2017年10月25日

Project Itoh第3作 虐殺器官BD 「映画館で観た迫力も凄かったけど、家で見ても凄い」

「虐殺器官」BD プロジェクトProject Itoh第3作の劇場アニメ「虐殺器官」完全生産限定版BD【AA】が24日に発売になった。パケ謳い文句は『地獄はこの頭の中にある』で、完全生産限定版にはブックレット・サントラCDが付き、Zさんの感想は『映画館で観た時の迫力も凄かったけど、家で見てもやっぱり凄い』などがある。
-

劇場アニメ「虐殺器官」完全生産限定版BD
アニメ「虐殺器官」完全生産限定版BD【AA】発売
「地獄は、この頭の中にある」

ソフマップAM館
ソフマップAM館

とらのあな秋葉原店B
とらのあな秋葉原店B

ゲーマーズ本店

「思い出せ。地獄は、この頭の中にある」

伊藤計劃氏の同名のSF小説を映画化した、プロジェクトProject Itoh第3作の劇場アニメ「虐殺器官」完全生産限定版BD【AA】が、24日に発売になった。

アニメ『虐殺器官』は、映画公開時(2017年2月)のまんたんウェブによると『2009年に34歳で亡くなった伊藤さんのSF小説が原作』、『当初は15年に公開を予定していたが、アニメ制作会社「マングローブ」の破産に伴う製作体制の見直しのため、公開を延期。新スタジオ「ジェノスタジオ」が製作』、『米国軍で暗殺任務を行う精鋭部隊・特殊検索群i分遣隊に属するクラヴィス・シェパード大尉が"虐殺の王"とも呼ばれるジョン・ポールの秘密を探る中、人を狂わす"虐殺器官"の存在を知る』という作品。

今回発売になったアニメ「虐殺器官」完全生産限定版BD【AA】のパッケージ謳い文句は『地獄は、この頭の中にある』で、完全生産限定版にはブックレット・サントラCD・三方背BOXが付き、とら秋葉原店BのPOPは『伊藤計劃、稀代のデビュー作。プロジェクトのラストを飾るは、デビュー作でありながら「ベストSF2007」国内篇1位を獲得するなど、ゼロ年代の日本SF界に衝撃を与えた「虐殺器官」』が付いていた。

9.11以降、テロとの戦いを経験した先進諸国は、自由と引き換えに徹底的なセキュリティ管理体制に移行することを選択し、その恐怖を一掃。一方で後進諸国では内戦や大規模虐殺が急激に増加。世界は大きく二分されつつあった。
クラヴィス・シェパード大尉率いるアメリカ情報軍特殊検索群i分遣隊は、暗殺を請け負う唯一の部隊。戦闘に適した心理状態を維持するための医療措置として「感情適応調整」「痛覚マスキング」等を施し、更には暗殺対象の心理チャートを読み込んで瞬時の対応を可能にする精鋭チームとして世界各地で紛争の首謀者暗殺ミッションに従事していた。
そんな中、浮かび上がる一人の名前。ジョン・ポール。数々のミッションで暗殺対象リストに名前が掲載される謎のアメリカ人言語学者だ。彼が訪れた国では必ず混沌の兆しが見られ、そして半年も待たずに内戦、大量虐殺が始まる。ストーリー

劇場アニメ「虐殺器官」完全生産限定版BD【AA】の感想には、肩がないさん『劇場で気付ききれなかった原作と異なる伏線に気付けてスッキリ。原作とは異なるルートやシチュエーションを取りながらもしっかりと劇場版は劇場版で筋が通ってて納得』、mizgaeさん『ジョンの語りに耳を傾けると洗脳されそうで怖くなるよやはり』、むつがみさん『3DCGが表現する近未来の兵器や人工筋肉の動きがキモくてよかった』、Zさん『映画館で観た時の迫力も凄かったけど、家で見てもやっぱり凄い。何度見ても最後に鳥肌が立つ』などがある。

「虐殺器官」BD製品情報

ラムタラ秋葉原
ゲーマーズ本店
アニメイト秋葉原
ラムタラアキバ
見かけず
ソフマップサブカルモバイル館(旧アキソフ1号店)
ムーラン


キャラクター原案・redjuice描き下ろし三方背BOX

本編ディスク

サウンドトラックCD

ブックレット

イントロダクション

ストーリー

世界解説「分断された世界、痛みのない戦場」

虐殺の文法「ジョン・ポールが、政治的、民族的に不安定な地域の言語的トラフィックを分析することで浮かび上がった虐殺の要因」

キャラクター紹介

メカニカルガジェット

原画

美術ボード 印パ国境付近、ルツィアの部屋など

寄稿・アニメ研究家:氷川竜介氏「臨場感あふれる生の本質を直視する映画」

イラストギャラリー&コメント キービジュアルや劇場用ポスターなど

総合プロデューサー:山本幸治氏インタビュー
消費されずに残っていく作品になればいい」

監督:村瀬修巧氏「誰もが望む"虐殺器官"を目指して」



【関連記事】
コミックス屍者の帝国 最終3巻 「屍者復活技術を巡る冒険譚、完結!」
コミカライズ版 ハーモニー1巻 「三巷文が美しく繊細に描き出す、伊藤計劃の世界」
Project Itoh第2作 ハーモニーBD発売 「こんな映像化を観ることが出来たのは幸せ」
コミックス屍者の帝国1巻 「伊藤計劃×円城塔、超大作コミカライズ始動」
Project Itoh第1弾 死体の蘇生術が一般化した19世紀末 「屍者の帝国」BD発売
Project Itoh展 東京アニメセンターで開催。「屍者の帝国」「ハーモニー」「虐殺器官」
蘇る伊藤計劃 「伊藤計劃に様々な角度から迫ったファンブックの決定版!」
伊藤計劃のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
「虐殺器官」公式サイト / Twitter
「虐殺器官」BD製品情報
虐殺器官 - Wikipedia
伊藤計劃 - Wikipedia
伊藤計劃とは【ピクシブ百科事典】
伊藤計劃氏のブログ「伊藤計劃:第弐位相」

「虐殺器官」ソフト本日発売、限定版にサントラCDやブックレット付属
伊藤計劃の名作ついに公開 迫力の戦闘などアニメならでは(2017年02月)
スタジオ倒産を経て公開へ 山本Pが苦難の道のりを明かす(2017年01月)

【感想リンク】
やっぱ最高。待った甲斐があった…
ジョンの語りに耳を傾けると洗脳されそうで怖くなるよやはり
3DCGが表現する近未来の兵器や人工筋肉の動きがキモくてよかった
劇場で気付ききれなかった原作と異なる伏線に気付けてスッキリ
映画館で観た時の迫力も凄かったけど、家で見てもやっぱり凄い
アニメ→原作→アニメと繰り返し楽しめるのでオススメです
ブックレットも良い感じ…!


この記事はよもやま カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit