2017年11月03日

選択のトキ1巻 「性別を持たない宇宙人トキ。友達?恋人?キミが欲しい方になるよ」

群千キリ氏「選択のトキ」1巻群千キリ氏のコミックス「選択のトキ」1巻【AA】が2日に発売になった。とらAのPOPは『性別を持たない宇宙人・トキとの未知との遭遇…!』などで、折込チラシは『友達か恋人か?選択の青春物語!』、オビ謳い文句は『友達?恋人?キミが欲しい方にトキがなるよ』だった。
-

群千キリ氏のコミックス「選択のトキ」1巻
群千キリ氏のコミックス「選択のトキ」1巻【AA】発売
「友達?恋人?キミが欲しい方にトキがなるよ」

「友達か恋人――どちらか1つもらえるとしたら、選んでいいと言われたら、俺が今欲しいものは」
「友達か恋人――どちらか1つもらえるとしたら、選んでいいと言われたら
俺が今欲しいものは」

「トキはカーマイン星から来た“宇宙人”で性別は今のところナシ」
「トキはカーマイン星から来た“宇宙人”で性別は今のところナシ
どっちもついてないんだ。地球には性別の…性器の材料を集めにきたの」

「“15歳を迎える前に自らで性を選ぶ〈性の決定権〉があります”」
「“私達カーマイン星人には生まれた時に性別がありません
15歳を迎える前に自らで性を選ぶ〈性の決定権〉があります”」
COMIC ZIN秋葉原店
特典:メッセージペーパー
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
アニメイト秋葉原
特典:イラストカード

群千キリ氏がジャンプSQ.で連載されているコミックス「選択のトキ」1巻【AA】が、2日に発売になった。

『選択のトキ』は、コミックナタリーによると『宇宙人のトキと、男子高校生の光晴が織りなす青春譚。幼なじみの男女2人が付き合いはじめ、自分でも気づかぬうちにどこか疎外感を感じていた光晴はある日、生まれたときには性別がなく「なりたい性を自分で選べる」というトキと出会う』で始まるお話で、折込チラシは『友達か恋人か?選択の青春物語!』になってた。

今回発売になった「選択のトキ」1巻【AA】には第1話〜3話を収録し、販促ポスターで『この青春は君が選んだ。友達か恋人――どちらか1つもらえるとしたら、選んでいいと言われたら、俺が今欲しいものは』だったり、とらAのPOPは『ぼっちな少年が決める、大切な人の性別とその関係――性別を持たない宇宙人・トキとの未知との遭遇…!』が付いていて、オビ謳い文句は『友達?恋人?キミが欲しい方にトキがなるよ』だった。

「さみしいなら、トキを選べばいいって思ったんだよ」。光晴が高二の夏休みに出会ったのは、性別を持たない宇宙人・トキ。なりたい性を選べるトキは、光晴の決めた方になるという。選択を託された光晴が、本当に望むのは?二人の青春が始まる──。それは、誰も見たことのない心躍る青春の始まりだった―― 裏表紙

なお、「選択のトキ」1巻【AA】の作者:群千キリ氏は、あとがきで各話執筆時の裏話などを書かれ、コミックナタリーでのインタビューでは『決まったテーマはないんですけど…。友情とか恋愛ではない気がしていて、強いて言うならタイトル通り「選択」ってことなんですかね。担当さんには「光晴がトキと出会って、自分を客観的に見つめながらどう成長していくのかを楽しみにしている」と言われています』などを語られている。

「選択のトキ」1巻コミックス情報(試し読みあり) / 作品情報

「正直トキはどっちでもいい だからさミツ、トキの性別を選んでよ」
「正直トキはどっちでもいい だからさミツ、トキの性別を選んでよ
友達?恋人?一人ぼっちのミツの」

「丁度いいと思ったんだけどなぁ 選ばれたい人と、選びたい人」
「丁度いいと思ったんだけどなぁ 選ばれたい人と、選びたい人」

「好き」「俺も好き」「もっと言って!確かめたいの!」
「好き」 「俺も好き」 「もっと言って!確かめたいの!」

「メグミとゲンタは付き合っててミツは一人」
「誰か見てるような気がする」「誰も見てないよ」
「お前らより良い友達できたんだ。俺だけの友達がさ…!」
「ねえ、ミツの好きな方で
いいんだよ?」
「私 守屋くんが好きです」 「へ?」
「(トキは俺のこと
友達って思ってる?)」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit