2017年11月19日

【コラム】 人の心臓をえぐって血をすする、エログロおねショタ物語「屍牙姫」第2巻

佐藤洋寿「屍牙姫」2巻 はじめまして!私、コミックゼノンWEBコミックぜにょん編集部のYと申します!本日からアキバBlogさんでコラムをスタートさせていただくことになりました!ただ、編集部の人間が書いてもしょうがないので、マンガを好きな方々に書いていただこうという【THE 他力本願コラム】になります!
-


他力本願コラム第1回は“殴り合う女の子が好き”というライターのたまごまごさんです!

吸血鬼の女の子に血を吸われて「けんぞくぅ」「私のシモベ」になりたい、と考えたことがある人は多いはずだ。ぼくもだ。

だけど眷属ってそんな甘くないからな!自分の人生全てを捧げたからって、優しくしてもらえるとは限らない。何を言われても拒絶できない、死ぬよりもひどい目に合わされ続ける可能性は大。

ゼノンで連載されている「屍牙姫」は、心臓を絞ってすする、闇の中ならほぼ無敵の強さを誇る美輪子と、使い魔にさせられて散々な目に合う少年・修を描いた物語。果たしてこれを見てなお、眷属になりたいという人はいるかな。いるかも。かなりバイオレンスな主従関係マンガです。

佐藤洋寿「屍牙姫」2巻
11月20日(月)発売の「屍牙姫」第2巻(作:佐藤洋寿)
理不尽すぎる使い魔転落生活

彼女がいて、そこそこイケメンで、ちょっとひねくれつつもいい子な少年広田修。彼が訪れた家にいたのは、全裸の美しい女性美輪子。眼福ですが、ヤバイ気配しかしません。

つやつやした黒髪、艶めかしい身体……絶対まずいでしょコレ

美輪子は「血族」と呼ばれる人間の血のみを糧に生きる存在。両足を切断された修は、美輪子によって、半ば戯れに使い魔にされます。すっかり化物の姿になってしまい、今ある日常全てを失った修。美輪子いわく「大切なものを多く持っている人を使い魔にする方が……その過程をより楽しめそうでしょう……?」

両親、妹、ペット、大好きな恋人村瀬ちかのことを大切にしていた、純粋で一途な少年に降り掛かった、理不尽すぎる生き地獄。その上、交通事故でちかは半死状態。詰んだ。

日常を失い、死ねない身体になった修。こんなの望んでなかったのに

太陽の光に当たらない限り死ななくなった、修。美輪子が人間の心臓を食す手伝いをするのが、お仕事です。人の心を失っていない修は、ここは何が何でも抵抗したい。でも逆らえば、美輪子の力でかろうじて生き延びているちかも自分も、だめになる。

せめて、人は殺したくない。そこで、使い魔とその主人を狩って、心臓を持ち帰る行動に出ます。これが唯一の、美輪子への抵抗。暗闇の中、人間の知り合いに相談することもできないまま、他の使い魔と殺し合いをする日々がはじまります。

「いい加減使い魔である現場を素直に受け入れたら、案外楽になるのに……ちかさんにとっても……あなた自身にとっても……」と美輪子は言います。彼が守ろうとする、最後の一線です。

美輪子による、人の心臓をえぐりだすための訓練。だいぶエロティック
究極の美の権化、美輪子

この作品最大の魅力は、美輪子が飛び抜けて美しくて、絶対的に強いこと。使い魔化された修は人外の身体になり、どんどん強くなりますが、美輪子の強さが半端じゃなくて、かなわない。他にも修のような特異な存在は作中にたくさん出てきますが、現時点では美輪子を倒せる存在はいなさそう。

暴虐で血の似合う美人。
何がどうなっているかは読んでみてください。色々ヒドイです

暴力的な彼女の、魔力のような力に平服するしかない。とてもじゃないけど美輪子に尊敬の念なんて抱けませんし、欲情なんてできません。なのに、ふとした瞬間に彼女に、強烈な美を感じてしまう。少年を「性と生と死」にいざなう女の姿……「おねショタ」感がチラ見えします。

化物なのに、キレイだと思ってしまった

「女性美」は、男の子の思考を狂わせるもの。美輪子の持つ「女性」の匂いは、まだ幼い少年である修が見る「大人」の世界の表象です。ちかのことが好きで仕方ないのに、本能部分で美輪子に惹かれてしまう。これは修自身もわからない、理性が感覚に飲まれた状態。究極の「美」って、そういうものだ。

口移しで、絞った心臓から出る血を飲ませてくる美輪子の姿は、
少年の感覚に焼き付いて離れない

修が使い魔になり禁忌を犯していく様子は、子どもから大人になりはじめた少年が、体と心の変化に戸惑うのと似ています。修が一線を越えて男になる引き金を、美輪子が引きまくります。

ただ、ちかちゃんかわいそうすぎるんですよ。修がここで心折れたら、彼女まで死んでしまうらしい。美輪子が「大人を教えてくれる」女性だとしたら、ちかは「自分から大人になる」きっかけの女の子。男の子は、女の子を助けるために戦うもの。彼女もまた少年が男になるトリガーの一つです。

巻き込まれも甚だしいちかちゃん。
修のことが大好きなだけのいい子なんですが、この有様ですよ

全裸で血をごくごく飲み干す美輪子に、性的意味合いを感じないのは無理。少年の気持ちになって、彼女の暴虐と美、味わってみてください。血まみれでめちゃくちゃし放題なのに、読み進めるうちに「キレイだ」って感じるようになるはずです。

謎多き妖艶な美輪子。彼女に全て奪われた修の人生は悲惨だけれども、
ほんのちょっとだけ羨ましく見える部分、あるかも

(文:たまごまご


いかがでしたでしょうか!? どこからどう見ても関わってはいけない女性ほど、ふとした瞬間に魅力を感じてしまうものですね……。僕も身を滅ばさないように気をつけないと……!

それでは改めて、ゼノン×ぜにょんコラムを今後共よろしくお願いいたしま〜す!

コミックゼノンWEBコミックぜにょん 編集部:Y


この記事はコラム カテゴリーに含まれています |Ajax Amazon Edit