2017年09月13日

闇恋エレジー ひとつばな2巻 「先輩を惚れさせる…どんな手段を使ってでも!」

ミナミ「ひとつばな」2巻 ミナミ氏のコミックス「ひとつばな」2巻【AA】が12日に発売になった。コミックス情報は『全ては先輩に振り返ってもらうため…少年は自分自身を、そして周囲の人間関係を歪ませてゆく』で、オビ謳い文句は『恋に正しさなんて、要らない』『さらに深く病み、加速する闇恋エレジー』になってた。
-

ミナミ「ひとつばな」2巻
ミナミ氏のコミックス「ひとつばな」2巻【AA】発売
「さらに深く病み、加速する闇恋エレジー」

「演じれば良いのだ。上辺だけ、なるべき自分を」
「(演じれば良いのだ。上辺だけ、なるべき自分を)」

「私も、一緒に帰っていいかな?」
「私も、一緒に帰っていいかな?」

「――もちろん。(ほら、かかった)」
「――もちろん。(ほら、かかった)」
メロンブックス秋葉原1号店
アニメイト秋葉原
COMIC ZIN秋葉原店

ミナミ氏がサンデーうぇぶりで連載されているコミックス「ひとつばな」2巻【AA】が12日に発売になった。

『ひとつばな』は、1巻コミックス情報が『甘かった初恋は、姿を変える。それは愛情か執着か…愛憎×逆走×恋物語!』で、連載時の真琴さんの感想では『ドロドロした話が好きな人にお勧めです。絵も綺麗だし、闇落ちしたダークヒーロー主人公♂が、悪女で魔女で魔王な先輩♀の為に頑張る爽やかとはほど遠いラブコメです』などを書かれていた。

今回発売になった「ひとつばな」2巻【AA】のオビ謳い文句は『恋に正しさなんて、要らない。多くの女性を虜にする"ひとつばな"の魔力も、たったひとりの先輩だけには敵わない…さらに深く病み、加速する闇恋エレジー』で、コミックス2巻には第9話〜第18話を収録し、裏表紙は『先輩を惚れさせる…どんな手段を使ってでも!苦悩しながらもがく明斗。だが、この人は――悪魔だ』になってた。

密かに憧れていた先輩との初恋。実らなかったそれは、黒々とした執着の花を少年の心に咲かせる。「恋が、こんなに醜いものだなんて、知らなかった…」全ては先輩に振り返ってもらうため…少年は自分自身を、そして周囲の人間関係を歪ませてゆく。大輪の「ひとつばな」がその魔力を発揮しはじめる… コミックス情報

なお、「ひとつばな」2巻【AA】のミナミ氏の発売告知ツイートでは『表紙はなっちゃん先輩です。自分なりにとてもまっすぐ可愛いキャラを目指して作ったキャラです。色々切なくもありますが、ぜひぜひお手にとってやってください』などを書かれている。

「ひとつばな」2巻コミックス情報(試し読みあり) / ミナミ氏のTwitter

告白してきた主人公を、彼氏(妻子持ち)がいるからという理由で振った先輩
「私の事を一途に想ってくれる人、かな♥」

「本っ当に単純なのねぇ。悪いけど私そんな簡単な男に興味ないの。ごめんね?」

「だって私のためにかっこ悪くもなれない男の人に、興味無いもの」

「…美味しいですね
(君は、僕の駒だから)」
「本気で好きなら一途に
なるでしょう、誰でも」
「(一途に行って、
駄目だったんじゃないか)」
「彼女がいても、
先輩の事は好きですよ?」
「明斗くんはそんなに私の事
好きだったのかって」
「…この人は…悪魔だ。僕が
思っていたよりも、ずっと」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit