2017年11月08日

宮原歩 ペンと彼女と甘い罠1巻 「マンガ業界の舞台裏で乱れまくる性事情!」

宮原歩「ペンと彼女と甘い罠」1巻宮原歩氏の編集者&女性マンガ家漫画「ペンと彼女と甘い罠」1巻【AA】が7日に発売になった。裏表紙は『マンガ業界を舞台に巻き起こる、エロス炸裂ワーキングストーリー!』で、オビ謳い文句は『編集者が女性マンガ家に手を出した!?マンガ業界の舞台裏で乱れまくる性事情!』だった。
-

宮原歩氏のコミックス「ペンと彼女と甘い罠」1巻
宮原歩氏のコミックス「ペンと彼女と甘い罠」1巻【AA】発売
「編集者が女性漫画家に手を出した!?業界の舞台裏で乱れまくる性事情!」

主人公のマンガ編集者・藤田
主人公:マンガ編集者・藤田
「(作家のやりたいものなんて意味はない…商品は売れないと価値がないんだ…!)」

藤田が担当する女性マンガ家・夢室ななえ
藤田が担当する、連載を持ちたい女性マンガ家・夢室ななえ(29歳)
「本当に…実践すれば描けるようになるんですか!?」

「中を擦られるたびに熱くなって…いやらしい音も男の人の匂いや感触も…っ!!」
「中を擦られるたびに熱くなって…いやらしい音も男の人の匂いや感触も…っ!!
どうしようもなく切ない…焦れるような…ああっ…!!」
COMIC ZIN秋葉原店
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
メロンブックス秋葉原1号店
特典:イラストカード

宮原歩氏がビタマンで連載されているコミックス「ペンと彼女と甘い罠」1巻【AA】が、7日に発売になった。

コミックス「ペンと彼女と甘い罠」1巻【AA】には、第1話〜5話の「ペンと野心」・「孤独の温度」・「戦う理由」・「抜けない棘」・「あるシナリオ」の5話を収録し、売上至上主義の編集者「藤田」が、担当するマンガ家の「夢室ななえ」や、幼馴染で少女漫画家になった「秋山」とヤっていて、オビ謳い文句は『編集者が女性マンガ家に手を出した!?マンガ業界の舞台裏で乱れまくる性事情!』だった。

また、裏表紙は『マンガ家も…編集者も…ひと皮剥けば…こんなにエロい…♥ (繰り返しますがこの漫画は完全にフィクションです)』で、とら秋葉原店AのPOPは『タマゴも人気作家もライバルをも巻き込んだ、仕事も関係もヤリ手な男性編集者のドロ沼業界エロス!』になってた。

編集者の藤田は同僚の佐伯に想いを寄せつつも、いたずら心で担当作家のななえに手を出してしまう。そんな折、今は少女マンガ家として活躍する幼馴染の秋山と再会して…。マンガ業界を舞台に巻き起こる、エロス炸裂ワーキングストーリー! 裏表紙

なお、「ペンと彼女と甘い罠」1巻【AA】のあとがきで、作者:宮原歩氏は『ドロドロとした恋愛モノを…ということでいろいろ悩みながら描いております。藤田をとりまく恋愛模様に、少しでもハラハラしたりドキドキしたりしていただけるととってもうれしいです!』などを書かれている。

「ペンと彼女と甘い罠」1巻コミックス情報

「ビクビクして…きもちよさそう…」
幼馴染でもある、美人女性マンガ家・秋山が咥えてくれる
「ビクビクして…気持ちよさそう」 「美人がしゃぶってくれるんだからな…!」

「……っ わかったよ…」「あ あっ…」
膜ぶち抜きセクロス 「……っ わかったよ…」 「あ あっ…」

「……っ あああ……!!」
「……っ あああ……!!」

「私もう29歳なんです
どうしても…30歳までには」
「(全部俺の企画力だ!)」
「…ああ 秋山…っ」
「――っ…」ビクンッ
「ああ…ななえ…っ
すごくイイよ…!」
「もっと…いっしょに いっぱい
キモチよくなりましょ…?」
「もう一度速水さんを
私に向けさせるの」



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit