2017年10月13日

バイオレンスアクション3巻 「暴力VS暴力。共闘!咆哮!HIGH&LOW!」

沢田新&浅井蓮次 「バイオレンスアクション」3巻 原作:沢田新氏&漫画:浅井蓮次氏のゆるふわ専門学校女子=暗殺者なコミックス「バイオレンスアクション」3巻【AA】が12日に発売になり、裏表紙は『派遣型殺し屋組織で指名NO.1の凄腕ヒットガール[ケイ]』、『暴力VS暴力。共闘!咆哮!HIGH&LOW!絶望の先の希望へ!囚人倉庫編最高潮!』だった。
-

原作:沢田新氏&漫画:浅井蓮次氏のコミックス「バイオレンスアクション」3巻
原作:沢田新氏&漫画:浅井蓮次氏 「バイオレンスアクション」3巻【AA】発売
「殺し屋はゆるふわガール。話題沸騰!THEバイオレンスアクション!」

「!! みちたかくん…!!」
「!! みちたかくん…!!」

「面白いこと言うね。――会ってすぐに気付いたよ。きみも、私と」
「面白いこと言うね。――会ってすぐに気付いたよ。きみも、私と」

ガポン ゴン
ゲーマーズ本店
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード

原作:沢田新氏&漫画:浅井蓮次氏が、やわらかスピリッツで連載されているコミックス「バイオレンスアクション」3巻【AA】が、12日に発売になった。

『バイオレンスアクション』は、作品情報では『ニューヒロインはNo.1のヒットガール!暴力と金と欲――大都市・東京の裏側に殺し屋の「デリバリー」を請け負う秘密組織があった。一騎当千の"脱力系"殺し屋「ケイ」のハードボイルド・キリング・アクション!』という、派遣型殺し屋組織に所属し、デリヘルを装った殺し屋女の子・ケイのお話(登場人物)。

今回発売になった「バイオレンスアクション」3巻【AA】の、オビ謳い文句は『殺し屋はゆるふわガール。話題沸騰!THEバイオレンスアクション!』、裏表紙は『派遣型殺し屋組織で指名NO.1の凄腕ヒットガール[ケイ]。彼女の次なる仕事は、女狙撃手の[だりあ]とともに、暴力団が管理する施設刑務所[囚人倉庫]の護衛』、『暴力VS暴力。共闘!咆哮!HIGH&LOW!絶望の先の希望へ!囚人倉庫編最高潮!』だった。

ゆるふわ女子VS思想家。激戦の囚人倉庫編
簡易宿泊所を偽装した暴力団管轄の私設刑務所[囚人倉庫]。そこに自ら「塾長」と名乗る凶悪な思想家[巌谷]からの襲撃予告あった。凄腕の殺し屋[ケイ]は護衛の仕事を請け負う。しかし[囚人倉庫]の正面入り口から丸太を括り付けた大型トレーラーごと突入し――。ここがバイオレンスアクションの最前線!!最強ゆるふわ殺し屋ガール、本能の第3集!!
コミックス情報

「バイオレンスアクション」3巻【AA】の感想には、bsxxxさん『玲と玲のエピソードが非常に残酷でいい。冷酷さがしみる』、大神源太さん『殺伐とした世界から漏れ出るユーモアと情感が実に心地よい』、おこめさん『相変わらずの可愛さ、ケイちゃん。これからキャラ立ちしていきそうなだりあさん』、D子さん『囚人倉庫編は連載時のドライヴ感が超最高だったけどまとめて読んでもベネ…』などがある。

なお、とら秋葉原店AのPOPは『ド迫力な演出で始まる、暴走思想家による謀略の結末!』が付いていて、コミックス情報の"編集者からのおすすめ情報"は『最新型ハードボイルドキリングアクション!「このマンガがすごい!WEB」月間1位、「次にくるマンガ大賞」ノミネートなど!ブレイク必至の話題作! 』などを告知してる。

「バイオレンスアクション」3巻コミックス情報 / 漫画:浅井蓮次氏のTwitter

「なめるな」 バスン

キャパパパパパ

ゴッゴッゴッゴッゴッゴッゴッ
「ふ―っ。正当な理由で女を殴るのは最高にスカッとするぜッ」

「防爆扉を基礎ごと…?!
あいつが…そうなのか?」
「社会システムは恐怖が
あればこそ発展していく。
恐怖こそが!全ての父」
「…オレらで、
階下行くしかねぇな…」
「右腕を折って、
側頭部を打撲させました。
もうここには戻らない」
「玲と玲はかけがえのない
友だちだ。…私がそうした」
「全部失くしたおばけが
いちばん強いよ!
わくわくを隠せない!」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit