2017年09月22日

ラノベ バブみネーター 「未来から送り込まれた年下のお母さんお姉さんは好きですか?」

著:壱日千次、イラスト:かとろく「バブみネーター」 MF文庫Jの9月新刊、著:壱日千次氏×イラスト:かとろく氏のラノベ「バブみネーター」【AA】が、アキバでは21日に発売になった。MF文庫J編集部ブログの紹介は『「バブみ」+「ラブコメ」の新境地!』で、オビ謳い文句は『未来から送り込まれた年下のお母さんとお姉さんは好きですか?』になってた。
-

著:壱日千次、イラスト:かとろく「バブみネーター」
著:壱日千次氏×イラスト:かとろく氏のライトノベル「バブみネーター」【AA】
「未来から送り込まれた年下のお母さんとお姉さんは好きですか?」

「さ、イッくんも脱ぎ脱ぎしましょうね〜」
未来から送り込まれた、年下の義母:綾音と、年下の姉:雛
「さ、イッくんも脱ぎ脱ぎしましょうね〜」

「バブみネーター」登場人物紹介
登場人物紹介 主人公:甘粕一徹 「神童と呼ばれた男子高生
だが、とあるきっかけで“バブみの修羅”となり、綾音と雛に甘えまくる」

「GODの敵をオギャらせ、ダメ人間にするために開発された人造人間。その名も――汎用人形甘やかし兵器・バブみネーター!!」
「GODの敵をオギャらせ、ダメ人間にするために開発された人造人間。
その名も――汎用人形甘やかし兵器・バブみネーター!」
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
メロンブックス秋葉原1号店
特典:4Pリーフレット
とらのあな秋葉原店A
特典:4Pリーフレット

MF文庫Jの9月新刊で、著:壱日千次氏×イラスト:かとろく氏のライトノベル「バブみネーター」【AA】が、アキバでは21日に発売になった(公式発売日は25日)。

今回発売になった「バブみネーター」【AA】は、MF文庫J編集部ブログの作品紹介によると『バブバブと綾音ママと雛姉に甘えまくっていた一徹が、自称・未来人のララァと出会うことをきっかけにドタバタ劇に巻き込まれる笑いあり涙ありの「バブみ」+「ラブコメ」の新境地!』で、作中解説によると、バブみネーター=『未来世界を征服した組織GODが、現代に送り込んだ汎用型甘やかし兵器。GODの敵をオギャらせ、ダメ人間にするために開発された人造人間』とのこと。

オビ謳い文句は『未来から送り込まれた年下のお母さんとお姉さんは好きですか?時代が産み落とした究極の「バブコメ」登場!』で、新刊折込は『バブバブアーイ!前代未聞の「バブコメ」の産声を上げる――』になってた。

あるきっかけから年下の義母・綾音と義姉・雛と同居することになった高校生・一徹。神童と呼ばれた彼だったが、今やすっかり二人に甘えまくる「バブみライフ」に浸り切っていた。ところが、彼の前に現れた自称・未来人の少女ララァから、驚愕の事実を告げられる。なんと彼の義母と義姉は、世界の救世主となる一徹を堕落させるためGODという組織が未来から送り込んだ人造人間「バブみネーター」だというのだ 裏表紙

なお、ライトノベル「バブみネーター」【AA】のラノベの王女様さんの感想は『さっさとオギャれ、ベイビー。例え全てを犠牲にしようとも、バブみがあれば問題ない。荒唐無稽なストーリーに仮託して、人生を主体的に歩む大切さを教えてくる自己啓発書チックな構成』などで、著者:壱日千次氏はあとがきで『一徹君たちの生きざまを楽しんでいただければ幸いです』などを書かれている。

「バブみネーター」書籍情報(試し読みあり) / 特設ページ / 特典情報

「私が言いたいのは
"甘やかすだけが
愛じゃない"って事!」
「これからは私を、
ママって呼んで」
「私の将来の夢は、
弟におっぱいを
飲ませてあげることです」
「戦ってよ…っ!!バブみと!!
オギャりの誘惑と!!」
「ママが歯の裏も
磨いてあげるわね」
「《甘やかし宝物殿》
(バブみ・オブ・バビロン)」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit