店



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit