2017年10月13日

水沢悦子/もしもし、てるみです1巻 「てるみさんと一緒にネットから遠ざかる生活を!」

水沢悦子「もしもし、てるみです。」1巻 水沢悦子氏のフルカラーコミックス「もしもし、てるみです。」1巻【AA】が12日に発売になった。オビは『ネット疲れを癒やすのは、あの娘とのトーク』、裏表紙が『ネット疲れした現代人必読のテレフォンラブコメディー』で、作品情報は『"てるみ"さんと一緒にネットから遠ざかる生活をスタート!』などなど。
-

水沢悦子氏のフルカラーコミックス「もしもし、てるみです。」1巻
水沢悦子氏のフルカラーコミックス「もしもし、てるみです。」1巻【AA】
「ネット疲れのあなたを癒やすのは、あの娘とのトーク」

てるみ:もしもし堂の店員。ネットを憎み、クロスワードを愛する
てるみ:もしもし堂の店員。ネットを憎み、クロスワードを愛する(登場人物
「若い子はみんな、ミライフォンで遊んでるんでしょ?」

鈴太郎:精力盛んな中学2年生。てるみさんに恋する
鈴太郎:精力盛んな中学2年生。てるみさんに恋する
「僕も今日から"てるみ"さんのように…ネットから遠ざかって生きる!」

「できれば、てるみさんの裸が見たいんだけど…まだ電話番号も教えてもらえない関係だから…」
「できれば、"てるみ"さんの裸が見たいんだけど…
まだ電話番号も教えてもらえない関係だから…」
アニメイト秋葉原
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード

水沢悦子氏が週刊ビッグコミックスピリッツで連載されているフルカラーコミックス「もしもし、てるみです。」1巻【AA】が、12日に発売になった。

『もしもし、てるみです。』は、作品情報によると『「ミライフォン」が普及し、ほとんどの人がSNS「トモッター」や「ニャイン」でつながりあっている時代。そんな中、独自の路線を貫く電話会社「もしもし堂」のでんわショップで働く"てるみ"さんは、ネットからは離れて生きる、まさに現代のミューズ的存在。そんな彼女に恋する中学生・鈴太郎は、「もしもし堂」の電話機を購入。"てるみ"さんと一緒にネットから遠ざかる生活をスタート!』というお話(登場人物)。

今回発売になったコミックス「もしもし、てるみです。」1巻【AA】には第1話〜第47話を収録し、ZIN秋葉原店には雑誌掲載の発売告知マンガなども展開していて、とら秋葉原店AのPOPは『SNS時代を逆行する"もしもし堂"には、相談してくれる女性のサポート付♥ ユーザー少年が憧れる販売店で働くてるみさん始め、更に"ミライフォン"でネットを駆使するヒトたちとの、新旧繋がっTELラブコメディ!』、オビ謳い文句は『「わたしと、話そ。」。ネット疲れのあなたを癒やすのは、あの娘とのトーク。「花のズボラ飯」水原悦子の最新作』になってた。

誰とでも簡単につながれる"ミライフォン"に反旗を翻し、通話のみの機能へと回帰した"もしもし堂"の電話たち。そのユーザー・鈴太郎、もしもし堂で働くてるみさん、そして、もしもし堂サポートセンターの女性たち…。ネット疲れした現代人必読のテレフォン・ラブ・コメディー 裏表紙

なお、「もしもし、てるみです。」1巻【AA】の感想には、KONの徒然日記 改二さん『意外と、もしメカの話よりも、現代のスマホ社会への皮肉の方が多い気がします(笑)心温まる話もありますけどね』、ノノノノノさん『全話面白いぞ!しかも、何度読んでも面白い!』、かなみやさん『安心の面白さだった。そろそろ職人芸の領域』、にくてんぷらさん『想像してたよりシモネタが多いな!』、ヨーグルトさん『良い意味でくだらないんやけど、ダントツで面白い』などがある。

「もしもし、てるみです。」1巻コミックス情報 / 水沢悦子氏のブログ

「ネットの情報を鵜呑みにしたね?
自分で食べてみないとわかんないじゃん」

「ゲームやらニャインやら、トモッターやら・・・!
どーせアレだろ、お前… エロいのばっか見てんだろ!」

「諦めちゃダメ!ここの美味しさをトモッターで拡散する!
お願い…広まって!みんな…食べに来てぇえええ!」

「みちるちゃんに、3日で
振られたショックで…SNSも
ぜんぶやめちゃったもんね」
「ネットにアップして
いい物と悪い物の境目は
みんな違うんだよ!」
「ゲームも、ニャインも
トモッターもできねえし…
エロいのも見れねーな!」
「それくらいの年頃ですと
ヤリたい盛りですから…」
「何この写真!ネットに
流出したらどうすんの!?」
「あ、ちょっと待って!」
「江須奈ちゃんんんん!」


【関連記事】
花のズボラ飯3巻 「毎度毎度ズボラなのに美味しそう!王道庶民派グルメ漫画!」
花のズボラ飯 うんま〜いレシピ 「簡単だけどおいしそうなズボラレシピが満載!」
花のズボラ飯2巻 「ズボラ度加速! うんまぁ〜度MAX!」
「花のズボラ飯」がフィギュア化 秋田書店の公式通販で販売予定
花のズボラ飯 公式レシピ 「テキトーすぎるがウマすぎる108品!!」
“孤独のグルメ”久住昌之氏原作 花のズボラ飯 「読んだらホッペがゆるみ腹が鳴く!」
水沢悦子のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
小学館 / ビッグコミックスピリッツ / Twitter
「もしもし、てるみです。」1巻コミックス情報 / 作品情報(試し読みあり)
この単行本、すごくいいですよ!なんとオールカラーです。雑誌掲載時のままです!
「もしもし、てるみです。」こんな可愛い書店掲出用ポップもございます!
水沢悦子氏のブログ「悦子からのお知らせ」
もしもし、てるみです。の1巻が発売します。店舗特典のお知らせです
水沢悦子 - Wikipedia
特に、うさくん先生とか好きな人にはぜひ読んでもらいたいですね!オススメです
とら秋葉原店C:ネット疲れした現代人必読!「もしもし、てるみです。1」が発売!

ズボラ飯より面白い?水沢悦子がSNSに疲れたあなたへ捧ぐ、日常ラブコメ1巻
ネットはもういいよ!水沢悦子先生が「もしもし、てるみです。」でおませな現実を描く

【感想リンク】
この話大好き。これ読みたいが為に買ったみたいなもん
もしメカの話よりも、現代のスマホ社会への皮肉の方が多い気がします(笑)
全話面白いぞ!しかも、何度読んでも面白い!
安心の面白さだった。そろそろ職人芸の領域
フルカラーだ!想像してたよりシモネタが多いな!
良い意味でくだらないんやけど、ダントツで面白い
とても良かった。 こういうひっそりといい漫画すきだなあ
ネットに疲れた現代人に贈るハートフルテレフォンラブコメ。オススメよ
もしもし、てるみです。 1巻 感想 - 読書メーター


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit