2017年11月08日

ドレッドノット1巻 「室内型特殊遊戯企画業、即ちお化け屋敷クリエーター!」

緋鍵龍彦「ドレッドノット」1巻 緋鍵龍彦氏のコミックス「ドレッドノット」1巻【AA】が日に発売になった。とらAのPOPは『楽しい恐怖クリエイト物語!知られざるお化け屋敷制作のウラ側!』で、オビ謳い文句は『この“恐怖”わたしたちが作ってます!』、裏表紙は『「屋内型特殊遊興企画業」即ち――お化け屋敷クリエイター!』などなど。
-

緋鍵龍彦氏のコミックス「ドレッドノット」1巻
緋鍵龍彦氏のコミックス「ドレッドノット」1巻【AA】発売
「この“恐怖”わたしたちが作ってます!」

「――被験者は確保した。これで実験を始められる」
「――被験者は確保した。これで実験を始められる」

就活女子大生がバイトに誘われ、目を覚ましたら不気味な密室に一人
就活女子大生が、バイトに誘われ目を覚ましたら不気味な密室
「ひいぃいいいっ!!」

「やだああああ 助け 助けてぇえ お願い…開けてぇ」
「やだああああ 助け 助けてぇえ お願い…開けてぇ」
メロンブックス秋葉原1号店
特典:イラストカード
とらのあな秋葉原店A
特典:イラストカード
COMIC ZIN秋葉原店
特典:イラストカード

緋鍵龍彦氏がgood!アフタヌーンで連載されているコミックス「ドレッドノット」1巻【AA】が、7日に発売になった。

『ドレッドノット〜恐れ知らずのお化け屋敷〜』は、緋鍵龍彦氏の告知によると『描いているのはお化け屋敷の”作り手側”。超常現象も祟りも何もない、「恐怖」のお話です』、『”お化け屋敷の造り手”の話だからね。でも作ってる人たちがいかに苦労して、そういいつつも楽しくやってるかっつう話なので怖いシーンは何もないよ…お化けも死霊もゾンビも一切出ないよ!(本物は)()』とのこと。

今回発売になったコミックス「ドレッドノット」1巻【AA】には第1話〜5話を収録し、オビ謳い文句は『この“恐怖”わたしたちが作ってます!日本にあるお化け屋敷の数、知ってる?』、裏表紙は『その数80!それを生み出す「屋内型特殊遊興企画業」即ち――お化け屋敷クリエイター!』だった。

企画&空間演出&小道具&キャスト――。就活女子を連れ攫い絶叫へ追い込む、楽しい恐怖クリエイト物語!知られざる、お化け屋敷制作のウラ側!とら秋葉原店AのPOP

なお、コミックス「ドレッドノット」1巻【AA】の感想には、アーリオ オーリオさん『お金を頂いて怖さを売りにするプロですから。妥協や中途半端さなど許されない厳しい世界なのだというのを知りましたね』、花さん『今まで見なかった職業のお仕事漫画で面白い。題材的にも漫画に合うね』、夜行さん『仕掛け人サイドの心境と心意気というか、実にいいねぇー』などがある。

「ドレッドノット」1巻コミックス情報 / 作品情報 / 第1話試し読み

「あんたこの子にちゃんと説明した?」「言ってないな!そういえば!」
「あんたこの子にちゃんと説明した?仕事と私たちの会社の内容を具体的に」
「言ってないな!そういえば!」

「屋内型特殊遊興企画業、即ち――お化け屋敷クリエイターだ」
「“屋内型特殊遊興企画業”即ち――お化け屋敷クリエイターだ」

「すっ……ごく怖かった!!!」
「すっ……ごく怖かった!!!」

「“全ての人に恐怖を。
――ただし、安全に”」
「…お前ってホント…泣かせたくなる顔してるよな!」
「季節ごとイベントごと大なり小なり各地で大量のお化け屋敷が作り壊されてる」
「それだけたくさんの叫び声が聞けるんだからな!」
「私の妻を返せええええ」
「ぎゃあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」
「やっぱ最高だな
この特等席は!」


【関連記事】
断裁分離のクライムエッジ6巻 「祝ちゃんの綺麗な髪に巻かれて深い眠りにつきたい」
断裁分離のクライムエッジ1巻 「変態×伝奇。何という甘露」
唐傘の才媛1巻 「殺りたい放題。皆さん大好きな 病ンデレっすよ〜」
緋鍵龍彦のニュース - アキバBlog

【関連リンク】
講談社 / good!アフタヌーン / Twitter
「ドレッドノット」1巻コミックス情報 / 作品情報 / 第1話試し読み
緋鍵龍彦氏のホームページ「KEY FOLDER」 / Twitter / pixiv
描いているのはお化け屋敷の”作り手側”。超常現象も祟りも何もない、「恐怖」のお話
明日(7日)発売のgood!アフタではそのまま続きが読めるようになっているぞ
緋鍵龍彦 - Wikipedia
デザイン・田中美樹氏:細部まで楽しめる仕掛けが盛り沢山です
取材協力・ばしけん氏:読みやすいので、舞台裏が知りたい人は是非
就職活動中の女子学生が、お化け屋敷作りに挑む「ドレッドノット」1巻

お化け屋敷 - Wikipedia
お化け屋敷の始まりは、天保元年(1830)にさかのぼる
お化け屋敷のプロが選ぶ!お化け屋敷恐怖度ランキングトップ5

【感想リンク】
お化け屋敷クリエイター達の恐怖製作物語!
妥協や中途半端さなど許されない厳しい世界なのだというのを知りました
今まで見なかった職業のお仕事漫画で面白い。題材的にも漫画に合うね
仕掛け人サイドの心境と心意気というか、実にいいねぇー
ホラー演出と仕事風景の雰囲気の差に飲み込まれました
面白かったけどネタバレなしに1話読んでみたかったな。単行本組なので仕方ない
恐怖を作り出す楽しさを掘り下げて、ホラーエンターテイメントの可能性を示してほしい
なかなかの読みごたえでした、今後の展開に期待がもてる漫画でした
こういった裏方の話が好物な俺に良しといった感じ


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit