2017年10月10日

放送が始まったTVアニメ「少女終末旅行」 チトのコスプレイヤーさんがチラシ配布

「少女終末旅行」チトのコスプレイヤーさん 放送が始まったTVアニメ「少女終末旅行」の配布イベントがゲーマーズ本店で9日に行われた。イベントでは、チトのコスプレイヤーさん(もんもさん_)が、片面が漫画、もう片面がアニメのキービジュアルになってるチラシ「原作&アニメ両面ポートレート」を配布していた。
-

TVアニメ「少女終末旅行」 ゲーマーズ本店で9日にチラシ配布イベント
TVアニメ「少女終末旅行」 ゲーマーズ本店で9日にチラシ配布イベント
「絶望と、なかよく」

チトのコスプレイヤーさんが「原作&アニメ両面ポートレート」を配布
チトのコスプレイヤーさんが「原作&アニメ両面ポートレート」を配布







番宣ポスター「絶望と、なかよく」

番宣ポスター「終末が日常だ」

放送が始まったTVアニメ「少女終末旅行」の配布イベントがゲーマーズ本店で9日に行われた。

『少女終末旅行』は、つくみず氏がくらげバンチで連載されている同名コミックのアニメ化で、まんたんウェブによると『「テラフォーマーズ」などに参加してきた尾崎隆晴さんが監督を務め、「STEINS;GATE」などのWHITE FOXが制作』、『人間社会が崩壊し、人間や生き物たちがほとんどいなくなってしまった世界を舞台に、チトとユーリの二人の少女が廃虚になった都市を旅する……というディストピアファンタジー』という作品。

今回の配布イベントでは、チトのコスプレイヤーさん(もんもさん)が、片面が原作漫画、もう片面がアニメのキービジュアルになってるチラシ「原作&アニメ両面ポートレート」を配布し、チラシ謳い文句は『絶望と、なかよく』で、9日のアキバでは各店で「少女終末旅行」コーナーや、販促POP番宣ポスター、原作コミックスの6巻告知ポスターがあり、ソフマップサブカルモバイル館には壁面広告もあった。

繁栄と栄華を極めた人間たちの文明が崩壊してから長い年月が過ぎた。生き物のほとんどが死に絶え、全てが終わってしまった世界。残されたのは廃墟となった巨大都市と朽ち果てた機械だけ。ふたりぼっちになってしまった少女、チトとユーリ。ふたりは今日も延々と続く廃墟の中を、愛車ケッテンクラートに乗って、あてもなく彷徨う。全てが終わりを迎えた世界を舞台に、ふたりの少女が旅をする終末ファンタジー イントロダクション 

なお、放送が始まったTVアニメ「少女終末旅行」第1話「星空」「戦争」感想には、空と夏の間さん『30分出て来るキャラが2人だけってすごいw 少女2人だけの話で1話あっという間で終わってました。世界が滅亡してるのに、まったりしてる雰囲気がいいねw 』、猫が唸る感想日記2さん『少女二人のやりとりに和むというより・・・なんだろ? 退廃的、叙情的、終末美。これは浸るアニメだなぁ。評価が大変難しい』、ゴマーズさん『滅んだ世界好きにとってはなかなか楽しいですね。遠くの方で見え隠れする若干の悲壮感あるよねw』などがある。

なお、TVアニメ「少女終末旅行」BD1巻【AA】は、製品情報によると2018年1月24日発売予定で、第1話から第4話の本編や、ノンクレジットOP&ED、ぷちきゃらアニメ、オーディオコメンタリーを収録し、ブックレットや、第1話絵コンテなどが付くみたい。

TVアニメ「少女終末旅行」公式サイト / ポートレート配布会の開催が決定!

配布していた「原作&アニメ両面ポートレート」 片面はTVアニメキービジュアル

片面は原作マンガ「私たちが出てるTVアニメがついに放送されるじゃん、
つまりいつもよりものすごく多くの人に見られることになるよね」「まあそうだな」

フリーペーパー「kadokawaアニメマガジン」の表紙も「少女終末旅行」

キャラクター紹介や、BD1巻の告知など

「全てが終わってしまった世界を二人ぼっちで生きる少女たちの終末ファンタジー!」

原作コミックスの販促POP
「寂しいけど温かい、終末世界を旅する、新感覚の日常物語」

販促POP「旅する二人をとりまく日常:廃墟・ケッテンクラート・食料探し・
石像と神様・戦争の痕跡・かつての文明」

ゲーマーズ本店
とらのあな秋葉原店A
アニメイト秋葉原
メロンブックス秋葉原1号店
COMIC ZIN秋葉原店
ソフマップサブカルモバイル館(旧アキソフ1号)




この記事はよもやま カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit