2017年10月08日

TVアニメ放送中のラノベ キノの旅21巻 「今回も面白かった。どのお話も素敵」

時雨沢恵一「キノの旅」21巻 電撃文庫10月新刊、著:時雨沢恵一氏のライトノベル「キノの旅XXI(21)」【AA】が7日に発売になった。書籍情報は『電撃文庫が誇る不朽の名作、最新刊!』で、まりもさんさんの感想『毎度ながら皮肉とコミカルのバランスが絶妙』、ちやまさんの感想『今回も面白かったです。どのお話も素敵でした』などがある。
-

著:時雨沢恵一氏&イラスト:黒星紅白氏「キノの旅」21巻
著:時雨沢恵一氏&イラスト:黒星紅白氏のライトノベル
「キノの旅XXI(21) −the Beautiful World−」【AA】発売

口絵イラストノベル 見える真実・b
口絵イラストノベル・プロローグ 見える真実・b 
「男が入院するまで住んでいた家を写した家を写した一枚だ
今持てる“機材と技術”の全てを投じて、フォトが撮影したものだ」

口絵イラストノベル 巨人の国
口絵イラストノベル 巨人の国 「その人間の身長は、周囲の木々や
よくある城壁の高さから想定するに、三百メートルほどありました」

第五話 満員電車が走っている国
第五話 満員電車が走っている国 「窓という窓から見える車内は、
記録に挑戦するために無理やり押し込んだかのように、人間しか見えません」
メロンブックス秋葉原1号店
とらのあな秋葉原店A

電撃文庫の10月新刊、著:時雨沢恵一氏&イラスト:黒星紅白氏のライトノベル「キノの旅XXI(21) −the Beautiful World−」【AA】が、7日に発売になった。

『キノの旅』は、ピクシブ百科事典によると『電撃文庫を代表する作品のひとつである。第6回電撃小説大賞応募作で、最終的に受賞は叶わなかったが高い評価を受けたため、2000年3月から文庫化』、Wikipediaでは『旅人のキノが相棒でモトラドのエルメスと旅をしながら、様々な国を巡るという短編、1話完結型のファンタジー』という作品で、2003年に最初のアニメ化、今年(2017年)10月から新アニメの放送が始まった作品。

今回発売になったた「キノの旅」21巻【AA】には、口絵イラストノベル「見える真実・b」&「巨人の国」と、第1話〜第10話の「有名になれる国」・「美男美女の国」・「Nの国」・「読書が許されない国」・「満員電車が走っている国」・「消えた国」・「完璧な国」・「鍵の国」・「女の国」・「毎日死ぬ国」、エピローグ「見える真実・a」を収録し(もくじ)、オビでは放送中のTVアニメを告知、裏表紙はマガジンエッジ版電撃大王版コミカライズ作品を告知し、書籍情報は『電撃文庫が誇る不朽の名作、最新刊が登場!』になってる。

ずしりと重い音と共に城門が開ききって、キノがエルメスを押していくと、彼等が喋っているのが分かった。その声が聞こえてきた。 『情報通りです! 旅人さんが! たった今入国しました! 若いモトラド乗りで、モトラドは銀色タンクの渋い一台! 革鞄には年季が窺えて、旅の過酷さを如実に物語っている!』  彼等は喋っていた。キノとエルメスにも聞こえるくらいハッキリとした大声で。  しかし、それは隣にいる人間に向けてのではなく、全員が視線をキノ達に向けたままで――。 
「有名になれる国」あらすじ

「キノの旅」21巻【AA】の感想には、ちやまさん『今回も面白かったです。どのお話も素敵でした』、じゃこぴさんさん『「幸せとは?」出だしから考えさせられました。〜他にも考える事がたくさんありました』、イツキさん『ついに師匠の過去が明らかになり驚きました』、まりもさんさん『いやー、面白い。毎度の事ながら皮肉とコミカルのバランスが絶妙です』などがある。

なお、著者:時雨沢恵一氏巻頭カラーページでの“あとがき”で2003年アニメ化の思い出や『「キノの旅のテレビアニメ化は、これが最初で最後のチャンスだろう」と思っていた私ですが――、どうやら人生は予想を遥かに超えた、そしていい方へ転がることもあるようです』などを書かれ、巻末では黒星紅白氏のイラスト『祝テレビアニメ化!私も非常に楽しみにしております。テレビの国に入国したキノの旅を、より多くの皆様に楽しんで頂けたら幸いです』をコメントされている。

「キノの旅 XXI」書籍情報(試し読みあり) / 著:時雨沢恵一氏のTwitter

第一話
「有名になれる国」
有名になれる国「この国では、ラジオ放送が盛んです」
第二話
「美男美女の国」
第七話
「完璧な国」
女の国「ひっくり返っていたのは、二十歳そこそこの女性」
第十話
「毎日死ぬ国」



【関連記事】
電撃大王コミカライズ版 キノの旅1巻 「不朽の名作を優しい筆致でコミック化!」
キノの旅 the Beautiful World1巻 「電撃文庫の不朽の名作が初のコミカライズ」
キノの旅のニュース - アキバBlog

SAOスピンオフ ガンゲイル・オンライン3巻 「79,408発の弾丸が乱れ飛ぶクライマックス!」
SAOスピンオフ ガンゲイル・オンライン2巻 「川原礫も息を呑む痛快ガンアクション!!」
時雨沢恵一のSAOスピンオフ「ガンゲイル・オンライン」が、秋葉原はゲーマーズ以外全滅
SAOオルタ ガンゲイル・オンライン1巻「時雨沢先生の書くGGO!銃の戦闘描写が流石」
男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。II (下)発売 「才気と狂気が行き着く終着点」
時雨沢恵一x黒星紅白のライトノベル「男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を絞められている。I (上)」発売
時雨沢恵一のニュース - アキバBlog

黒星紅白画集 rouge 「完全保存版オールタイム・ベスト画集第2弾!」
黒星紅白の12年ぶり画集 noir 「完全保存版オールタイム・ベスト画集第1弾!」
黒星紅白のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
KADOKAWA アスキー・メディアワークス / 電撃文庫 / ブログ / Twitter
「キノの旅XXI the Beautiful World」書籍情報(試し読みあり) / 作品情報
著:時雨沢恵一氏のTwitter
イラスト:黒星紅白氏のブログ「GRANADA LEVEL9」 / Twitter / Tumblr
時雨沢恵一 - Wikipedia
黒星紅白 - Wikipedia
キノの旅 - Wikipedia / ニコニコ大百科 / ピクシブ百科事典

TVアニメ「キノの旅」公式サイト / Twitter
時雨沢恵一先生が『キノの旅』のこれまでを振り返るインタビューを公開!
【2017秋アニメ】14年ぶりの再アニメ化「キノの旅」

【感想リンク】
前半は「有名になれる国」に「Nの国」とSNS等ネット界隈にメスを入れる話が印象的
今回も面白かったです。どのお話も素敵でした
途中まで気づいてなかったけど師匠の本名が明らかになったの割と衝撃的
こりゃあ、まさかのまさかだな 眠気吹っ飛んだわ
師匠が旅を始めるきっかけの話しがあって驚いたね
すごいよかった! 師匠のファーストネーム初めてでてきた 最高かーーー
「女の国」が一番衝撃的だったかなー。「満員電車が走っている国」が笑える
出だしから考えさせられました。他にも考える事がたくさんありました
ネタバレだから何も言えんけどとにかくすごい。 「女の国」がヤバい
読みやすかったけど後味の苦い話は増したような感じ
今も新作が読めるのはありがたい
ついに師匠の過去が明らかになり驚きました
面白い。毎度の事ながら皮肉とコミカルのバランスが絶妙です
キノの旅XXI the Beautiful World - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit