2017年11月04日

脱獄ファンタジー 約束のネバーランド6巻 「世界の真実、新たな旅の目的!」

原作:白井カイウ&作画:出水ぽすか 原作:白井カイウ氏&作画:出水ぽすか氏のコミックス「約束のネバーランド」6巻【AA】が2日に出てる。オビ謳い文句は『累計210万部突破!ついに明かされる、約束の真実!』で、東尾とわさんの感想『世界の真実、新たな旅の目的とストーリーが大きく展開!』などがある。
-

原作:白井カイウ氏&作画:出水ぽすか氏の「約束のネバーランド」6巻
原作:白井カイウ氏&作画:出水ぽすか氏の「約束のネバーランド」6巻【AA】
「累計210万部突破!ついに明かされる、約束の真実!」

「人間…?」 「女の子…?」 「(味方…?助かった…?)」
「人間…?」 「女の子…?」 「(味方…?助かった…?)」

「乗れ!」
「乗れ!」

「(聞きたいことは山ほどある。世界について、鬼について、食用児以外の人間について)」
「(聞きたいことは山ほどある。
世界について 鬼について 食用児以外の人間について)」
ゲーマーズ本店
アニメイト秋葉原
とらのあな秋葉原店A

原作:白井カイウ氏&作画:出水ぽすか氏が、週刊少年ジャンプで連載されているコミックス「約束のネバーランド」6巻【AA】が、2日に出てる。

『約束のネバーランド』は、孤児院で暮らしていた少年少女が、自分たちが怪物の食料として育てられていたことを知り、孤児院から脱獄しようとするところから始まったお話で、今回発売になったコミックス「約束のネバーランド」6巻【AA】は、孤児院から脱獄したあとの第44話「頭巾の少女」〜第52話「B03-32(2)」を収録

また、オビ謳い文句は『累計210万部突破!ついに明かされる、約束の真実!』、とら秋葉原店AのPOPは『まだまだ続く、緊迫の想定外!"その"世界の、約束と真実!』で、東尾とわさんの感想は『世界の真実、新たな旅の目的とストーリーが大きく展開!』とのこと。

早急な安全の確保を目指す子供達に接触した謎の少女。彼女は一体!?一方、囮として皆と離れたレイを、鬼の追手が完全包囲する。彼は再び仲間と会えるのか!?永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ!衝撃の脱獄ファンタジー! 裏表紙

なお、「約束のネバーランド」6巻【AA】の感想には、よにださん『遂に○○に出たのに全然世界の全貌が見えないわからないって、話の造り方がうますぎる。タイトルの意味もチラ見させてくるし最高』、カテータクさん『正直、脱走までが物語のピークではないかと心配していたのだが、杞憂だった。相変わらず面白い』、けいとさん『巻を重ねても、最初の面白さやワクワクをずっと継続していってるのが素晴らしい!』などもある。

「約束のネバーランド」6巻コミックス情報 / 作画:出水ぽすか氏のTwitter

「30年前、人間に何があったの?世界は今、どうなっているの?」

「全ての始まりは、この"約束"だ。はるか昔に"鬼"と人間が結んだ約束だ」

「脱獄だ。 抜け出そう、みんなで。鬼の世界から」

「なぜ、鬼が食料を
助けたんだ?」
「"鬼は人間を狩らない"
その約束を守り、人間を
管理・養殖し続けている」
「行こう、みんなで
鬼のいない世界へ」
「安価量産型の農園。
劣悪な環境で、ただ生かし
太らせ 出荷する」
「お前達みたいな人間は
農園外では他にいない
それが現実」
「家族と生きるためなら
どんな不可能だって
乗り越えてやる」


【関連記事】
約束のネバーランド5巻 「希望への第一歩!ここからが正念場の新章開幕!」
約束のネバーランド4巻 「脱獄決行の刻がくる!急転する計画…脱獄、終幕へ!」
食用児生育所からの脱獄 約束のネバーランド3巻 「加速する謎と絶望――!」
約束のネバーランド2巻 「絶望に立ち向かえ!衝撃の脱獄ファンタジー!」
約束のネバーランド1巻 「衝撃の脱獄ファンタジー!」 「ここは農園。私たちは食糧」
約束のネバーランドのニュース - アキバBlog

[画像]:「イラストレーションアーティスト150」 出水ぽすか氏のイラスト

【関連リンク】
集英社 / 週刊少年ジャンプ / Twitter
「約束のネバーランド」6巻コミックス情報(試し読みあり) / 作品情報 / 公式ページ
「約束のネバーランド」3話無料試し読み!
作画:出水ぽすか氏のホームページ / Twitter / pixiv
「約束のネバーランド」最新6巻が発売されました!紫の表紙が目印です〜
約束のネバーランド - Wikipedia
白井カイウ - Wikipedia
出水ぽすか - Wikipedia

このマンガがすごい!2018、オトコ編第1位は『約束のネバ―ランド』(2017/12)
このマンガがすごい!1位は「約束のネバーランド」&「マロニエ王国の七人の騎士」

【感想リンク】
この敵だらけの未知の世界で現れた、謎の救い主
世界の真実、新たな旅の目的とストーリーが大きく展開!
話の造り方がうますぎる。タイトルの意味もチラ見させてくるし最高
正直、脱走までが物語のピークではないかと心配していたのだが、杞憂だった
相変わらず面白かった。ジャンプでこういう漫画は異質だけど、ワクワクすっぞ
おもしろすぎる。そして終始この緊迫感。全てが予想外
巻を重ねても、最初の面白さやワクワクをずっと継続していってるのが素晴らしい!
脱獄をテーマに壮大なスケールで描かれるダークファンタジー。とにかくイチ推し
彼女の覚悟はいかばかりか。そして、なんと意欲的な作品か。すごい漫画やでぇ…
相変わらず、先の読めないすごい展開に引き込まれた
約束のネバーランド 6巻 感想 - 読書メーター
「約束のネバーランド 6」の感想 - ブクログ


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit